2015.03.31 永遠の愛
このエントリーをはてなブックマークに追加
私は、愛、とは行動だと思っています。

愛したい気持ち、愛しい気持ち、というより、
愛する、大切にする、という
自分の意思で行う、心の動きだと思っています。


結婚式の誓いの言葉を聞いたことがあるでしょうか?
「・・・死が二人を分かつまで、愛を誓い、
 夫(妻)を想い、夫(妻)のみに添うことを、
 神聖なる婚姻の契約のもとに、誓いますか?」

永遠の愛、というのが、死ぬまで愛する、
ということだとしたら、
それは、その人が死ぬまで相手を愛する、
という意思を保ち続ける、ということだと思います。

年がら年中、その人のことを考える、というより、
心の姿勢として、その人のことを大切にする、
ということだと思います。

もし、愛、というのが、「恋愛感情を持つ」ということであれば、
永遠の愛、というのは、ちょっと非現実的、だと私は思っています。
なぜなら、人の気持ちというのは、冷めたり、燃えたりして、
絶えず変動しているからです。

それでも、もし、それが結婚式の誓いの言葉のような意味合いであれば、
そういう風にして相手を愛しているご夫婦、というのは、
現実的にいらっしゃると思います。

もちろん私もそうです。妻を愛しています。


そしてこの、愛する、という意識、愛そう、という気持ちは、
自分にとって大切な人との間に壁を感じたときに、
とても大切だと思います。

人間関係にはいろんな問題がおきます。
ケンカしたり、相手の考えていることがわからなくなったり、
疑ったり、いろんなことが起きます。

そんなときに、相手のことを愛する、という気持ちが
何より、その問題を乗り越えるためには、大切だと思います。


その繰り返しが、永遠の愛に繋がっていく、
私はそんな風に思っています。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
恋愛の中で、嫉妬を感じるような状況の時、不安を感じたり、
または、自分と誰かを比較して、胸が苦しくなるようなことはないでしょうか?

相手からの愛情が手にはいらなかったらどうしよう、とか、
誰かに奪われてしったらどうしよう、という風に未来を考えたら、不安が生まれてきますし、
その愛情が自分には手に入らないかもしれないのに、他の誰かに取られるかもしれない、
と思うと、自分とその相手を比較する感じにもなります。

嫉妬には、こういった不安や比較が必ず出てきますが、
その不安や比較を手放していくためのエクササイズを以下に書きました。

今、それに苦しんでいて、ここから抜け出すためにも、
そのエクササイズにトライしてみたい、という方は、ぜひ、やってみてください。

───────────────────────────────────────────

・不安を手放すエクササイズ
 ①どんな不安があるかを理解する
  自分が感じている不安には、どんなものがあるでしょうか?
  それを何かにメモして下さい。
  メモをするのは、紙でも、携帯やスマホでも、パソコンでも、
  後で自分が読み返せる状態なら、なんでもOKです。

 ②自分の中にある、どんな思考が不安を作り出しているかに気付く
  自分がメモしたその不安の内容を見て、
  自分の中にある、どんな考え方やものの見方がその不安を作り出しているか、について、
  ゆっくり時間をとって、自分の中を見つめてみてください。
  
  このとき、自分を見つめるときのコツが1つあります。
  それは、他人を見て、○○だなあ、と思ったことは、
  自分がやっていること、ということです。
  
  例えば、彼を見て、私を不安にさせるのは、彼だ、と考えているとします。
  そしたら、ちょっと掘り下げて、具体的に、彼が○○をするから、私は不安になるのだ、
  と考えている、というところまで掘り下げてみてください。
  
  ○○をしているのは彼ではなく、私、だとしたら、
  私は誰に○○をしているだろうか?って考えてみてください。
  そして、なぜ私は○○をするのでしょうか?それも考えてみてください。
  
  あなたが○○をする理由、その思考が、あなたの不安を作っている思考です。
  
  
  ピンとこないかもしれませんので、これは、あなたの話、ではないのですが、
  一例として、こんな感じになる、というのを書いてみます。
  
  まず、Aさんという女性がいて、彼が私から離れていくのではないか、
  という不安を抱えているとします。
  Aさんが不安を抱えているのは、精神的に辛い状況に追い込まれると、
  彼はそれに立ち向かうというより、逃げる、というところがあるからです。
  今、Aさんと彼との間は、ちょっとしたことがきっかけて、言い合いになり、
  お互いに殻に閉じこもっている感じになっているとします。
  そこで、彼の背後にほかの女性の影がちらほら見えて、
  Aさんが嫉妬と不安でいっぱいいっぱいになっている、と想像してください。
  
  先ほどの話で、彼が○○をするから、私は不安になるのだ、というところまで掘り下げる、
  という話をしましたが、この○○のところに、Aさんは、「逃避」を入れたとします。
  彼が「逃避」をしようとするから、私は不安になるんだ、とAさんが考えた、ということです。
  
  ここで「逃避」をしているのは彼ではなく、Aさん、だとしたら、
  Aさんは誰から「逃避」しているのでしょうか?
  そして、なぜ、Aさんは「逃避」しているのでしょうか?
  それに対してAさんが出した答えが、こうだったとします。
  
  「私は、今、精神的に辛い状況に追い込まれているので、彼から逃げている。」
  
  この気付きがAさんにとって、非常に価値がある、というのは、
  なんとなくわかってもらえますでしょうか?
  
