このエントリーをはてなブックマークに追加
自分が子供のころに体験したことの一つとして、
家族の中で、自分の方が愛される価値がある、とか、
自分には愛される価値がない、とか、
家族の中の誰かと自分とを比較していた部分があったときに、
それが、今の自分が体験していることにつながってくることがあります。

競争があるときは、自意識過剰になって、相手と自分を比較して、
相手より優れているかどうかをチェックしてしまいますが、
そうではなくて、自分が周囲にどれだけ与えているか、受け取っているか
に集中した方が良い結果を生み出します。

ただ、競争があると、自分が相手より優れていることを
証明することに意識が行くため、それが、対立を生み出して、
恋愛関係や、それ以外の人間関係にも良くない影響を
及ぼしてしまいます。


自分が子供のころ、家族の中では、そこに十分な愛情がなかったり、
全員が満たされるということは難しかった状況があったかもしれません。

そのため、競争で勝つことによってしか、
愛や自分が欲しいものを手にすることができない、
という子供時代に作り上げた頑なな想いが
自分の心の中に定着してしまっていることがあります。
その場合は、競争を手放す、ということが難しくなるかもしれません。


ただ、恋愛関係や人間関係の中で、
自分にとって味方であるはずの人に対して、
競争してしまっている部分があったとしたら、
それは、とてももったいない選択をしていることになります。

愛されるためには、相手より優れていなければいけない、
という比較してしまう部分が自分の心に根付いているとしたら、
その比較や競争の部分を手放すことが求められてきます。


愛されるためには、誰かより優れていなければいけない、
という競争の部分を手放すことができるとしたら、
もっと素直に、周囲からの愛情を受け取ることができ、
自分からも周囲に、今よりももっとたくさんのものを
与えることができるようになります。

もし、自分の心の中に、過去に根付いてしまった競争や比較の部分があるとしたら、
それを手放していく、ということにチャレンジしてみてください。

それができたときに、今よりも楽な自分を体験できるようになります。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
恋愛関係の中で、相手が自分のことを好きかどうかに自信がなくて、
ついつい相手の気持ちを確かめるようなことをしてしまう、
というものがあります。

相手の携帯電話をチェックしたり、
常にどこにいるのか確認したくなったり、
わざと難しい注文を付けて、
相手の愛情をテストしてしまっている部分です。

これをしてしまう気持ちの裏側には、自信のなさ、があります。
自信が持てればいいのですが、それが簡単にできるなら、
苦労しない、と言いたくなる人もいるかもしれませんね。

自分に自信がないときにもできること。
それは、選択する、ということです。


自分に自信がないときに、相手から愛されているのかどうか
とても不安を感じると思います。
相手のちょっとした言動や態度の中に、
自分を大切にしていない要素が1ミリでもあったら許せない、
という気持ちになります。

ただ、この不安を相手のせいにしない、
ということがその最初の選択になります。

不安は相手のせいではないです。
自分が自分に自信が持てないから不安になるんです。

この不安は、相手の問題ではなく、自分の問題なんだ、
という風に解釈する、という選択をしてみてください。


その選択ができたら、相手をテストしても意味がない、
ということに気付くことができます。
相手がテストを乗り越えてきても、不安は消えません。
それは、相手の問題ではなく、自分の問題だからです。

その部分を相手に解決してもらう、ということを手放してください。


ただ、その選択をしても、不安は消えません。
不安の出所が自分だ、ということを理解できているだけです。

次に、その不安に打ち勝っていくために、
相手の愛を信頼する、という選択をしてください。

恋愛関係の中で、相手と自分とのつながりを感じながら、
相手に感謝できることを思い起こしてみてください。
そして、相手を信頼する、という選択を心の中で
何度もしていってください。


テストしたくなる気持ちが出てきても大丈夫です。

テストしたくなっても、テストしない、
という選択をすればいいだけだからです。


そのための、最初の第一歩が、不安を相手のせいにしない、という部分です。
テストをすればするほど、相手は自分との関係に重たさを感じますので、
愛情を送りにくくなっていきます。

そのためにもまずは、テストを手放す、という部分を試してみたください。
その方が、相手からの愛情を受け取ることができるようになれますよ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
カウンセリングで「どうしていきたいですか?」
という質問をすることがあります。

自分がどうしていきたいか、ということを考えることは、
一歩前に進む、ということにもつながってくるのですが、
ここで、よく陥りがちな罠、のようなものがあります。

それは、このことを考えるときに、
自分がどうしたいか、ということではなく、
周りにどうなってもらいたいか、
という想いが出てくる、という部分です。

カウンセリングでも「どうしていきたいですか?」の答えとして、
彼にこうなってもらいたい、とか、愛されたい、とか、
自分ではなく、周りにしてもらいたいこと、
というのが出てくることがあります。

苦しいときほど、自分は自分にできる精一杯のことをやっているから、
これ以上はもう無理で、今の状況をよくするために、
周りに変わってもらいたい、という風に思うものだと思います。
そんなときに、自分がどうしていきたいか、と言われても、
答えが出にくくなるものかもしれません。


ただ、周りを変えるためには、自分が動いていくことが求められてきます。
待っていても、状況が変わることはあまりありません。

自分が行動したり、選択を変えた結果、周りが変わります。
周りに変わってもらいたい、というときほど、
自分がどうしたいのか、という部分が大切になってきます。


ただ、もし、自分が動きたくても、動けない、というのがあるとしたら、
自分の中に、自分を動けなくするためにブレーキをかけている部分がある、
ということに気付くことができると思います。

もし、ブレーキがあるとしたら、何にブレーキをかけているか、
ということを見つめていくと気付きを得ることができます。
過去の経験からブレーキをかけてしまっているとしたら、
そこにどんな痛みがあるか、という部分も見えてきます。


そして、そのブレーキを外すことができるとしたら、
自分がどうしていきたいか、ということを考えたときに、
もし、こうしていきたい、という部分が出てきたとしたら、
今いる状況から一歩前に進むチャンスを得ることができます。

その場合は、ぜひ、自分がこうしたい、と思っている部分を現実にするために、
そのブレーキを外してみてください。


辛いときほど、周りに変わってもらいたいと思うものかもしれません。
ただ、そんなときほど、自分がどうしていきたいか、
という部分と向き合って、行動してみてください。

自分が変わると、周りも変わります。
それを繰り返していくことで、
状況をより良くするための流れを作っていくことができます。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
母親との癒着があって、それが普段の生活や、
恋愛関係などに影響している、というケースがあります。

癒着があると怒りをぶつけやすくなります。
言いたいことを言い合える関係、というより、
距離が近すぎて、相手に対してとても感情的になり、
ちょっとしたことでも、すごく強くきつく言いすぎてしまって、
関係がとても重たくなっている、という感じになります。

相手から言われたことや、相手の感じている感情にも、
自分がとても強く影響されます。
相手がイライラすると自分もイライラするし、
相手が自分に対してネガティブな考え方を持つと、
自分も自分に対してネガティブに思ってしまう、
ような感じになります。

こういったときほど、癒着を手放す、ということが求められてきますが、
手放そうと思っても、なかなか手放せないので、
どうしたらいいかわからない、と思ってしまうこともあるかもしれませんが、
そこで手放すためのきっかけになるものがあります。


それは、相手への感謝、です。

癒着がある相手に対して、関係が深い分、
感謝できること、というのはたくさんあると思います。

普段は相手に対して、否定的な想いや、怒り、犠牲的な感じ、などなど、
軽い感じではなく、ちょっとしんどい感じの感覚が強い、かもしれませんが、
やってもらって嬉しかったことや、ありがたかったこと、
という感謝の気持ちも、探すとたくさん出てくると思います。

その感謝できることを思い起こしてもらって、
ちょっと相手にその感謝を伝えるところをイメージしてもらうと、
心がふわっと軽くなるような感覚を感じることができると思います。

その軽い感じが出てきたら、その相手のイメージから一歩遠ざかる、
というイメージをしてみると、その分だけ、相手との癒着の重たさが
少し軽くなった感覚を少し感じることができると思います。

どんどん感謝できることを相手に伝えていって、
どんどん相手から離れていくところを想像して、
自分の心が、少しずつ、少しずつ、軽くなっていく感覚を感じていく、
ということができたときに、
自分の中にある癒着の感覚も軽くなっていくことに
気付き始めることができると思います。


