このエントリーをはてなブックマークに追加
恋愛関係で学べることは多いですが、
学びには、苦痛を伴うことが多いです。

一人の期間が長かった人の場合、
今までは問題にはならなかったことでも、
誰かとの恋愛関係や夫婦関係を通して、
課題が浮き彫りになってくることがあります。

これは、自分が今まで後回しにしてきたことを、
相手が見せてくれたり、自分一人なら避けてこれたことを、
相手と一緒になることで、目の当たりにしなくてはならなかったり・・・
といったことがあるためですが、そういうのに薄々気づいていて、
あえて一人を選んでいる方もいらっしゃる、かもしれませんね。


ただ、課題が浮き彫りになってきたときには、
腹をくくって向き合った方がいいです。

今まで問題にならなかったようなことでも、
その人と一緒になることで問題が出てくると、
相手のせいにしたくなりますが、本当に相手のせいかどうかは、
自分の心によく問いかけてみると、そうじゃない、ということも多々あります。

自分に対して厳しすぎる人は、相手に対しても厳しくします。
そうすると、相手から反発が返ってきます。
自分の言うことが理解できない相手のせいにしたくなるかもしれません。
ただ、それって、本当に自分がしたいことでしょうか?

その逆もあります。自分に甘いところを、相手に指摘されて、
自己防衛のために、相手に怒りをぶつける、といったことです。
相手のものの見方が間違っている、という風にしたくなるかもしれません。
ただ、自分でも前々から何か自分の中に問題があるようには思っていなかったでしょうか?


あなたのパートナーは、あなたのことを見せてくれる鏡のようなものです。
そこで、相手の意見を抑え込んだり、相手に我慢をさせるようなことをしていると、
手痛いしっぺがえしが返ってきます。

相手から直接返ってくることもありますし、別の形で帰ってくることもあります。
それは、本来学ぶべきことを相手が教えてくれているのに、
学ばなかったために、別の形であなたが学べるような出来事がやってくるからです。
だいたい、最初の方で学んだ方が、苦痛を感じることも少なくて済みます。
後回しの方がきついです。


これは私も気を付けるようにしています。
妻から言われたことを、聞き流してしまうことがちょくちょくあるのですが、
後で、自分が間違っていた、、、、なんて反省することもあります。

あと妻が無理をしているサインを拾い逃さないように気を付けています。
相手が無理をして、限界を超えてしまうと、そのケアも大変ですし、
愛する人が苦しんでいるのを見るのは、誰しもそうだと思いますが、心がとても痛いです。
罪悪感が好き、なんて言う人、あんまりいないと思っています。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
人のケアが上手な人、というのは、
別にカウンセラーでなくても、いらっしゃいます。

人の話を聞いてあげたり、世話をしたり、面倒を見てあげたり、
ということが上手な感じの人、です。
そういうことが好き、という人もいらっしゃるかと思います。

ただ、自分が辛いとき、そういう方は、
いつもどうしていらっしゃるでしょうか?

悩みを聞いてあげるのが得意なぐらいだから、
私には悩みなんてありません、ってな訳ではないと思います。
別に悩みってわけではなくても、心の中に課題のようなものを
抱えていることは、ない・・・・でしょうか?


誰かに相談したり、お話することできればいいのですが、
人をフォローするのはいいけれども、
フォローされるのはちょっと、という方も、
結構いらっしゃると思っています。

となると、自己解決、でしょうか。
自分一人で自分の心のケアをやりきる。
もちろん、それでうまくいくケースもあるとは思います。

ただ、長期間、なかなか解決しないような課題、というのは、
自分一人でやるには限界があって、行き詰まりを感じているようなものも
あったりすると思っています。


例えば、カウンセラーの場合、どうなるかというと、
まあ、人に聞いてもらったり、というのもあるのですが、
自分が抱えていることに関係した相談を、逆にされてしまう、
なんてことが起こったりします。

さあ~、困りました・・・。で、どうするのかというと、
当たり前ですが、一生懸命その人の相談に乗ります。
自分の課題でもありますから、1000%くらい頑張っちゃうかもしれません。
すると、自分がその人に与えた分だけ、自分もその課題に取り組むことができ、
自分がそこから受け取ることができるのですね。


