このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
1日単位で考えると、1日=24時間ですが、
1日が25時間あったらいいのに、と考えたことはあるでしょうか?

私はあります。25時間どころか、それでも足りないので、
それ以上になればいいのに、って思っていました。

1日=24時間は、ただ単純に日という単位を時という単位に変換しているだけなので、
ここを変えることはあまり意味がないのですが、
私は時間が足りないって思っているので、
そんな原則を捻じ曲げたくなったりしました。


時間が足りないと感じたなら、時間の使い方を変えるときです。

1日で考えると、その24時間の中で、
やらないといけないと思っていること+やりたいと思っていること+休息、
を全部足した時に、24時間でおさまるなら、1日=24時間に対して、自分がOKを出せます。
24時間で足りない、ということは、おさまっていないわけです。

ここで、やらないといけないと思っていることを減らすなり、
やりたいと思っていることを選別できるなり、休息の時間を取りすぎていないか見直してみたり、
ということをする代わりに、僕たちは、24時間という原則の方が、変わればいいのに、
というファンタジーに逃げるわけです・・・って私のことですが。

同じように感じたことがある人はいらっしゃるでしょうか?


ただ、いざ、自分の時間の使い方を見直そうとしてみると、
やらないといけないと思っていることを減らせない、
やりたいと思っていることを選別せざるを得ないが、そう考えると時間が足りないとしか思えない、
休息時間は今でも減らしているのに、これ以上減らすのは無茶としか思えない、
やっぱり24時間じゃ足りない、ってなった人もいるかもしれませんが、
もし、そういう人がいたとしたら、私はこう思います。

「そうそう、そうなんだよ。そっちは変えれないんだよね~。」
ただ、ここに条件がつきます。「今の自分を変えない限りは。」


時間不足を感じているときは、自分の中で、何かを手放すことが求められています。
その時間不足の現実を作り上げている、自分の思考が必ずあります。
それに気づいて手放すことができると、時間不足の状況が変容します。

少なくとも、時間は足りないもの、という思考があります。
そう考えれば考えるほど、時間が足りない現実がやってきます。私はそうでした。

自分に時間は必要なだけ与えられており、なお、少しの余裕がある、
ということを信頼して、その考えを強めれば強めるほど、
時間が十分に足りる、という現実がやってきます。

ただ、その前に一番大切なのは、時間不足を作り上げている自分の思考を見つけることです。
時間不足を作り上げている自分の思考はとても強力です。
それを手放すことなしに、「自分に時間は必要なだけ与えられている」ということを
無理やり思おうとしても、やっぱり時間が足りない、という現実がおとずれます。


やらなければならないことを減らす、と考えたときに、減らせない、と考えた理由は何でしょうか?

仕事にかかっている時間を減らすのは無理、今の現状では、と思う人がいるかもしれません。
だったとしたら、その思考はとても強力です。
現実無理、というより、自分が何より無理だ、ということを強く思考している、のだとしたら、
それはなぜでしょうか?

自分の本来やりたいことをストップしているこれらの思考は、とても強力です。
それと向かい合うのは、人によっては、とても辛さを感じると思います。
ただ、それを環境のせいにするのではなく、自分がその現実を作り上げている、ということに
向かい合わない限り、状況は変容しないです。

やりたいことがありすぎて、選別なんでできない、減らせない、と思う人がいるかもしれません。
それも同じです。それを作り上げているのは、環境のせい、というより、自分の思考です。
なぜそう思うのでしょうか?
掘り下げていくのは辛い作業ですが、そこを向き合わない限り、状況は変容しないです。


時間感覚は、人によって異なります。1時間の長さは全人類共通かもしれませんが、
そこで出来ること、感じることには大きな差があります。

時間とは何か?
時間に何を感じるか?
時間がどうなったらよいと思っているか?
それに対して自分がしている思考が、自分の体験する時間にまつわる現実を作り出していきます。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
自分が本当にほしいものを受け取る、というためには、
一番、ポイントとなってくるのは、その欲しいものを受け取れる状態に、
自分がなっている、ということです。

自分が信じていることが、自分が体験することに反映されますが、
自分が信じているとおりになったら、自分が欲しいものを受け取れるのが自然、
と感じれるなら、結果を出すスピードはあがります。

自分が望んでいる結果が、無理だと思っていたのに、
諦めかけていたのに、やっとやってくる、という感じで望みを達成するのもいいですが、
どちらかというと、できると思っていること、いつか達成できると思っていることが、
自分の信じたとおりに達成できる、という感じの方が、望みは達成できます。

ただ、自分が達成したい結果に執着しすぎるのも、あまり良くないです。
執着している、ということは、自分には不足しているものがあって、
それが手に入らないことを怖れている、という部分が自分の内側にあることを示していて、
その怖れは、結局、自分にはその結果が手に入らない、ということを信じる力を持つので、
手に入れたいけど、手に入らない、という結果を引き寄せる要因になるからです。