これをやった後で、相手と関わりを持った時に、
前よりも癒着が手放せている自分で相手と接することができるようになります。

ただ、ここで大切なのは、相手が自分に対して何を言ってくるか、
どんな態度で接してくるか、ということはあんまり見ずに、
その代わり、自分が相手に対して、どんな風に態度や接し方が
前と違っているか、その違うところを探してみてください。


感謝で自分の心を軽くしただけ、
自分でその違いを少しでも感じることができると思います。


相手との癒着があって、怒りをぶつけやすくなっているようなときほど、
相手に対する感謝、というのを意識してみてください。

自分が変わると、そこから受け取れるものも変わっていきます。
それをぜひ体感してみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
自分自身に魅力がない、とか、自分の中の無価値さを感じていると、
恋愛関係の中で、相手からこんな自分が愛されるわけがない、
という気持ちがでてきて、
それが相手を遠ざけてしまうことになります。

自分自身に価値がない、と思っているときには、
相手が自分を愛すことが難しくなりますし、
また、自分自身に価値がない、と思っている分、
自然とそういう振る舞いになるので、
相手が魅力を感じにくくなっていきます。

自分自身から拒絶するような雰囲気や、
近づきにくい雰囲気が出ますし、
相手にとって、そんな状態の自分でも愛する、
となるとハードルが高くなるためです。


ただ、理屈はそうでも、感情は思うようにいかないもの
かもしれません。

無価値さを感じてちっぽけになっている弱い自分。

そんな自分でも愛してもらいたい、とか、
愛する人にこそ、そこの部分を愛してもらいたい、
と思うものかもしれません。

自分の見た目や、表面的な部分ばかりではなく、
心の奥にある、自分の中のとっても弱い部分こそ、
愛する人に触れてもらいたい部分、かもしれませんね。


自分自身に価値がない、と感じているときは、
愛する人に助けを求めたくなるかもしれません。

素直になれない代わりに、
相手から本当に愛しているか聞き出したくなったり、
わがままや、ネガティブな言葉をぶつけて、
それでも相手が自分を愛そうとしているか
テストしてしまうこともあるかもしれません。

本当にいいたいことは、助けて、ということであったり、
そんな私でも愛して、ということかもしれません。


ただ、相手からすると、それはとてもわかりにくい部分だったり、
仮に相手がそこを愛そうとしても、
たぶん、自分がそこの部分を相手に愛させる、というときに、
すごく怖れを感じると思います。

想像してみてください。
自分が愛する人が、そこを愛そうとして近づいてくる状況を
イメージしてみたら、なにか自分の中に逃げ出したくなるような
衝動がでてくるかもしれません。

そして、その逃げ出したくなる自分も含めて、
愛してほしい、というのが、本音、かもしれません。


ただ、ここの部分を相手に愛させるのは、相手にとって、
相当ハードルが高い、というのは、わかりますでしょうか?

愛しているなら、そのハードルを飛んでくれるはず、
という気持ちももちろんわかります。
ただ、相手にそれを求めるのではなく、自分が変わっていくことで、
相手にとって、そのハードルを下げてあげることができるようになります。

どう変わったらいいか、ということは、自分で気付いていると思います。
もっと素直になる、とか、相手からの愛を信頼していく、などなどです。

ハードルが下がれば、相手は飛んできやすくなりますし、
そこで、自分が相手から愛されている、ということを
受け取ることができるようになります。


自分の無価値な部分を相手に愛してもらいたいときほど、
自分が変わっていく、ということにチャレンジしてみて下さい。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
問題点がよく見える、というのは、長所であり、
状況を変えるために役立つものです。
問題がわかれば解決に向かうことができるようになります。

ただ、その反面、問題点を見つけるということに執着しすぎると、
あらさがしをしているだけで、一歩も前に進めない、ということにもなります。
その問題を本来取り組むべき誰かが解決しようとしない、
ということばかりを見ていても、状況は何も変わらないことになります。

問題点がよく見えるときは、そこから前に進むために、
それをヒントとして、自分がどうしていきたいか、
ということが大切になってきます。


問題によっては、解決することが難しいという場合もあります。

そのときは、例えば、完全に解決するのではなく、
一部取り組めることから対処したり、
ものの見方を変えいき、問題のとらえ方自体を変えることで、
別の角度から取り組めるようになると良いと思います。

問題に執着するのではなく、それはあくまでヒントとして、
自分にできることや、やりたいことに集中していくと、
流れを呼び込んでいくことができます。


ただ、流れに抗うようなことは避けたほうがいいかもしれません。

問題点が見えて、それを何とかしたい、と思うのはよいのですが、
何かそこに流れに抗うような部分があると、
流れが硬直して、悪い方向にいくことがあります。

例えば、問題から逃げることになってしまったり、
問題に執着しすぎて誰かを責めるばかりで
自分自身が一歩も前に進めなくなったり、などです。

その場合、今の状況を受け入れる、ということであったり、
今の状況から受け取る、といった部分が求められてきます。
それなしに、問題点だけを見ていると、一歩も前に進めないことがあります。

今の状況を受け入れたうえで、
自分がどうしていきたいのか、といったことや、
今できることはどんなことなのか、といったことを見つめていくと
前に進んでいくことができます。


問題点がよく見えるときは、その問題ばかりを見つめるのではなく、
そこから前に進むために、自分がどうしていきたいか、
というところに集中してみて下さい。

それが状況を変えていくための第一歩になっていきます。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
イライラするよりも、できれば、日々穏やかにいきたいものですが、
どうしても、イライラしてしまうとき、ということはあると思います。

イライラしているとき、誰かに対する批判や攻撃が
自分の内側にあるとしたら、
普段は、その誰かのせいで自分がイライラしている、
という風に考えると思います。

誰かに対する批判や攻撃を形作っているものとして、
自分の中にある、正しさ、というものがあると思います。
視点を変えると、この正しさの部分があるために、
イライラが生まれている、ということになります。


相手を変えることはとても難しいです。
イライラを感じながら、正しさを相手に説いて
相手を変えさせることができて、うまく回っているならいいのですが、
いくら自分の正しさを説いても、うまくいかないことはあります。

仕事上では、上司や先輩が後輩に指導する、というときには、
この正しさを伝える、という部分が求められる状況は多いかもしれません。

ただ、恋愛関係や、友人関係では、相手に自分の正しさを説く、
ということがうまくいかないというより、
逆効果になるケースも多いと思います。
正しさやイライラを相手にぶつけることにより、
対立が生まれることもあるかもしれません。


ここで、自分にとって、そんな対立を望んでいるか、
という視点を持っておくと、違う選択をすることができるようになります。

それは、自分の正しさを選択するか、
それとも、そこで自分のやり方を変えていく方を選択するか、
というものです。


正しさを使って相手を変えようとするのではなく、
自分が変わっていけるところがあるとしたら、どんな風に変わっていきたいか、
という選択ができるようになると、
ただ、イライラの中にいたところから、違うとらえ方ができるようになります。

もし、自分を変える、という選択ができるなら、
一つの視点として、自分の中にそのイライラを生み出しているものがあるとしたら、
それは何か、ということを深く見ていくと、
自分の中に痛みがある、ということに気付くことができます。


イライラや正しさがあるのであれば、
その根っこには、罪悪感が隠れている、というところまで気付くことができれば、
それを自分を変えていくためのチャンスにできます。

例えば、罪悪感があって、自分が悪い、という感覚があると、
それがあまりにも辛いために、その防衛として、
自分は正しい、というものを作り上げていきます。
そして、その作り上げた正しさ、を使って、
自分の身を守るために、怒りを生み出す、といった心のメカニズムがあります。
イライラの下にあるものをじっくり掘り下げていくときは、この順序を逆にたどって、
根っこにある罪悪感を見つけて、それを解消することができれば、
罪悪感と一緒に、頑なな正しさや、イライラの部分も
全部まとめて解消することができるようになります。


もし、イライラがあるときに、その条項を変えていきたいという想いがあれば、
正しさではなく、自分が変わっていく、という選択肢を取ってみてください。

それは、停滞していた状況を前に進めるきっかけになります。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
恋愛関係の中で、相手からの攻撃を受けることが多い、
ということがあります。
相手に問題がある、ということもあると思いますし、
自分の方に問題がある、ということもあると思います。

