FC2ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加
別サイトに記事を書きましたので紹介いたします。



相手が善意からしてくれることで、気持ちは嬉しいけれどもその行為自体はいらない、と感じるようなとき。
断るというのもなんだか相手に悪いなあ、という気持ちを抱くことから、その罪悪感を回避するために自己犠牲を選びたくなることもあるかもしれません。




やらなければならないこと、というのは普段の暮らしの中でも色々と出てくると思います。
辛くてもそこに一生懸命取り組む必要があることもあるかもしれません。
ただ、罪悪感があるために辛さが倍増しているとしたら、その罪悪感は手放したほうが良いです。




やりたいはずなのに、もしくは、やるべきはずなのに、動く気がしないというときには、心の中にそのブレーキを踏んでいるものが何かしらあります。
それが伝えようとしてきていることに耳を傾けることで、新たな気づきを得ることができるかもしれません。




興味がありそうなものがあれば、ぜひ、読んでいただければと思います。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

人の気持ちを試すようなことをしてしまう
イライラしている人との接し方
好きな人ができたときに知っておいてほしいこと
親からの愛情が感じられないパターン
頑張っているのに人から責められてしまう
好きな人を忘れる方法
後悔を乗り越えていくための4つのステップ
パートナーに強く執着してしまう
人から評価されたくない
親からの愛情が感じられないパターン
信じていた人に裏切られたとき
ぞんざいに扱われているように感じるとき
特別な存在になりたい、という気持ちの扱い方
ネガティブなことをよく言ってくる人
音信不通からの別れを今でも心の中に引きずっている
好意を持たれるのが気持ち悪く感じる時
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
別サイトに記事を書きましたので紹介いたします。



欠乏感があって良くない流れが自分にきているように感じておられるのであれば、その裏に隠れている期待や怖れを手放すこと。
それができた時、よくない流れがやって始めている自分の人生の流れに対して「そうはいかねえよ」とバシッと一石を投じることができます。




自分なりのお気に入りの空想というのはあるでしょうか?
もし、その空想をしているがために、今の現実が色あせて見えているかのように感じられるようなものがあるとしたら、一度、その空想を手放す、という選択をしてみてもよいかもしれません。




自分はこういう風に扱われるべきだ、なんて自分の中で決めているルールのようなもの。
その中には、自分の中では当然のことと思っていても、そのルールを言葉にした上で客観的にみて見ると、自分でもこれはおかしいかも、なんて思えるものもあるかもしれません。




興味がありそうなものがあれば、ぜひ、読んでいただければと思います。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

人の気持ちを試すようなことをしてしまう
イライラしている人との接し方
好きな人ができたときに知っておいてほしいこと
親からの愛情が感じられないパターン
頑張っているのに人から責められてしまう
好きな人を忘れる方法
後悔を乗り越えていくための4つのステップ
パートナーに強く執着してしまう
人から評価されたくない
親からの愛情が感じられないパターン
信じていた人に裏切られたとき
ぞんざいに扱われているように感じるとき
特別な存在になりたい、という気持ちの扱い方
ネガティブなことをよく言ってくる人
音信不通からの別れを今でも心の中に引きずっている
好意を持たれるのが気持ち悪く感じる時
このエントリーをはてなブックマークに追加
別サイトに記事を書きましたので紹介いたします。



パートナーのことが好きすぎて、自分でもおかしくなったように感じられるようなことはあるでしょうか?
ちょっとのことで嫉妬してしまったり、不安を感じてしまったり、寂しくて会いたくてたまらなくなったり、など、ネガティブな気持ちが抑えられなくなってしまうような感じ、です。
依存的な部分があるために、自分自身もつらさを感じならがも、ネガティブ思考が止められないような感じかもしれません。自分でもイケてないと思うあまり、誰か私に喝をいれてくれないだろうか、なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
今回はそこに少し切り込んで書いてみました。




自分が思っていることや感じていることを相手にいろいろと言っているつもりでも、実際には、相手に全然伝わらない、ということがあります。
相性が良かったり、価値観が似ていると、何も言わなくてもわかってもらえる、ということがあったりもしますが、お互いに少し違う方向を見ている場合は、意外と伝わらなかったり、認識がずれていたり、ということもあります。
そんなときに気をつけておいた方がよいことを書いてみました。




失恋したとき、自分から別れを告げる場合や、向こうから切り出される場合、自然消滅のような場合、色んな状況があると思いますが、相手のことが大切であった度合いだけ、失恋は、辛い体験、になってきます。
なんで上手くいかなかったんだろう・・・・?
そんな風に落ち込むこともあると思います。ただ、ここで少し観点を変えて、自分の心の中で、無意識に描いてしまっていた、自分が主人公の失恋物語、が、もしあったとしたら、それは、どんなものだったんだろう?、って想像してみると、
今まで体験してきた失恋の中に、似たようなパターンがあることに気付けるかもしれません。
そんなときに、役立ちそうな心のエクササイズを書いてみました。よければ試してみてください。




興味がありそうなものがあれば、ぜひ、読んでいただければと思います。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

人の気持ちを試すようなことをしてしまう
イライラしている人との接し方
好きな人ができたときに知っておいてほしいこと
親からの愛情が感じられないパターン
頑張っているのに人から責められてしまう
好きな人を忘れる方法
後悔を乗り越えていくための4つのステップ
パートナーに強く執着してしまう
人から評価されたくない
親からの愛情が感じられないパターン
信じていた人に裏切られたとき
ぞんざいに扱われているように感じるとき
特別な存在になりたい、という気持ちの扱い方
ネガティブなことをよく言ってくる人
音信不通からの別れを今でも心の中に引きずっている
好意を持たれるのが気持ち悪く感じる時