  Aさんにとって、この気付きは、非常に受け入れるのに勇気がいるものです。
  彼が逃げている、と責めている人が、実は逃げているのは自分だ、ということを受け入れるのは、
  非常に抵抗が強く出るものですし、私は精一杯やっているって、言い訳をしたくなるものです。
  ただ、自分のことは、自分が一番よくわかっています。
  この隠れている自分の思考「精神的に辛いので、今は彼から逃げていよう」に気付くことができると、
  Aさんは、不安に押しつぶされる代わりに、
  「彼から逃げない」という選択をすることができるようになります。
  
  
  Aさんの例はあなたに当てはまるものではないかもしれませんが、
  大切なのは、その不安を作り出している思考は、自分の中にある、ということです。
  そして、それに気付くということは、あなたにとって、非常に価値があります。

 ③不安を作り出している思考を手放す
  自分が気付いた思考について、「今、私はこの思考を手放します。」
  と心の中で宣言してください。
  そして、その代わりに、それよりも良い思考を自分なりに考えて、
  それを選択する、ということを心の中で宣言してください。
  
  これで不安を手放すエクササイズは終了です。


・比較を手放すエクササイズ
 ①どんな比較があるかを理解する
  自分が感じている比較には、どんなものがあるでしょうか?
  それを何かにメモして下さい。
  メモをするのは、紙でも、携帯やスマホでも、パソコンでも、
  後で自分が読み返せる状態なら、なんでもOKです。

 ②自分の中にある、比較のもととなる判断基準を洗い出す
  自分がメモしたその比較の内容を見て、
  自分の中にある、どんな考え方やものの見方がその比較を作り出しているか、について、
  ゆっくり時間をとって、自分の中を見つめてみてください。
  
  比較がある、ということは、自分の中で、人について良し悪しの判断をしている、
  ということので、どういう判断基準があるのか、というのは、
  自分でもはっきりと自覚していると思いますが、それを洗い出して、メモしてください。
 
 ③比較を作り出している思考を手放す
  メモした判断基準を手放すことが出来れば、比較も手放せます。
  「今、私はこの判断基準を手放します。」
  と心の中で宣言してください。
  そして、その代わりに、それよりも良い思考を自分なりに考えて、
  その判断基準を手放す代わりに、この思考を選択する、ということを心の中で宣言してください。
  
  これで比較を手放すエクササイズは終了です。

※やってみてどうだったか、ということを、コメントに書いてもらえると幸いです。

───────────────────────────────────────────

不安の方は、②③が難しく、比較の方は、③が難しい、かもしれません。

どちらもエクササイズの最中に、自分の中で抵抗感が出てくるかもしれませんが、
その抵抗を抜けれた分だけ、不安や比較を手放すことができ、
楽さを受け取ることができるようになります。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法
結婚してから後悔しない / 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしいときの乗り越え方
イライラしたときの対処法
好きな人ができたときに知っておいてほしいこと
嫌いな人の対処の仕方
好きな人を忘れる方法
わがままな人に振り回される心理


このエントリーをはてなブックマークに追加
彼や彼女との間が、ちょっと上手くいっていないようなときに、
何かちょっとしたきっかけで、相手を疑ってしまうような気持ちが出てきたり、
やっぱり相手のことを信じたい、という気持ちもその反対にあったりで、
心の中に葛藤を抱えているような状態になると、
相手との関係がよけいにギクシャクしてしまうものかもしれません。

特に心の中に嫉妬があるような状況だと、
この相手を信じたいけれども、疑いの気持ちもある、という葛藤は
生まれやすいです。

葛藤があるとき、重要なのは、その2つに割れたハートを1つに統合して、
信頼する、ということです。

そのためのエクササイズを以下に書きました。

今、相手との関係に信頼を呼び込んで、状況を改善したいと思う方は、
ぜひ、このエクササイズにトライしてみてください。

───────────────────────────────────────────

①2つに割れたハートをイメージする
エクササイズの内容をさらっと読んでみて、一通りのことができる、
誰にも邪魔されない時間を用意してください。

用意が出来たら、まず、落ち着いて深呼吸して、リラックスして下さい。

そして、目を閉じて、相手を信じたい自分と、疑いの気持ちがある自分の両方が、
自分の心の中にいる、ということをイメージしてください。

相手を信じたい自分はどんな表情をしているでしょうか?
疑いの気持ちがある自分は、どんな表情をしているでしょうか?
それぞれの自分は、イメージの中で、どんな姿をしているでしょうか?