カウンセラーの話はこの辺でいいとして、
もし、あなたが、人の相談を受けることが多い、とか、得意、とか、好きだったりした場合、
自分がまさに行き詰っている課題に関して相談を受けることがあるとしたら、
それは、チャンス、です。

逃げたくなるかもしれませんし、心を閉ざしたくなるかもしれませんが、
そういうときは、ぜひ、その相談に乗ることにチャレンジしてみてください。
なぜなら、それはあなたにとっても、大きな学びの機会、となるからです。

自分がその相談してくれた人に向けて、何かアドバイスするときも、
自分の耳にも痛いようなことを言う、かもしれませんが、
これが出来た分だけ、行き詰っていた課題に関しても、自分も一歩前に進むことが出来ます。

また、こういったことは、本当に自分が辛いときにこそ、
そういう相談事がやってくる、
ということが往々にしてあります。

本当に辛い時こそ、一歩前に進む、ということが、
自分に人生を本当に豊かにしてくれます。
もし、そういう機会がおとずれたときには、ぜひ、チャレンジしてみて下さい。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


このエントリーをはてなブックマークに追加
誰でも失敗はするものですが、やっちゃったときっていうのは、
落ち込んだり、そのことを引きずったりすることもあります。

私の場合、失敗したことで、心の中で自分いじめをやっちゃうことがあります。
自分で自分にダメ出しをして、失敗した時の様子や、
言われたことや、感じたことを、何度も頭の中でリピートする感じです。

ここで求められていることは、失敗から学ぶことで、自己いじめではないです。
なので、こんなとき私は、自己いじめを手放して、
学びの方に意識をスイッチする、ということを心の中でやっていたりします。
もちろん、このことに気付いてからも、最初のうちは上手くできたわけでもなく、
心の中でそのことを引きずり倒し、ということも非常に多かったのですが・・・。


失敗したときは、罪悪感や怖れにとらわれやすいです。
そこにはまると心が凍り付いて、他のことが手につかなくなったり、
やっていても、何か心そこにあらず、という感じになっちゃったりしないでしょうか?

失敗を手放して、前に進む、と口で言うのは簡単ですが、
そこで、前に進む代わりに、心が罪悪感に縛られてしまったり、
全部投げ出してしまったり、ということの方に流されちゃうこともあると思います。

恋愛での失敗だったら、それが別れにつながったり、
友人関係だったら、連絡をとらなくなる、ということにつながったりするかもしれません。
ただ、もし、前に進むことで、そういうこととは違う選択ができるのなら、
そして、それが自分が本当に望むことが、関係性の継続、だったり、絆を深める、
ということだったとしたら、求められてくることは、失敗から学ぶこと、です。


罪悪感は心のエネルギーを奪います。
自分の良くないところばかり見ていると、それだけで心が疲れてしまいます。
罪悪感や怖れに心のエネルギーを割くのではなく、
この失敗から何を学べるのか、ということに真剣になる、という方にエネルギーを割いた方がいいです。

相手が悪いのか、自分が悪いのか、どっちのほうが特殊なのか、
ということを考えると、罠にはまります。
求められていることは、この失敗から何を学ぶか、ということです。
自分や相手や環境などなど、悪いところ探しの手を一旦止めて、
じゃあ、何を学ぼうか、ということに真剣になってみてください。


罪悪感が教えてくれているのは、あなたがここに関して真剣に取り組む必要がありますよ、
というサインだけです。そのサインが拾えたなら、もう充分です。
恐怖の罪悪感様には、お静まりになってもらいましょう。

自己否定の時間は終了、次は、学びの時間です。
自分を責めているエネルギーや、そこから逃げ出そうというエネルギーを
全部かき集めて、学び、自分が成長する、ということの方に注ぎ込んでみてください。

そして、その方が、自分が楽です。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


このエントリーをはてなブックマークに追加
男性は女性と比べると、あまり感情表現が多くありません。
それがあまりにも少なかったり、表現されたとしてもそれがわかりにくい人だと、
女性からみて、この人は、いったい何を感じているのか良くわからない・・・
という風に見えることがあります。

彼や旦那様は、感情を表現してくれる人でしょうか?
楽しんでいるのか、つまらないのか、
そもそも何を感じているのか良くわからない、といったタイプでしょうか?
それとも、その中間くらいの人、でしょうか?