実際、執着を手放したとたんに、欲しいものが転がり込んできた、
という体験をしたことのある人は多いのではないでしょうか?
私自身もそうですし、周りでもそういう話を聞きます。

こちらから見ていて、その執着は手放した方が、結果は出やすいのに・・・・、
と思っていたら、長い間執着していたことが、ふっと抜けたときに、
徐々に物事が動き始めて、結果的に欲しいものを手に入れた、ということがありました。

望んでいる意識と、執着を手放す意識、
これは一見、相反するようですが、執着を手放すときに、手放しはするけれども、
もう、いらない!、という拒絶の態度をとらない、ということや、
これまでの取り組みは継続する、といったことを、その人はやっていました。

その人が、執着を手放すことになったのは、執着し続けることがしんどくなったからです。

執着していた時は、その望みを達成しなかったら、周囲からあんな風に思われる、とか、
自分はXXとして劣っている、といったことをよく口にしていました。
そんなこと、考えれば考えるほど、結果は出にくくなるし、
むしろ、そういう扱いを周囲にうける、という結果を引き寄せてしまいます。

自分が信じていることが、結果として出てくる、という法則に照らし合わせると、
「自分はXXとして劣っている。」ということを信じているので、
その通りになっていきます。その信じていることが一番わかりやすい結果として出るのは、
その人の望みが現実化しない、ということです。

これって、なんだか変、ですよね。
望みを現実化したいために、あれこれ頑張っているのに、
結果が遠ざかる訳です。
実際、全然、結果が出ませんでした。

執着を手放して、あんまりそういうことを口にしなくなったなあ、と思っていたら、
徐々に歯車が回りだして、最終的に結果が出ていました。


望みを達成することにつながることで、継続的に何かをする、ということも、大切です。
頑張って何かをする、というより、それが習慣になってしまっている、
やることが当たり前になっている、というくらいの意識の方がいいです。
それは、自分の中で、望みが達成されることが、当たり前になる意識を強化することになりますし、
望みの達成には、思考だけではなく、こういった行動も求められることが多いからです。

人生のパートナーが欲しい、という人であれば、
白馬の王子様が自分の前にいつかあらわれる、という思考をするよりも、
パートナーと出会うための行動をとった方がいいですし、
その結果、自分は人生のパートナーと出会って、結ばれる、という
自分がより現実的に結果を手に入れられる、という思考にスイッチした方が、
望みを現実化しやすいです。


その人の考えていることの積み重ねが、体験する現実を作っていきます。
大切なのは、自分が何を信じているか、ということですが、
執着すると、その裏に結果が出ないことを怖れる気持ち、が生み出されてしまいますので、
執着していることに気付いた時は、手放す、ということを意識してみてくださいませ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


2015.01.13 嫉妬の目的
このエントリーをはてなブックマークに追加
嫉妬、というのはしんどい感情です。
他の人は、自分が欲しいものを手に入れているのに、
自分には手に入らない。うらやましいし、妬ましい。
私もこの感情は感じますが、あんまりいいものではないです。

自分の中にある嫉妬の気持ちとじっくり向かい合って、
掘り下げていくと、その嫉妬を作り出している
自分の思考が見えてきます。

私の場合、その嫉妬のネタによって、様々なものが出てきますが、
とても自分勝手な考え方、が出てきたこともあります。
それに気づいたなら、その考え方を手放して、
その代わりに、自分の欲しいものが手に入る、そうったものが近づいてくる、
という考え方を選択する、ということをしていっています。


大切なのは、その嫉妬が幻想であり、
本当は、自分はほしいものを手に入れることができる、
という方が真実である、ということを選択することです。

嫉妬が生まれているのは、その自分が欲しいものを手に入れていないのは、
XXXXという考え方があるから、もしくは、
XXXXということを信じているから、ということに気付くためです。
嫉妬はあなたにそれを教えてくれている、伝えようとしている、
という風に考えてみてください。
気付いたら、嫉妬はその役目を終えますから、消えていきます。


嫉妬を解消していくことが、その人にとって試練になるようなこともあります。
これは、その考え方や信じていること、それがその人にとって、
とても根深いもので、手放すことがとっても大変だから、だったりもします。
色んなケースがありますが、一番大切なことは、その嫉妬は手放すことができ、
自分はほしいものを手に入れることができる、ということです。


嫉妬があって苦しんでいるとき、
その嫉妬を作り出しているのは自分ではなく誰それ、と考え出すと、嫉妬は続きます。
なぜなら、嫉妬の目的は、あなたに、
その嫉妬を作り出しているのは、自分の中にあるXXXの部分だ、と気付かせることだからです。

嫉妬があるとき、自分の内側にある、
その嫉妬を作り出している考え方を探してみてください。

そして見つけたら、その嫉妬を手放すチャンスです。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


このエントリーをはてなブックマークに追加
自分が普段考えていることや、普段しているものの見方、
というのと、自分が見聞きすることや、体験することは、
密接に結びついています。