充分にイメージが出来たと感じたら、
右手を右膝の上に、左手を左膝の上において下さい。
そして、両手をひっくり返してください。
手の甲が下で、手の裏側が上を向いている状態です。

そして、右手の上に、相手を信じたい自分がいる、というイメージを持ってください。
左手の上に、疑いの気持ちがある自分がいる、というイメージを持ってください。

両手に、自分の中にいる2つのハートの部分をイメージできたら、
次に進みます。


②2つに割れたハートを統合する
右手に、相手を信じたい自分を、
左手に、疑いのある自分をイメージしたまま、
両手を、前の前で合わせてください。

そして、両手を合わせたときに感じる、手の温かみを感じてみてください。

両手を合わせたまま、2つに割れたハートが、
1つになっているのをイメージしてください。
そして、そのハートが1つになったことで生まれる温かみを感じてみてください。

どんな感覚がするでしょうか?

疑いの気持ちのある自分は、慎重になっている自分です。
もう傷つかなくて済むように、一生懸命になっている自分です。
相手を疑いたいわけではなく、安心した状態を受け取ってから、
相手を愛したい、というハートです。
つまり、このハートの目的は、相手を愛する、ということです。

相手を信じたい自分は、自分の中にある、素直に相手を好きだと思っている自分です。
自分の中にある問題を乗り越えるために、一生懸命になっている自分です。
このハートの目的も、相手を愛する、ということです。

2つのハートが1つのハートになっている状態をイメージして下さい。
その統合されたハートの目的も、相手を愛すること、です。
統合されたハートから、相手への愛があふれ出ていくことをイメージしてください。

次に、あなたが愛する人と、自分自身の2人が一緒にいるところをイメージしてください。
そして、その2人、あなたの統合されたハートからあふれ出た愛が、
シャワーのように降り注ぐところをイメージしてください。

その分断されたハートは、統合されることで、誰かを愛する、
ということに集中して、力を発揮されるようになります。
そのパワーを感じてみてください。

そして、心の中で、こう宣言してください。
「私は、2つのハートを統合し、相手と自分自身を愛することを選択します。」

宣言した時に、どんな感じがするでしょうか?

そのハートが統合された状態が、あなたの本来のハートの状態です。
たくさんの出来事があって、分断されかもしれませんが、
もう一度、その本来のあなたに戻った感覚を、今、味わってみてください。

これでエクササイズは終了です。

※やってみてどうだったか、ということを、コメントに書いてもらえると幸いです。

───────────────────────────────────────────

このエクササイズの本質は、思い出す、ということです。

2つにハートが分断された状態が、本来の状態ではなく、
統合された状態が、本来の状態であり、それを思い出すための、
きっかけづくりをするのが、このエクササイズの目的です。

ハートを統合して、本来の自分を思い出すことで、
自分のハートの中に、信頼の力が発揮され、
嫉妬を乗り越えていくことが出来ます。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法
結婚してから後悔しない / 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしいときの乗り越え方
イライラしたときの対処法
好きな人ができたときに知っておいてほしいこと
嫌いな人の対処の仕方
好きな人を忘れる方法
わがままな人に振り回される心理


このエントリーをはてなブックマークに追加
恋愛関係の中で、彼氏であればこうするべき、とか、
彼女であればこうするべき、
という役割が生まれてくることがあります。

そうしてもらえたときに嬉しい、と感じるのではなく、
やってもらって当たり前、という部分です。
自分自身も、相手に対して、愛しているから、というより、
義務感でやってしまっているような部分です。

自分の中に、すでに恋愛をするときのパターンがあって、
その中に、この役割の部分が組み込まれてしまっているケースでは、
付き合ってからわりと早い段階で、
この役割にはまっているような感覚が訪れることもあります。

この部分が大きくなってくると、恋愛関係の中で、
自然に愛し愛されるところから、豊かなものを受け取っていく、
という感じではなくなっていきます。

この感覚が出てきたときに、やることはとてもシンプルです。
それは、役割を手放す、ということです。


その役割が生まれた部分を見つめていったときに、
そこには、傷つきたくない自分がいる、ということに
気付くことができるかどうか、というのが、一つの鍵になります。

本当は、役割があるから愛する、とか、愛される、ではなく、
何もなくても愛されたり、愛する、というものがあったときに、
自分の心が満たされる、のですが、
役割があると、やってもらっても、やってあげても、
空虚な感じになってしまいます。

愛されていない、という部分から傷が生まれた分、
そういうことがないように生まれた役割の部分です。
ただ、それが多すぎると、愛されている、という部分が
受け取れなくなってしまいます。