ただ、ここで、そういうことが今の相手だけではなく、
過去、ほかの人と付き合っているときにも
そういうことが多かったとしたら、
今起きている問題とは、違う視点で見てみることで、
そのパターンを変えるきっかけを得ることができます。


その視点とは、自分の中で、自分を強く責めていないか、
というものです。

自分の中で、自分を強く責めていると、
それが相手からの攻撃を呼び寄せます。
いじめられっこ、にも、こういうパターンはあり、
罪悪感が強いと周りから責められる、という法則のようなものがあります。

恋愛関係の中で、いつも相手から責められる、
というパターンがある場合は、
自分の中に、強い罪悪感がないか、チェックしてみてください。

そして、もし、自分自身を責めることが多い、とか、
何かにつけ反省している、とか、
自分自身がどれだけダメかいつもチェックしている、
といったところがあったとしたら、
それを手放すことが求められてきます。


自分自身を責める、というのは、癖のようになっていることがあり、
それがいつものこと過ぎて、取り立てて特別自分を責めている、
というほどの意識がないこともあります。
昔、私自身がそうでした。


ここで大切なことが1つあります。

それは、この法則を信頼する、ということです。

周りから責められるのは嫌だから、なんとか自分を変えていきたいけれども、
自分自身を責めるのを止めたら、周りから責められなくなる、
ということが信頼できないので、
結局、罪悪感を手放すことをしないため、このパターンがかわらない、
ということがあります。

自分自身を責めている人にとって、
自分自身を責めるのを止めたら、
相手からもっと責められる、と思ってしまっているところがあります。

本当は逆です。
自分自身を責めるほど、相手からの攻撃を呼び寄せます。

あと、周りから責められる前に、
先に自分自身を責めることで、
周りからの攻撃から自分の身を守ろう、と思ってしまっているところもあります。

ただ、それも誤解です。
それは自分の身を守る、というより、
より自分自身が苦しむ結果を招いてしまいます。


相手から責められる、というパターンを持っている人は、
今までの自分自身を責める、というやり方を変えて、
罪悪感を手放す、ということで自分を変えようとしてみてください。

それは、相手のためにもなります。

誰かを責めるということは、その相手にとっても
苦しみが生まれることになりますので、
自分自身のためにも、相手のためにも、罪悪感を手放していく、ということに
ぜひ、チャレンジしてみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


2012.04.22 父親を許す
このエントリーをはてなブックマークに追加
自分の父親に対して、どんなふうに思うでしょうか?

人によってこれは大きく異なると思います。
嫌いなところや、認められないところから、
好きなところや、自分と似ているところなど、
色々と感じたり、考えたりするところがあると思います。

ただ、その父親に対して、責めているところや、
許せないと思っている部分があると、
それが自分にとってマイナスに働くことがあります。


父親を批判している部分があると、
同じような部分を持っている人に対して
過剰に攻撃的になったり、
自分が同じようなことをしてしまっているときに、
罪悪感を感じてしまいます。

もちろん、父親の良くない部分について、
それをいいように思う、という必要なないのですが、
心の中で批判を続ける限り、
この、過剰反応の部分だったり、罪悪感を感じてしまう部分が出てきて、
人間関係に問題が生まれたり、
罪悪感に足を引っ張られて、自分の力を十分に発揮できなくなったりします。


父親を許す、ということは、
その責めている度合いが強いだけ、
難しくなりますが、その分だけ、
許すことができたときに、受け取るものは大きくなります。


父親を許さない限り、どこか自分の中で
その父親の良くない部分を引きずることになりますが、
許す、ということは、その父親の批判について
自分が執着している部分を手放す、ということです。

許せてない、ということは、過剰に批判しているところがある、ということです。
例えば、そういう部分を持っている人がいたときに、
ほっとけばいいのに、ほっとけなかったり、
注意すればいいだけなのに、すごい勢いで攻撃してしまったり、
という結果を生んでしまいます。
それで、疲れるのは自分自身です。


父親のためではなく、何より、自分自身のために許すことで、
楽さを手にすることができます。

父親に関して許せてない部分がある、という場合には、
ぜひ、この父親を許す、ということにチャレンジしてみて下さい。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
心が打ち砕かれるような体験をしたとき、
その痛みのために、心が張り裂けそうになったり、
その悲しみのために、一歩も動けなくなってしまったりするかもしれません。

どうしたらいいのかわからない、と思うかもしれませんが、
この痛みを通り抜けていくためには、
前に進もう、という選択を心の中でする、
ということがその第一歩、になります。

それには、時間がかかるかもしれませんし、
誰かに話を聞いてもらう、ということも必要かもしれません。
きっかけはどんなものでもいいのですが、
大切なのは、前に進もう、という選択を心の中でする、ということです。

そして、もし、それができたとしたら、次にどうすればいいか、
というのが次の課題になってきます。


前に進む、という選択を心の中でしたときに、
心の中にこの傷を乗り越えていくために必要な力、
というのが心の中に生まれます。

そこでぜひやってもらいたいことがあります。

それは、自分がそれを乗り越えられる、ということを信頼する、ということです。

前に進むという選択ができないときは、心の中が痛みでいっぱいなので、
そんなことをする余裕は全くなかったかもしれませんが、
その選択ができている今なら、自分の力を信頼する、ということは、
可能になってきています。

もし、そんな風になれるとは全く信じられない、
という感覚があったとしても大丈夫です。

その場合は、まず最初に、
そんな風になれるとしたらどれだけ楽になれるだろう、
ということを想像してみてください。

想像することができたら、次に、
そういう風になりたいっていう想いを強く持ってみてください。

そうなりたいという願望を強く持てたら、次に、
私はそういう風になる、という選択をしてみてください。

選択ができたら、最後に、
私はそういう風になる、ということを信頼しようとしてみてください。

自分の力を信頼する、ということをいきなりやろうとしても
難しいかもしれませんが、
上に書いたことを1つ1つステップを踏んでいけば、
途中で諦めない限り、自分を信頼するということができる、
ということに気付くことができると思います。


心が打ち砕かれたように感じたとき、
痛みが大きければそれだけ、前に進むという選択をすることや、
その痛みを乗り越えるだけの力が自分にある、ということを信頼することは、
難しくなるかもしれません。


ただ、もし、その痛みを乗り越えていきたいという想いがあるのなら、
ぜひ、信頼する、というところまで、自分を持って行ってみてください。

それができたときに、今よりも前に進んでいる自分を感じることができると思います。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
心の中に痛みを感じるとき、というのは、
ただ辛いだけではなく、
そこから学べることがあります。

痛みが教えてくれる、自分の心の中にできた傷の部分について
掘り下げてみていくと、そこには過去にできた傷がつながっていることに
気付くことができます。

自分の心の中にある、過去の傷について、
あまりこだわりすぎても辛いだけかもしれません。

ただ、ここで過去の傷の下に隠れている
自分の才能だったり、本質の部分に触れることで、
今の自分にとってプラスとなるものを持ち帰ってくることができます。


過去の痛みについてみていくときに、
自分を傷つけた誰か、というのがいるとしたら、
それは誰でしょうか?