感情表現をあまりしない男性と付き合う場合は、
ちょっとした変化を見てあげることが求められてきます。
その変化の中に、相手が感じている感情を推測できるような、
ちょっとしたサインのようなものが隠れていることがあります。
そこを拾うことができると、
あなたにとっても、相手にとってもコミュニケーションが楽になります。

特に、あまりあなたに依存してこないような感じの人、
何か、あなたから見て精神的にすごく自立しているなあ、
という風に見えるような人の場合、
自分の感情、とくに弱い部分を見せるようなことを、極度に避けている可能性が高いです。
その弱さの部分を、他人に知られることを怖れるあまり、
他人に感情をさらすことには全く意味がない、という風に思っていることもあります。

ただ、矛盾しているように思われるかもしれませんが、
その人にとって、その部分はさらしたくはないけれども、
わかってもらいたい部分でもあります。
ここを理解してくれることや、受けいれてくれることを、
実は、その男性は心の中で強く求めています。
(これは、その男性自身も気づいていないことがあります。)

だから、ここの部分をわかってあげる、ということは、
そういったタイプの男性と付き合う場合には、重要、だったりします。

とてもデリケートな部分ですので、
そこを批判したり、茶化すようなのは、地雷を踏むようなものですので、
基本的にNGです。優しく扱ってあげる必要があります。

ここで求められてくるのは、その相手の弱い部分を理解することですが、
その部分を扱うときも、
相手がその部分を扱っても大丈夫そうなときに限った方が良いです。
その男性にとっては、あまり触られたくない部分、だったりするからです。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


このエントリーをはてなブックマークに追加
周りから言われることが気になって仕方ない、
ということことを体験したことはあるでしょうか?

例えば、自分が自信のないような部分に関しては、
周りから見て、どう見えるのか気になるかもしれません。
周りの誰かが、その部分に関して言った、
ちょっとした一言、これは聞き逃せないですよね?

自己嫌悪している部分に関してもそうです。
地雷、というのは人によって違うと思いますが、
自己嫌悪に触れるような話題、というのは、
自分にとって、できれば触られたくない話題、でもあると同時に、
もし、誰かがそれについて何かを言ったとしたら、
それは聞き逃せない一言、になってくると思います。


罪悪感を感じているような部分に関しても、
聞き逃せない一言、というのはでてきがちです。

自分でも良くないかも・・・ってちょっと感じているようなことについて、
周りから、ダメ出しをされたとしたら・・・
物によっては、忘れられない一言、になっちゃうかもしれません。
その人のことを許せない、と思うケースもあると思います。

ただ、周囲に悪気があるか、ないかに関わらず、
自分が言われていることを気にするかどうかは、
自分の心の中で、どんな部分を意識しているのか、
ということが関係してきます。


周りから言われることを気にしすぎている部分を手放したい、
という人はいるでしょうか?
別の言い方をすると、もうちょっと鈍感になってみたい、
なんて思う人はいるでしょうか?

もし、そう思うならば、周りに意識を向ける、というより、
自分がどんなことを言われることを気にしているか、
という部分に目を向けてみてください。

触れられたくない部分や、自己否定しているような部分です。
その中で、今まで体験した中でも、自分でもここに関して言われたことで、
ちょっと心の中で引きずってしまったような部分について、
自分が否定している、自分が嫌っている、自分が低い評価をしてしまっている、
ということを気付いてください。

そして、この否定の部分を手放す、
ということを心の中で選択してみてください。
「ま、いいか」
って心の中でつぶやいてみてください。

自分を否定する部分が手放された度合いだけ、
周囲からどんなことを言われているかが気にならなくなりますし、
また、不思議なことに、周囲からそのことについてあれこれ言われる度合いも、
自分の意識と同調して少なくなっていきます。


※自分を否定することで、自分を駆り立てる方法もあるかもしれませんので、
 そのやり方が好きな人には、この「ま、いいか」って思うやり方は
 あっていないかもしれません。
 
 ただ、その場合は、どうしても、周りの雑音が気になります。
 自分で自分を否定しているので、それが周りに投影されて、
 周りも自分を否定しているように感じられるからです。
 