恋人がいない、収入が少ない、忙しすぎて時間がない、
といった不満に関することから、
誰かと一緒にいてとても楽しい、仕事が面白い、
といった幸福感に関することまで、
自分の中にある、ものの見方や、ものの考え方、が作り出しています。


自分が信じている通りに、周りは動きます。
別の言い方をすると、そういう風にしか見えないです。

自分が信じていないような物事は、気付かなかったり、
見えなかったり、もっというと、そういうこと自体が
自分におとずれなかったりします。


良くある話だとは思いますが、私は自分が異性にとって、
まったく魅力的ではない、ということを信じていました。
そして、恋人がいない、ということを圧倒的に体験していました。

仮に自分に興味をもつ異性がいたとしても、
自分が彼女を異性として魅力的には見えない、
ということも合わせて体験していました。

ただ、それでも、結婚して、家庭を築いて、といったことを
とってもしたかったので、この自分の頑なな部分、
「自分は異性にとって魅力的ではない」というのを解除していき、
今は、愛する人と結婚して、暖かい家庭を気付いていますが、
これは、正直、苦労しました。長い間、自分と戦っていたようなものです。
それだけ、自分の否定的な思い込みが強かったのですね。


自分の体験していることが、自分の望みではない、としたら、
その望んでいない現実を変えるために、行動を変えるのも必要ですが、
それと合わせて、自分のものの見方や、自分の考え方、自分が信じていることも
変えることが求められてきます。

行動が変われば、現実も変わる、だけではないです。思考も変えてください。
行動を変えて現実が変わった後、思考を変えていなければ、
現実が元の状態に戻ろうとします。
それってイヤですよね?

例えば、婚活はしているけど、心の中で、どうせ私はXXXXX、とか考えていると、
婚活はしているけどXXXXX、な自分が手に入ります。
それってイヤですよね?
それが嫌なら、XXXXXを、自分が望まない内容から、自分が望んでいる内容に
変更することが求められてきます。


今、自分が体験していることで、何か気に入らないことがあるとしたら、
自分の心の中にある、ものの見方や、考え方、信じていることで、
何かしら、その体験を作り出しているものがあります。

それに気づいて、その心の中にある言葉を削除してください。

その代わり、自分の望んでいる体験を作り出す言葉、
ものの考え方、ものの見方、を選択してください。
考えているだけではなく、行動も連動する必要があります。
行動と連動させることで、その考えていることを強化することができますので。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


このエントリーをはてなブックマークに追加
カウンセリングを受けるなり、本を読むなり、
人から影響を受けるなりして、今までの自分より一歩前に進んで
成長していこう、とか、何らかの自分の課題と取り組んでいこう、
としたときに、自分はせっかく前に進もうとしているのに、
周りから足を引っ張られるような体験をすることがあります。

カウンセリングを受けたことがある人でも、
そういう経験をしたことがある人はいないでしょうか?
これは、実際、けっこうあると思っています。

何が起こっているのかというと、
意識の上では、成長していくほうに気持ちが完全にスイッチしていたとしても、
自分の内側では、まだ、過去の習慣だったり、昔の考え方、ものの見方が
残っている部分があって、それが周囲に映し出されている、
という状態になってるんですね。
自分自身が完全に変わった、というより、まだ、成長していく途中段階、
という感じだからです。

ところが、ここで周囲から足を引っ張られていることで、
変化することを止めてしまわれるケースがあります。
これは、とてももったいないです。

自分が変化するとき、というのは、よし!やっていこう、とか、
勢いがあったりするものかもしれません。

ただ、それが動き始めるのは、自分の意識の一部からであって、
まだまだ、心の中にある、変化を望んでいない気持ちや、
変化を怖れている気持ちとの間に実は葛藤が残っていたりします。
といっても、これはそれほど悪いことではないです。

変化のプロセスの中で、怖れは手放していけばいいですし、
葛藤している部分も心の中で統合していけばいいです。
それも含めて、成長、です。
周囲で起こっている何かしらの反発も、自分が成長していくプロセスの中で
対処していけばいいこと、であって、自分が成長しない理由にする必要はないです。

でも、ここでやめちゃいたくなる衝動がでてくるんですね。
過去の自分に戻りたい気持ちがでてきます。
ここが勝負どころです。

周囲からの反発がでてきたときは、それは、自分の意識できていないところで、
自分の心の中の変化を怖れている部分や、変化に抵抗している部分が
映し出されている、と考えてみてください。
そのことで自分を責める必要はないです。
あ、まだ、成長の途中段階なんだな、という程度の気付きでOKです。

ここで周囲を責めることにエネルギーを使うと、
せっかくの成長のプロセスが停滞し始めます。
きにせず、構わず、どんどん成長していってください。

周囲の抵抗が現実的になんらかの自分の成長の障害になる場合は、
その周囲から距離を取るなど、障害をクリアするための対処が必要になることも
ありますが、それも含めて成長のプロセスです。

そこで成長を止める、という選択ではなく、成長を続ける、という選択をし続けるということが、
今の自分に求められていることです。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。