その人のことを思い浮かべたときに、
怒りやその人を責める気持ちが出てくるかもしれません。

自分の中にある痛みと、
その責める気持ちは、コインの表と裏の関係のようなところがあって、
責めれば責めるほど、自分の中にある痛みが深まっていき、
許すほどに、自分の中にある痛みも軽くなっていきます。

許すということは、自分の中に痛みがあるぶんだけ、
難しくなっていきますが、許すということがとても難しかったとしても、
感謝する、ということができるとしたら、一歩前に進むことができます。

自分を傷つけた誰かについて、
どんなことでもいいのですが、
その人に感謝できることがあるとしたら、
感謝するほどに、自分の中にある痛みも軽くできます。


感謝を通して、もし、自分の心の中にある痛みの部分について、
自分を傷つけた誰かを許すことができるとしたら、
自分自身もその傷から解放することができるため、
今よりももっと、楽さ、を手にすることができます。

誰かを責めていると、その分だけ、自分の一部を責めることになるので、
自分の持っている一部を封印するような形になってしまいます。
それが、自分の人生の行き詰まりを生むことにもつながってきます。


もし、痛みを感じることがあったとしたら、
自分の中にある、その誰かを責めている部分に気付けるチャンスでもあります。

普段意識していないような心の痛みの部分に
改めて目を向けて、自分自身をレベルアップさせていく
きっかけにもできる部分ですので、
もし、そういうチャンスが来たとしたら、その誰かに感謝して許す、
ということにチャレンジしてみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
いっぱいいっぱいなとき、というのは、
自分のことで頭がいっぱいなので、
相手のことを思いやったり、気遣ったり、
ということがなかなかできないものだと思います。

恋愛においては、自分がいっぱいいっぱいのときには、
余裕がない分、相手のことがちゃんと見えなくなるので、
相手とつながりを感じにくくなります。

相手から愛されていないように感じてしまったり、
馬鹿にされているように感じてしまったり、
相手が過剰に依存的なように見えてしまったり、
相手にそんなつもりはなくても、
そんな風に感じてしまうことがあります。

とはいっても、いっぱいいっぱいのときには、
自分の心の中に余裕がないので、
相手のことをちゃんと見る、という気にもなれない、
という感じになってしまいます。

いっぱいいっぱいなんだから、しょーがないじゃない、
って思うものかもしれませんが、
ここでちょっと立ち止まって、
「なんで、いっぱいいっぱいなんだろう?」
ってところに目を向けてみると、
また違う解釈ができる自分に出会うことができます。


なんで、いっぱいいっぱいなんだろう?
ってところに目を向けたときに、
いろんな理由が出てくるかもしれませんが、
整理していくと、その理由、というのは、
絞り込めていくと思います。

それは、忙しいからかもしれませんし、
他のことに気を取られているからかもしれませんが、
自分のそのいっぱいいっぱいの部分を見ていったときに、
本当に足りないのは時間、というよりも、
自分の心の余裕であったり、気持ちの問題であったりすると思います。

いっぱいいっぱいになる気持ちや、
余裕のなさ、というのは、どこからでてきているでしょうか?

例えば、完璧じゃない自分に対する自己攻撃、があるかもしれません。
怒りや過去の痛みにとらわれて、
身動きができなくなっている、かもしれません。

自分の心の中を探っていくと、
そこに癒されていない痛みのような部分、
ということがあることに気付くことができるかもしれません。


もし、いっぱいいっぱいの自分の中に、
傷ついている自分がいて、その痛みの部分から、
余裕のなさが生まれている、ということに気付くことができたとしたら、
それはとてもラッキーです。

それは、その傷を癒すことができれば、
いっぱいいっぱいの状況を解決することができる、
ということに気付けた、ということだからです。


もし、この傷の部分を手放すことができて、
いっぱいいっぱいの状況を変えていくことができるとしたら、
やってみたいでしょうか?

その答えがYesなら、ぜひ、傷を手放す、ということに
チャレンジしてみてください。


表面的にはいっぱいいっぱいの自分がいる、という状況でも、
その裏には、痛みが隠れていることがあります。
最近、心に余裕がない、という人は、ちょっと自分の内面を
チェックしてみることで、新しい気付きがあるかもしれませんよ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
誰かを見てうらやましいと思うときは、
その人と自分との間の比較があります。

これは、自分とその人との違いから学べること、
というところに目がいっている状態とは少し違います。

ここでもし、自分の方が劣っている、とか、
自己否定の感覚があるなら、
そこから一歩前に踏み出すことが求められてきます。


とはいっても、うらやましい、と思える人が周りにいる、
というのは、それだけ良い影響を受けれる
チャンスがある、ということです。

だから、うらやましい、という感覚がでてきたときに、
そこから学んでいこう、とか、
自分もそこからいい部分を取り込んでいこう、
という方向に気持ちがスイッチしていくと、いい感じです。


ただ、そこに自分の方が劣っている、とか、
自己否定の感覚があると、
自分もそういう風になれるとは思わない、とか、
自分にはそういうのは、ふさわしくない、という想いがでてきて、
その人からいい部分を取り込んでいこう、というように
スイッチしにくくなってしまいます。

もし、うらやましいと思える人が周りにいるときに、
そこに、自己否定や、劣っている感覚があるなら、
それを手放していってみてください。


自己否定や劣っている感覚、というのがあるのなら、
そこには、いまいちいけてない自分、のイメージが
心の中にあるかもしれません。

自分を否定するような声が、自分の中から聞こえてくる、
という人もいるかもしれません。


自己否定を手放すときに鍵になってくるのは、
そこから心理的な距離を置く、ということです。

自己否定があるとしても、それが自分に
影響をあまり与えなくなるくらいに、
その自己否定のイメージやメッセージを小さくしてしまう、
ということです。

例えば、自分の中にある自己否定のイメージを思い起こしてみて、
そのイメージに、自己否定のメッセージを口にさせてみて、
そして、そこからゆっくりと自分が離れていき、
そのイメージが小さくなってしまうところまで、
その声が本当に小さくて聞こえるかきこえないかわからないところまで、
どんどん離れていく、ということを何度か繰り返してみる、
ということも効果的です。


その反対に、うらやましいと思える人から、
なりたい自分のイメージを作り出してみたり、
自分もそうなれる、というメッセージに耳を傾けていく、
といったことができるようになったときに、
うらやましいと思える人から、より良い影響を
受け取っていくことができるようになります。


うらやましい、と思える人がいるときは、
自分のなかから否定的な部分を手放して、
その人からより良い部分を取り込んでいく、
ということにチャレンジしてみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
自分に対して怒りを向けてくる人がいたときに、
自分がそれに対してどう反応するか、
ということは選択することができます。

多くは、我慢する、とか、反撃する、とか、
無視する、といった反応になるかもしれませんが、
もし、この相手があなたにとって
とても身近であったり、大切な人であったりする場合、
それ以外に、相手のことを愛する、という選択もあります。

怒りに身を任せるのもかまいませんが、
ここで、相手が起こっているときに、
相手から何を受け取るか、ということが
大切になってきます。


怒り、というのは、色んな角度から解釈をすることができます。

表面的には、相手が自分を責めている、
ということですが、
怒り、の感情の下には、別の感情が隠れていて、
それを隠すために怒りが出てきている、という一面があります。

そして、そこで感じている感情は、
過去に感じたまだ癒されていない部分から、
痛みが出てきて、それにふたをするために、
怒りが出てきている、という側面があります。

自分が相手から怒りを向けられているとき、
なかなかそういった部分、というのはわかりにくいのですが、
もし、相手が怒りを自分に向けてきたときに、
それが、相手の中にある痛みの部分から出てきた部分なんだ、
という受け取り方をできたとしたら、
ただ、自分が責められているだけ、という解釈とは、
違った見方で相手を見ることができます。


怒りを向けてくる人が、
自分にとって大切な人、例えば、彼や彼女、旦那様や奥様、
といったケースであれば、なおさら、そういう目で見てあげる、
ということが、その関係にとても大きな影響を持ってきます。

ただ我慢する、ただ受容する、ただ反撃する、
ということだけではなく、
そこで、相手のことを愛する、という選択をしていくことで、
相手の怒りの中にどんなものがあるのか、
ということを理解していったり、
お互いの関係をより良くしていくためのヒントを得たり
ということができるようになります。


相手が怒っているときこそ、
それをお互いの関係がより良くなるための
きっかけにしてみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
過去の彼にたいする執着が残っていると、
今の彼と比較してしまって、
彼との関係の中で十分満足できなくなって
しまうことがあります。

過去の彼に対する執着が強いほど、
この部分は出てきます。
そんなときほど、過去の彼に対する執着を
手放していく、ということが求められてきます。


恋愛関係の中では、たくさんの感情を感じることができるので、
自分にとっても相手にとっても心を成熟させていくための
とてもいい機会なのですが、執着を手放す、
というのもその成熟のためには欠かせないものです。

心を成熟させていくためにも、
自分の心の中に、昔付き合ったことのある人たちに対する執着なら、
それを手放す、という選択を心の中でしてみてください。

手放す、というのは、昔の彼との恋愛関係について、
否定するという感じではなく、
距離を取るというイメージになります。

心の中に、昔の彼とのことを思い出すことがあったなら、
その思い出から、自分が少しずつ離れていって、
その思い出のイメージがどんどん小さくなっていく、
というところを想像していくうちに、
自分の心にある執着が軽くなっていく、
という感じです。