 その場合は、自己否定がなくなるまで、成長しきる必要があり、
 それが達成されるまでは、自己否定の声が聞こえ続ける試練の時、
 っていう風になります。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


このエントリーをはてなブックマークに追加
私は、小さい頃、周りからバカにされている、
ということに対して、すごく敏感に反応する子供でした。

家族からバカにされているかどうか、とか、
友達からバカにされているかどうか、というのを
常にチェックしていて、そのセンサーにひっかかるや否や、
怒りが爆発する、という感じです。

その反対に、自分の心の中で、周りをバカにする、ということをやっていました。
特に家族に対して、大切にされていない、と感じるときほど、
家族との間に壁を作り、相手に対して何かダメなところを探して、
そこを心の中でバカにする、という感じです。

その反対に、相手から自分のダメなところを笑われる、
もしくは、バカにされている、といったことを感じると、
普段自分が心の中でやっていることが、
自分に跳ね返ってくるので、ものすごく辛くなるんですね。

それがあまりにも辛いので、自己防衛のために、
怒りがわきあがってくる、そんな感じです。

ただ、これは、もともと自分が心の中で誰かをバカにしている、
というのがルーツにあるので、
そこを手放していくにしたがって、自分がバカにされている、
ということにとらわれなくなっていきました。


みなさんの中で、バカにされる、ということが
すごく嫌、という方はいらっしゃるでしょうか?

好きな人、もしくは、全く気にならない人、
というのはいないかもしれませんが・・・・。

ただ、周りからバカにされる、という体験を多く持つ人の場合、
心の中で誰かをバカにしている、もしくは、ダメ出しをしている、
という部分がないかチェックしてみたほうがいいです。

心の中でやっていることは、他の人からは見えなくても、
自分自身がそれで損をしている、という部分があります。
この、心の中で誰かのことをバカにする、というのもそうです。


私の場合、心の中でひっそりと、誰かのことをバカにして、
ふふふ、と楽しんでいるだけですむと思っていたら、
それが時間差で自分に全部跳ね返ってきて、ぴぎゃーってなってました。

私はそれがあまりにも辛かったので、もうやめましたが、
もし今同じことをやっている人がいるとしたら・・・・
「それだけは、やめといた方がいいよ。」、って思っています。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


このエントリーをはてなブックマークに追加
彼や彼女のことを、自分の思い通りに動かしたくなる・・・、とか、
そう思っているわけではないけれども、
相手が自分の期待通りにしてくれなかったら、許せなくて、
不満を相手にぶつけて、期待通りにしてくれるように、
たくさん言葉をぶつけてしまう・・・、ということはないでしょうか?

彼や彼女に限らず、自分にとって、友人でも、家族でも、
こういうことがあるかもしれません。

自分もやっていて、これは、面白くないと思います。
だって、相手が期待通りの行動をしてくれたとしても、
それは、私が言ったからしてくれただけだ、
となるので、やっぱり不満は残ります。

相手が悪いのでしょうか?
そういう部分もあるかもしれません。

ただ、自分が相手をコントロールして、
相手がしぶしぶそれに従ったとしても、
それは、本当に欲しかった結果、にはなっていないです。

本当に欲しいのは、相手が自分のことを理解してくれる、
ということであったり、愛してくれる、ということだとしたら、
それは、相手をコントロールすることからは、得られないからです。

仮にそうしてくれたとしても、自分が受け取れないです。
「私が言わないと、どうせ・・・・」って、
心の片隅で思っている分だけ、受け取れなくなります。


相手をコントロールして、自分の操り人形にしても、
愛される、という感覚は薄くなります。
また、相手の魅力も半減します。

そして、それは相手のせいもあるかもしれませんが、
自分がやっていること、にも要因があります。

自分が相手をコントロールしようとすると、
その結果になる、からです。


相手からの愛情をもっと受け取るためには、
コントロールを手放すことが求められてきます。

怖いかもしれません。コントロールを手放したら、
相手が離れていく、と思うかもしれません。

ただ、相手のことを考えてほしいのですが、
相手から見て、自分をコントロールしようとしてくる人、というのは、
魅力的に見えるでしょうか?
その答えがNOなら、コントロールを手放した方が、良いです。

相手をコントロールを使って、かごの中に閉じ込めている状態だとしたら・・・。
本当に欲しいのは、かごの中から出してあげても、
自分のところに戻ってくる、ということだとしたら・・・、
求められているのは、かごを開ける、ということです。


期待通りにしてくれない相手に対して、
許せなくて、期待通りにしてくれるようにネガティブな感情をぶつける、
というのは、習慣化してしまっていることもありますので、
手放すのにすごく抵抗感が出てくることもあります。

ただ、そこを手放すことができて、それでも彼や彼女が
自分のことを愛してくれる、ということを受け取れたとき、
今よりも何倍も、相手からの愛情を感じることができるようになります。

それが本当に欲しいものなら、ぜひ、挑戦してくださいませ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚してから、私の性格は妻に似てきて、妻の性格は私に似てきています。
考え方、雰囲気、言葉づかい、習慣、などなど。
お互いに、お互いの、これいいな、と思ったところを
取り入れていくと、似てくるみたいです。

話していて、自分がいいそうなことを、妻から言われたり、
妻が言いそうなことを、自分の方から言ったり、ということも
ちょくちょくあります。
なので、昔よりも、さらに波長が合うような感じです。

とくに間の取り方や、何かするときのペース、というのが似てきました。
つきあって間もないときは、それがかみ合わなくて、
お互いにつかれた、ということもありましたが、
ペースを合わせる、ということを繰り返していく中で、
段々そこが楽になっていったことを覚えています。


恋愛関係や、夫婦関係では、
ペースを合わせる、という部分がとても大切です。

私も体験したことですが、一緒に何かをするときに、
相手のペースを考えずに、自分がやりたいペースを押し付けると、
結果的に、お互いに面白くなくなります。

反対に、相手側に完全に合わせる、というのも、
たまにはいいですが、いつもそれだと、
なにか犠牲的だったり、自分を押し殺す感じになるので、
結果的に、お互いに面白くなくなります。

相手のペースと自分のペースがちょうどよくあうポイントで
過ごした方が、一緒にいる時間が楽しくなり、
その関係の中で受け取れるものが大きくなります。


もし、私と妻の間に、このペースを合わせる、という部分がなかったら、
なにか、殺伐とした家族、冷え切った家族、になっていたかもしれません。

みなさんはどうでしょうか?
大切な人との関係性の中で、お互いにペースを合わせる、
という部分が少なくなってきたとしたら、
どんな感じになるでしょうか?


自分本位も、犠牲的になるのも、良くないです。
お互いにペースを合わせて、一緒に楽しめる空間を作っていく、
ということが、その絆を強めるものになっていきます。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


このエントリーをはてなブックマークに追加
何かに怒りを感じているときに、
それをどこかにぶつけたり、忍耐したりする以外に、
その怒りを創造的なことや、生産的なことに使う、
という選択があります。

自分の怒りの中にある、今の状態に満足していないような、
変化を望んでいるような心の部分に注目して、
怒りを変化を自ら起す原動力に使う、という選択です。

怒りを感じているときの自分の中にあるエネルギーと、
意欲にあふれて何かをしようとしているときの情熱的な
エネルギーはとても似ています。

完全に同じではないかもしれませんが、
「なんだあいつは!」というときと、
「よし、やったるぞ!」というときとで、
自分が内側で感じている強いパワーは、なんだか似ているとは思いませんか?

怒りを情熱や意欲にシフトする、という選択です。

ただ、このためには、自分がどうしたいのか、という部分が求められてきます。
自分が本来やりたいこと、というのがあったとしても、
その目的に沿って力を使いたい、という想いがぶれていると、
力をシフトしようとしても、どうしても、怒りに身を任せたい、
という衝動に流されてしまいます。

怒りを感じているとき、それに身を任せるのではなく、
自分の本来の目的の部分を思い起こす、ということができれば、
そのエネルギーを、情熱や意欲にシフトしよう、
という選択ができるようになります。

怒りを感じている場面によっては、その怒りを表現することが、
その目的に沿っているケースもあったりします。
その場合も、ただ、怒るのではなく、目的に沿った形で表現する、
ということになり、もちろん、その意識でやった方が物事はうまくいきます。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える