必死になって、過去の彼との思い出を振り払う、というより、
その思い出は否定しないで、
その思い出から少しずつ離れて、思い出が自分の心の中で、
軽くなっていく、という感じです。

過去の彼に対して感謝する、というのもよいと思います。
怒りやネガティブな感情があるほど、
執着も大きくなってしまいますので、
もしそういった感情がまだ自分の内側に残っている感覚があるなら、
感謝、の持つとても軽いエネルギーで、それらを解きほぐしていく、
ということもとても効果的です。


昔の彼、もしくは、彼女の方がよく思える、というときには、
執着を手放して、自分の心を成熟させてみてください。

自分の心が軽くなった分だけ、今自分に与えられているものから、
より多くを受け取れるようになれますよ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事上でミスをして叱られたり、
恋人から責められたように感じたときに
心が縮こまるような感覚がして、
とても申し訳ないような気分になってしまうときは
あるでしょうか。

それがたまにある、というより、
繰り返しそういうことが起こっていて、
ずっと、自分が悪い、という感じがしているとしたら、
それは、とてもしんどい状態だと思います。

今回の記事は、そういうケースについて、
少し掘り下げて書いていきます。


自分で自分のことが認められなくて、
自己否定が強い、という場合、
誰よりも自分のことを責めているのは、
自分自身、です。

他人に対してよりも、自分に対しての方が
採点は厳しく、また、自分自身のことですので、
攻撃や批判も非常に激しいものとなります。

自分で自分を罰しているような状態です。

この状態では、自己攻撃をする声に
さらされている状態ですので、
仕事にも集中できなくて、さらに注意や指摘を
受けてしまったり、
恋人との関係でも、さらに責められる、というように
なってしまいます。


自己攻撃が、自分を改善するのに役立てばいいのですが、
どちらかというと、自己攻撃をすればするほど、
自分がダメだ、ということに対する信頼を強めてしまうこととなり、
そこから抜け出すのが、とても大変になっていきます。


自分を改善するための行動はやってもらって全然かまわないのですが、
そのとき、自己攻撃を手放した方がうまくいきます。

自己攻撃が癖になっている人は、
その自己攻撃の声のボリュームを下げてみる、
その自己攻撃の声を聴いている時間を短くしていく、
ということをやっていことで、少しずつ、その声から距離を置いていく、
ということを試してみてください。

自分は正しいと開き直る、というのも構わないのですが、
それと一緒に周りから求められていることも無視してしまうと、
周囲からの攻撃が強化される、ということもあります。

これは、自己攻撃は心の中にあるのに、
それを手放さないで、見ないようにふたをしているだけの状態に
近いかもしれません。
ふたをすれば、それはふたを開けるように、中身が暴れますので、
結果として、周囲からの攻撃が強化されてしまいます。


周りからの声を完全にはシャットアウトせずに、
自己攻撃で自分を罰しすぎずに、
少し距離を置いて付き合う、ということ。
それができたときに、今よりも楽に今の状況と向き合っていくことが
できるようになります。


今回の記事では、自己攻撃の部分を扱いましたが、
これは、心の中にある、罪悪感が引き起こしている内容になります。

罪悪感に関連したことについては、
また、e-bookとしてまとめて無料で配布していきたいと思っていますので、
興味のある方は、配布時にダウンロードして読んでみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
感情を感じることに抵抗がある場合、
その部分を自分の心の中に
封印してしまう、ということがあります。

それが一時的には役立つこともあるのですが、
ずっと続けていると、自分が本当は何がほしいのか、
どうしたいのかがわからなくなってしまうことがあります。

自分の中にある寂しさの部分が、
本当はあるんだけれども、
なかなかその部分を認めることができないとしたら、
周囲の人に、それをちょっとわかりにくい形で
表現してしまうことになります。

例えば、理屈や怒りを使って、
相手を攻撃する、とか。

寂しいって言えない代わりに、
相手を責める言葉になってしまって、
それが相手の怒りや反発を招いて、
結果的に、全然、自分の寂しさを感じている部分が
満たされない、ということにもなっていきます。


感情を感じることに抵抗があったとしても、
一旦、その部分を否定せずに感じてみたら、
思ったほど痛みや大変な感じはない、
ということに気付くことができます。

感情を感じることができ、認めてあげることができると、
相手との間にあったわだかまりも解消していくための
一歩を踏み出していけるようになります。

ただ、そうすると、自分が変化してしまうことになるので、
そこには、無意識のうちに抵抗が生まれます。

無意識のうちにしている抵抗なので、
ちゃんとした理由もないのに、
感情に入っていくことをとても大変なことのように、
なんとなく考えてしまって、
抵抗が生まれる、という風になっています。

寂しさを感じる、なんて今更、とか、
それは私じゃない、とか、
理由は色々あるかもしれません。

寂しさを感じる、ということは、自分が弱いからだ、
という理由もあるかもしれません。


ただ、寂しさを認めることができると、
手放すこともできますし、
相手と分かち合うこともできますし、
そこで、相手との間につながりをつくっていくこともできます。


寂しさを感じることに抵抗があるとき、
まずは、認める、ということから始めてみてください。

そして、認めることができたなら、
その感情の中に入ってみてください。

寂しさのなかにどっぷりつかって、
抜け出せなくなってしまう感じがするかもしれませんが、
それは、幻想です。

寂しさを封印してきた、ということは、
寂しさに距離を置いて、もとの状態に戻る、
というスキルは十分に心の中に染みついていて、
自分の中で役立つものとして根付いています。

大丈夫です。
怖れずに、その中に入ってみてください。
怖がっているときに身構えていたほど、
大変じゃない、ということがわかると思います。


自分の寂しさの部分を否定するのではなく、
認めてOKを出せたとき、
周囲の人たちに対して、もっと素直になれている
自分に出会うことができます。

ぜひ、その感覚を体験してみて下さい。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


2012.04.13 両親との癒着
このエントリーをはてなブックマークに追加
両親のどちらかとの結びつきが強すぎて、
それがその人にとって重荷になっているケースというのは、
少なからずあります。

よく聞くのは、母親とその娘との関係に
癒着があるケースです。
もちろんそれ以外にもあるのですが、
相談を受けるケースとしては、このケースが多いです。

母親がすごく自分のことに干渉してきて、
自分もその母親の意見がどうしても無視できなかったり、
母親の感情に振り回されるような感じがあるとしたら、
母親との癒着、について課題があるかもしれません。


癒着を手放していくときに、大切なのは、
相手のせいにしない、ということです。

癒着があるので、自分が癒着を手放そうとしても、
相手からの抵抗が生まれてきます。
そこで、相手のやってくる行動が原因で、
癒着が手放せない、というものの見方をしてしまうと、
なかなか前に進まない結果、となってしまいます。


そこで、相手がどういう行動をしようと、
自分が癒着を手放す、という選択をする、
ということが、この場合、大切になってきます。

癒着がある、ということは、
相手の行動に影響されてしまい、
自発的な選択ができない、ということなので、
その逆をすることが、癒着を手放すことにつながります。

その逆というのは、
相手の行動に対して、心理的な距離を自ら開けて、
自発的な選択をしていく、ということです。
そして、そこで相手からの干渉に対して、
相手が感じているのと同じ感情を選択するのではなく、
主体的な反応をしていく、ということです。


癒着を手放すことができて、
主体的な反応をすることができるようになると、
相手のせいにしなくてよくなるので、
相手を責めなくてもよいし、
また、自分自身、相手に振り回される、ということから
解放されていきます。


癒着があるときには、この主体的に反応する、
ということが、何か相手を見捨てているような感じがすることもありますが、
その相手を見捨ててしまうような感覚は、
癒着のおおもとの部分です。

見捨てるのではなく、それはお互いのためにとってよくない状態だから、
自分のためだけではなく、相手のためにも、
距離を置く、という見方にシフトしていって下さい。


癒着を手放せれば、自分が相手に対して心理的に余裕のある状態を作れますので、
もっとよりよい形で関係を構築することができます。
もっと自然にあいてのことを思いやったり、労わったり、感謝することができますが、
癒着がある間は、それどころではない感じになると思います。


母親との間に癒着があるような感覚がある場合には、
ぜひ、その部分を手放して楽になる、という選択をしてみてください。

自分のためだけではなく、母親のためにも。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
誰でも失敗はするものですが、その失敗した経験が、
心のなかでとても痛かったために、
もう一度、という気にはなれない、ということもあると思います。

再挑戦したところで、同じ失敗を繰り返すだけで、
意味がないように感じてしまう、
という部分もあると思います。

ここで大切なのは、その失敗から受け取る、ということです。


失敗が教えてくれるものはたくさんありますので、
そこから自分が学べた部分はあると思います。

そして、だた、失敗から学ぶだけではなく、
もう一つ、気付いてほしい部分があります。

それは、自分が過去にしてきた成功の部分です。


今回の失敗とはあんまり関係がないように思える部分もあると思いますが、
そんな大それたことではなく、ちょっとした達成感や、
小さな成功と思える部分に注目した時に、
自分がもっている成功に近づくための才能の部分や、
もっている力に気付くことができると思います。

今回の失敗で、その才能や力は使えていましたでしょうか?


もし使えていなかったとしても、
今回の失敗から学んだ経験を生かせば、
その才能や力を発揮できる部分はないでしょうか?


失敗した時、というのは、まるで自分に才能や力がない、
というように感じるかもしれません。

それは、ただ、自分にある才能や力に気付いていなくて、
使えていなかったから失敗した、というように、
ものの見方を変えることに抵抗感があるとしたら、
それは、なぜだと思いますか?


今回の失敗の経験と、自分の中にある成功の部分を組み合わせることで、
新しいものを受け取っていくことができるようになります。

もし、自分の中に、まだ使えていない才能や力が眠っている
という感覚があるなら、今回の失敗から受け取って、
次の新たな一歩を、ぜひ、踏み出してみて下さい。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルに書いたようなことは、
その感情を感じやすい人にとっては、
おなじみの感覚、と言えるものかもしれません。

自分に価値がないように感じると、
一人になりたくなったりしませんか?

自分だけが周りから浮いているような感覚が出てきて、
集団の中に入っていくのに抵抗があったり、
周りに壁を作りたくなるような感情が出てきやすく
なったりすることはないでしょうか?

今回は、その感情を手放していく、
ということについて、書いていきます。


価値がないように感じているとき、
というのは、自分の内側から、
自分がどれだけ価値がないか、ということを
強めるような言葉、というのが出てきている状態です。

それに耳を傾けていけばいくほど、
自分が、とってもちっぽけになったような感覚、
というのを感じ続けることになります。

本当に自分に価値がない、というわけではなく、
心の内側から、それを裏付ける言葉が出てきているだけです。


ただ、心の中には、自分の価値を知っている部分もありますので、
そこに耳を傾けると、また違った感覚を感じることができます。

直観を使ってみて下さい。

もし、自分に価値があるとしたら、どんな部分だろう、
と、心の中で問いかけたとき、直感的に思いついたことに
耳を傾けてみて下さい。
そして、携帯でも、パソコンでも、紙にでもなんでもいいので、
思いついた答えを書いて残してください。


このとき、自分に価値がない、ということに耳を傾けるのに
慣れている人であれば、その直観的に思いついた答えを
否定したくなると思います。

ただ、その否定する言葉は、しばらく黙っていてもらってください。
もしくは、しばらくの間、耳を傾けないでください。


その代わりに、その直観的に思いついたことに対して、
その価値をどうして気付けなかったのか、ということと、
その価値をどうやったらもっと生かしていけるか、ということを、
心の中で問いかけてみてください。
そして、直感的に思いついたことに耳を傾けてください。

これまた、携帯でも、パソコンでも、紙にでもなんでもいいので、
思いついた答えを書いて残してください。


このときも、思いついた答えを否定する言葉には、
しばらく耳を傾けないでください。


書いたものをみて、携帯であればその文字を見て、
その言葉を、受け入れる、という選択をしてみてください。

むずがゆいかもしれません。
なんとなく居心地が悪いような感じがするかもしれません。

ただ、ここで自分の感情に注意を払ってみてください。

自分に価値がない、という言葉に耳を傾けているときと比べて、
心がオープンになっている、ということを
気付くことができるまで、
しばらく、自分の感情の動きを見つめてみて下さい。


自分の価値を認める、ということは、
普段、自分が価値がないように感じている人にとっては、
不慣れなものかもしれませんが、
自分の内側で自分の価値を知っている部分に触れることで、
そこから抜け出していくための一歩を踏み出していくことができます。

これができた分だけ、自分以外の人が
自分自身のことを認めてくれている、という感覚に
気付くことができるようになります。


今までは、自分の中に、自分の価値を知っている部分があった、
ということに気付けていなかったのが、気付けるようになった分だけ、
他の人の中にも、自分のことを認めてくれている部分がある、
ということに気付けるようになります。

一度、試して下さいませ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
何とかしたい状況が目の前にあるのに、
何もできない、という状況を体験したことは
あるでしょうか?

そこでは、自分が無力な感じがしますし、
ときに、非常に心を痛めることもある感情だと思います。

今回の記事では、その部分を扱います。
無力感を感じているときに、そこから抜け出すための、
別の視点で物事をみるためのヒント、となるものです。


無力感というのは、絶対に手の届かないところに
なっている林檎に向かって、手を伸ばし続けるようなものです。
疲れますし、自分でも無理だ、ということがわかっています。

自分にできないことをやろうとして、
やっぱり無理だった、ということを繰り返し
体験しても無力感は手放せません。


今、自分にできることに集中する、というのが、
無力感を手放すための一歩になります。

無力感があるときは、自分にできないことを
自分の中心をおいているような状態です。
そしてこのとき、自分には力がない、ということを強く信頼しています。

自分にできることに集中する、という選択をしたときに、
自分の中心を、できないこと、から、できること、
にシフトしていくことができます。
そこでは、自分に力がある、ということを
少しずつ感じていくことができます。


自分にできることに集中していくと、
できることがどんどん増えていきます。
その中から、最終的に達成したい、
無力感を感じていた部分に取り組んでいくことで、
無理だと思っていた部分と、自分との間に橋をかけることができます。


無力感にどっぷりつかっているようなときには、
できないことにではなく、できることに集中していく、
ということを試してみてください。

そこでは、自分が周囲に与えていけることがたくさんあります。

無力感を感じてつぶれていく、ということを選択するのではなく、
力を発揮できることに集中して、周囲により良い影響を与えていく
ということを選択していくことが、
無力感を乗り越えていくための大きな力になっていきますよ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
過去に体験したことがきっかけで、心の中に深い絶望が生まれ、
そこで歩みを止めてしまっているような部分があったときに、
それが形を変えて、新しい課題として、
自分の人生に出てくることがあります。

例えば、彼や彼女との関係や、
職場の人間関係など、状況としては色んなパターンがありますが、
過去に絶望してしまったような部分でも、
それが再び課題として出てきたときには、
タイトルに書いたように、なんとかしたい、
という想いを持つと思います。


その想いを持った時こそ、再び、その絶望の部分を
手放していくチャンスです。

絶望を手放していくためには、その絶望を形作っている
ものの見方や考え方の部分と、感情の部分を手放していくことが
求められてきますが、
その絶望は、長年、自分を形作ってきた一部でもあるので、
手放すのにも、とても大きな抵抗感が生まれます。

絶望を手放す、という自体を諦めてしまいたくなります。


そのときに、自分を支えるための大きな力となるものは、
色々ありますが、その一つが、継続する、ということです。

なんとかしたい、という気持ちを選択する、
ということを継続していくことが
絶望を解きほぐしていくための大きな力となります。

最初のうちは、抵抗感が出てきたときに、
抵抗感を乗り越えていくことが、とても大変だったり、
ときに、自分自身に負けてしまったりしていたようなことが、
継続して取り組んでいくうちに、より簡単に抵抗感を
乗り越えることができるようになっていきます。


絶望は自分の心の深く根付いているような部分があります。
だから、絶望に関して、自分が体験したことで
それが一発でクリアになることも、もちろんあるのですが、、
クリアになったと思ったら、また、絶望が出てくる、ということもあります。

その場合には、継続していく、ということが
そのしつこく続く絶望をクリアにしていくために役立ちます。


無理だと思っているけど、それでも何とかしたい、
ということがあるような場合、
ぜひ、継続する、ということを試してみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
誰かに依存している部分を変えていきたいときに、
お勧めなのが、タイトルに書いてある、
目標設定をして、それに取り組んでいく、ということです。

自分が愛されるために何かをしたり、
愛されなかったときに傷つく、という状況から抜け出すために、
自分を成長させていくための目標を決めて、
そこに取り組んでいくことで、
自分自身をより良い状態に変えていく、というものです。


誰かに執着している状態で、それで苦しんでいるときも、
目標設定、というのは非常に有効です。

執着しているとき、というのは、
どうしてもそこに目が行きがちになります。
執着を手放すときには、
手放す代わりに、自分の心を何かに向けていくことが
求められてきますが、
そのとき、自分が決めた目標があったとしたら、
そこに集中していくことで、
自分の成長にもつながりますし、、
執着を手放すのにも、役立ちます。

もちろん、目標設定をする、ということや、
それに取り組む、というときに、
過去の自分に戻りたくなるような、
抵抗感というのが、生まれやすくなるかもしれません。

依存や執着が強いときほど、
その抵抗は大きいかもしれません。

ただ、そういうときほど、目標に集中していくことで、
そこの状況から抜け出すための一歩を踏み出していくことができます。


自分の中の依存の部分や、執着して重たくなっている部分を
変えていきたい、というときには、
ぜひ、目標を設定して、その取り組みに集中していく、
ということを選択してみてください。

その積み重ねが、今の自分の状況をより良くしていくための
大きな力になっていきますよ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
心の中で両親に対して責める気持ちを
強く持っていると、
両親を責めるのと同じように、
自分にとって目上の人に対して
批判的な一面を持つことがあります。

これは、両親を責めている部分を、
その目上の人にも同じように投影するためですが、
その批判の言葉は、回りまわって、
自分にも返ってくることになります。


両親を強く攻撃した分だけ、
自分が似たようなことをしていることに気付くと、
自分が許せなくなります。

また、絶対に同じようなことはしない、と心に戒めるのが
度を過ぎて完璧主義に走ってしまうために、
そこで疲れてしまったり、
また、それが大変だということを怖れるあまり、
責任のある立場になることを避ける、など、
キャリアの面に影響が出ることもあります。

目上の人に必要以上にかみつくことで、
評価が下がってしまうこともあると思います。


鍵になってくるのは、自分の心の中に、
両親に対して、許せないという強い想いがある、
ということです。

許せないという気持ちが強いほどに、
それが自分にとって重荷になる度合いも強まりますが、
もし、今まで心の中で責めていた両親のことを許すことができたなら、
それは、自分が今まで行き詰っていた部分を
解消していくための、とても強い原動力になります。

許せた分だけ、自分を責める必要がなくなるので、
楽になれますし、今まで責められることを怖れて
避けていたことに挑戦できるようになります。


もし、両親を責めることで、自分自身も苦しんでいることがあって、
そこを変えていきたいと思うなら、
ぜひ、両親のためではなく、自分のために両親を許してみる、
ということに挑戦してみてください。

許すということに抵抗は出てくると思いますが、許せた分だけ、
自分がこれから歩いていく道のりに、楽さや、幅が出てくる感じを
体験することができると思いますよ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


2012.04.06 過去を変える
このエントリーをはてなブックマークに追加
過去を振り返った時に、忘れたい過去や、
楽しい過去、様々なものがあると思いますが、
今回の記事で扱うのは、
そこに傷がある部分を変えていく、という話です。

過去に起こったこと出来事自体は変えられないかもしれませんが、
そこで体験したことで生まれた自分の記憶や感情というのは、
心の中で固定されてしまうものではなく、
今現在、その過去に体験したことについての見方を変えることができれば、
心の中の記憶や感情というのも一緒に変えていくことができます。


ただ、過去の傷について、変えていくというのには、
自分ひとりの力では難しい、というケースもあると思います。

過去に体験したことが辛いほどに、
その記憶や傷と一緒に、封印してしまうこともあると思います。
その過去を否定したい、という想いもでてくるかもしれません。

ただ、この過去に生まれた傷の部分の解消のためには、
否定ではなく、その部分と向き合って、
受け入れていく、ということが求められてきますし、
その傷と向かい合うだけではなく、
そこに別の解釈を加えていく、ということが求められてきます。


その過去の痛みが、自分の中で罪悪感につながっているところがあるなら、
許しを与えていくことで、
その体験したことの解釈が変わってきます。


カウンセリングの場面では、私がそのプロセスを
潜り抜けていくためのサポートをしています。

過去に受けたその傷について、
その人がカウンセリングを受けに来ている場合は、
その人の中で、その傷と向かい合うための
準備ができている、ということを意味していますので、
それは、チャンスと言えます。

時を経て、成長していくにしたがって、
その過去と向き合うだけに十分な経験を得てきたことで、
その過去の部分を手放していくための
取り組みができるようになっているからこそ、
カウンセリングを受けたい、って思うものだと思います。


過去に封印したものと向き合うのは勇気がいりますが、
そこを通り抜けていくことで得られるものは、
とても大きいと思いますよ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
困っている人や、悩んでいる人がいて、
その人を助けてあげたい、
という想いを持つことはあると思います。

私も心理カウンセラーをやっていて、
そういう想いは湧き上がってきますし、
だからこんなことをやっている、という一面もあります。

ただ、その時に忘れてはいけないことがあります。

その人が困っていたり、悩んでいることは、
その人のための問題なので、
誰かが代わりに解決する、というものではない、
ということです。


これは、助けられない、という意味ではないです。

その人がそこを乗り越えられるように、
周りの人たちにできる関わり方、というのは、たくさんあります。

例えば、ただそばにいて見ていてあげる、ということもそうですし、
その人が取り組んでいる課題に関して援助したり、
もし、何か知恵を持っているなら、それをアドバイスという形で与えたり、
その人の見本になってあげたり、応援してあげたり、などなど、
周りの人にできることはたくさんあります。

ただ、あくまでその課題に向き合うのは、本人です。
行き詰まりがあるなら、そこを乗り越えていくために、
歩いていくのも、本人です。
不安や恐怖を感じていたとしたら、
それに打ち勝つ勇気を持つことが求められるのは、本人です。

その人がいくら苦しんでいても、
代わりにその苦しみを負担してあげることはできないですし、
その人がいくら課題をクリアできなくて頭を悩ませていても、
代わりにその課題をクリアしてあげることはできないです。

現実的、表面的には、課題をクリアにしてあげる、
ということは可能かもしれません。

例えば、物理的な援助によって。
そういうケースも実際にあるとは思います。

ただ、心の内面にある課題については、
本人がやらないと、解決になりません。
外科手術のように、誰かが心の中にメスを入れて、
患部を切除する、なんてことは、できないんです。

仮にもし、できたとしても、それは、根本的な解決にはならないです。
なぜなら、その課題は、その人のために用意されたものだからです。
形を変えて、再び同類の課題が、その人の目の前に現れます。

そのときに、その心の外科医がそばにいなかったら、
その人はどっちみち、自力でその問題に立ち向かわなければならなくなります。
24時間その人の面倒を見れるのは、その人自身だけです。


私たちにできることは、助けること、ではないです。
どんなに能力があり、知恵があり、精神力があったとしても、
できることは助けること、ではなく、援助すること、です。
これは、心理カウンセラーでも一緒です。


ただ、ここを勘違いしてしまって、
「助けてあげられない」ということに
罪悪感を感じてしまい、
それが心の中で大きな痛みとなっていることがあります。

そんな痛みが心の中にある、ということはないでしょうか?


もし、その答えがYesであったなら、
もう、これ以上自分を責める必要はないですよ。

そのことで自分を責めている人ほど、
もっと自分はできたはずだ、ということを感じていると思います。

ただ、それは、助けられなかった、からダメ、
ということではないです。


その痛みは、あなたの可能性を示しています。

それは、あなたには、人を援助するための才能を
もっと伸ばすことができる、というサインです。

助けられなかった、ということばかり見つめて
自分を責めることを手放してみてください。

その代わりに、その自分の才能を発揮して、
周りにより良い影響を与えていくことができるとしたら、
どんなことをしていきたいだろう、って考えてみてください。

それが、その痛みを抜けていくための道しるべになります。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
自分の心の中で、抑圧している部分、
例えば、自分の感情や考え方で受け入れられない部分、
というのがあったとします。

自分の中では、表に出てこないように
抑圧しようとしていますが、
それは表に出てこないだけで、心の中にないわけではないので、
そこの部分が出そうになってくるときは、
出てこようとする力と同じくらいの力で
抑え込む必要が出てきます。

そのとき、表面的には、何もしていなくても、
心の中では、出てこようとする力と抑え込もうする力の
両方の力を出しているので、この葛藤の部分があるために、
何もしなくても、とても疲れることになります。

それが、普段の暮らしのなかで重荷になってくる
ケースもあります。


この抑圧した部分について、否定するのではなく、
受け入れることができるようになったとき、
葛藤を手放すことができるようになります。

抑圧している部分は、自分ではダメな部分と思っているところですが、
なんでそんな感情や考え方が出てくるのか、
ということを深く見つめて、理解をしていくと、
抑圧する必要はない、ということを知ることができます。


これは、自分では気づきにくい部分、かもしれませんが、
抑圧している部分の中には、痛みがあったり、
少し誤解があったりするだけで、
本当は自分自身や、周囲のことをとても大切に思う気持ちから
でてきていたりします。

自分の中では、とても嫌っているような部分かもしれませんが、
その本質に気付いて、理解をすることができれば、
抑圧している部分を、抑圧しなくてよくなるので、
気持ちを軽くすることができます。


もし、自分の中に、何か抑圧しているような部分があるとして、
それが普段の暮らしの中で重荷になっているような場合は、
抑圧している部分を受け入れて、葛藤を手放す、
ということを試してみてください。

それができたときに、今よりも楽な自分を手に入れることができますよ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
人の心は、意識的に自覚しているよりも、
無意識の領域の方が圧倒的に広く、
そこに眠っている力を引き出されると、
とても大きな力を発揮することができます。

無意識の領域には、たくさんの才能が眠っているのですが、
過去に受けた傷を封印していたり、
力を発揮する前に、自分で自分に制限をかけているようなところがあると、
この部分の力を引き出すことが難しくなくなってしまいます。


私の行っているカウンセリングの基本的な考え方に、
問題の裏に才能がある、というものがあります。

私は、相談に来てくれた人の話を聞く中で、
その人の抱えている問題を解決するために、
まだ無意識の中に眠っている才能があるとしたら、それはなんだろう、
と思いながら話を聞かせてもらったりしています。


その人と話していて、その部分に気付くのですが、
ただ、よくあるのは、自分にはそんな力はない、とか、
そんな素晴らしい人間ではない、という風に
その才能があるのに、自分を否定して認めないことで、
その力が発揮されないまま、封印されてしまっている、というケースです。


だから、その才能を発揮していくためには、
その封印している部分を解きほぐしていく、
ということが求められてくることがあります。

自己否定を手放したり、傷や怖れにこだわるよりも、
自分のその才能の部分を受け取っていく、ということを
選択したり、ということがそのためのきっかけとなっていくのですが、
なかなかそこに抵抗が生まれることも、多いです。


ここで鍵になってくるのは、その問題を乗り越えていく、
ということに本気になる、ということです。

例えば、特に物事に全力で打ち込んだときに、
自分が思った以上に力を発揮できたり、
成果が出たり、ということを経験されたことはないでしょうか?

これは、自分で自覚している以上の力が
自分にあるためですが、全力で本気で打ち込む、
ということで、その眠っている才能を起こすことができます。


無意識の中にあるものなので、
なかなか自分では自覚しにくい部分ではあるのですが、
そこに気付くヒントがあるとしたら、
それは、自分が体験している問題の中にヒントがあります。

才能があるからこそ、今、この問題を体験しているとしたら、
どんな才能が眠っているんだろうって、考えてみてください。

そして、何より大切なのは、その問題をクリアにする、
ということに本気で取り組む、ということです。

それが、その才能を発揮していくための、きっかけになっていきます。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
自分ではこうしたい、とか、こうするべき、と思っていても、
行動できなかったり、やる気がおきなかったり、という状況では、
心の中にある葛藤の部分、が自分の足を引っ張っている、
という見方をすることができます。

どちらかというと、自分の意識としては、
こうするべき、と思っている方が強い、かもしれません。

気合で乗り切れるときは、それでもいいと思いますし、
基本的には、それで乗り切る形がいいと思います。
ただ、どうしても、それがうまくいかないときはあります。

そういうときには、その動かない方が、どうして動かないのか、
というところに着目していくと、
状況に変化を呼び込むことができます。


これは時間に余裕があるようなときにできることですが、
その意識とは反対の方向を向いている部分が
自分にどんなメッセージを送っているのか、
耳を傾ける、ということがポイントになってきます。

もし、自分の中に、こうするべき、とは
反対の方向を向いている心があるとしたら、
それは、どうして、そうしないようにブレーキを
踏んでいるか、というのを自分自身に問いかけてみて、
直観で思いついたことに耳を傾けてみてください。

このとき、自分にそんな部分はない、という否定は
しないでください。
素直に耳を傾けることが大切になってきます。


その意識とは逆向きの方向に向いている心については、
あくまでイメージなのですが、自分の中に、
もう一人の自分がいる、というイメージを持ってみてください。

もう一人の自分との対話を通して、
今まで自分がおろそかにしている部分がなかったか、とか、
封印してきた部分がなかったか、とか、
自分で自分のことを理解するために、抜け落ちていた部分、
に注目していってください。


そこで気付けたことがあったなら、
自分がなぜ思うように行動できなかったのかを
知ることができます。

また、その内なる自分に協力を呼びかけることもできます。
自分がなぜ行動できなかったのか、
行動できたとしても、思うように力を発揮できなかったのか、
理由を知ったうえで、内なる自分の協力を得たうえで、
自分の行動を変えていくことができます。


これは、体のどこかに痛みがある場合にも使えます。
それを通して、自分が自分自身の体のことを
もっと大切にしていく、ということを学ぶこともできます。


また、今まで行き詰まりを感じていた部分についても、
これを通して、新しい気付きを得て、
行き詰まりを解消していくためのきっかけを得ることが
できることもあります。


やってみたことのない方は、一度試してみて下さい。
自分自身のことですから、何より自分のことをわかっている部分です。
そこから得られるものは、大きいと思いますよ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


2012.04.01 無意識の反応
このエントリーをはてなブックマークに追加
心には、刻まれているパターンのようなものがあり、
何かの光景を見たり、音を聞いたりなど、
何かの刺激を受けたときに、
それに紐づいて出てくる感情、というものがあります。

例えば、何の関係もない出来事から、
急に怖れの感情が出てくることになったり、
罪悪感を感じてしんどい気分になってしまったり、
といったように、それがその人にとっては、
重荷になってしまっていることもあります。

これは、無意識のうちに出てくるものですので、
自分では、どうしようもない、
という感じになりやすいのですが、
このパターンは、書き換えていくことができるものです。


ここで、その心に刻まれているパターンを形作っている、
自分の思い込み、のような部分があるとしたら、
それを手放していくことが大切になってきます。

例えば、私の場合、自分を成長させるためには、
自分のことを徹底的に責めなければならない、
と思い込んでいました。

自分を責める癖のようなものが身についていて、
何かあるごとに、それが全然自分を責めなくてもいいような状況でも、
罪悪感を感じて、暗く沈んでしまう、
ということを、いつも繰り返していたんですね。


私の場合は、その部分に関して、
罪悪感を手放す、という体験を通して、
そのパターンを手放していくことができました。

それで、とても心が軽くなった瞬間のことは、
今でもよく覚えています。


こういうときには、自分は必ずこう感じてしまう、
というものでも、心理療法によって、
書き換えていくことは可能ですので、
もし、何か思い当たることがあったとしたら、
チャレンジしてみてください。


良くないパターンを1つ手放すことができたときの、
楽になる感覚を、ぜひ、体験してもらいたい、と思っています。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。