役割を手放す、というときに、
この防衛の部分を一緒に手放してください。
傷つかないようにお互いをルールや役割で縛る、
という部分をどんどん手放してみてください。

役割やルールがなくなった時に、
相手が何もしてくれなくなるのではないか、とか、
そういう部分なしに、どうしたらいいのかわからない、とか、
そういう抵抗の部分が出てくることがあります。

それも、傷つきたくない、という気持ちから出てくる、
自己防衛の部分です。
その感覚が出てきても、否定せずに、自分が今傷つきたくないんだなあ、
ということを認めた上で、防衛を手放す、という選択をしてみてください。


役割やルールを手放せた分だけ、
恋愛関係に生き生きとした感覚と、
愛情を与え受け取れる流れが生まれていきます。

ぜひ、それを体験してみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


このエントリーをはてなブックマークに追加
自分の中で傷ついている部分は、人の痛みを理解したり
共感したりすることができることから、
優しさが生まれてくる部分でもありますが、
そのためには、傷の部分に対して、
受け入れていく、ということが求められてきます。

その傷を見ないようにしたり、封印したりすることで、
傷に抵抗することはできるかもしれません。

ただ、そうすると、その痛みの部分がなかなか癒されなかったり、
本当は傷を受け入れていくことで、
もっと心をオープンにしていける部分がでてくるのに、
それを制限されてしまう形になってしまいます。


傷を受け入れていく、ということは、
その痛みの中に入っていく、ということですので、
そこには怖れを感じることがあるかもしれません。

ただ、傷の中にある痛みを感じていくと、
その痛みは、際限なく続くものではなく、
通り抜けていくことで、その痛みの下にある、
自分自身の優しさや愛情深い部分に触れることができるということに
気付くことができます。


あと、その傷に執着している部分があると、
優しさというより、被害者の意識の部分だったり、
心の中でそれを使って誰かを攻撃していたりする部分が
出てくることがあります。

このときは、その傷の中にある、執着している部分を
手放していくことが大切になっていきます。


自分の中に傷があるときには、その痛みに抵抗せず、
傷の中に入って癒していくことで、
その部分を優しさに変えていく、ということに
チャレンジしてみてください。

そうなったときに、ただ傷ついた、ということではなく、
その痛みから、新たな学びを得て、
今よりもステップアップした自分になることができます。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


このエントリーをはてなブックマークに追加
恋愛関係の中で、相手に対して失望する部分が出てくることがあります。
これは、誰しもしたくないもの、かもしれませんが、
そこから自分自身が学べることがあります。

失望の中には、言葉にはしていなかったとしても、
相手に対して期待していた部分や、隠れた依存の部分があった、
ということに気付くことができます。

失望があったときに、鍵になってくるのは、その気付き、の部分です。


恋愛関係では、相手に対して期待や依存の部分が出てきます。

相手からもっと、大切にされたい、とか、
言わなくてもわかってほしい、とか、
関係が深まってくれば、深まってくるほど、
そういう部分が色々と出てきます。

恋愛関係の中で、自分が決めているルールの部分があったときに、
相手がそのルールを破ってくる、という体験をすることもあります。
ここで、相手がそのルールをわかってくれているはず、
という期待の部分があったときに、失望、がでてくるかもしれません。


ただ、ここで自分の中に、期待や依存の部分があって、
それが今の関係を窮屈だったり重たいものにしている、
ということに気付くことができれば、
その失望の体験を学びにしていくことができます。

期待や依存の部分をできるだけ手放していくことができれば、
失望したときに比べて、もっと関係をより良いものにしていくことができます。

期待を手放すことができたときに、もっとその関係から、
楽しさや相手の魅力の部分や、感謝できる部分など、
様々なものを、もっと自然にその関係から受け取っていくことが
できるようになるためです。


もし、恋愛関係の中で、失望が出てきたときには、
その失望の裏側に、どんな期待や依存の部分をもっていたのか、
自分の中を見つめてみてください。

ただ、失望した、というだけで終わるのではなく、
そこに今の関係をもっとより良いものにしていくための
ヒントをつかむことができるようになります。

失望は、そのためのチャンスです。
ぜひ、失望の体験を、2人の関係をステップアップさせていくための、
きっかけにしてみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


このエントリーをはてなブックマークに追加
誰かを批判することによって成り立っている
正しさのような部分が心の中にあるとき、
やっていることはいくら正しくても、
そこに充実感や達成感というものがあまり出てこない
ということがあります。

自分の中の正しさを証明するために、
自己犠牲をしている感じになっちゃっているケースです。

このとき、周りからその行為をいくら賞賛されても、
全然それを受け取ることができません。

誉めるようなことじゃない、やって当然のことだ、
といった素振りを周囲にしてしまうことで、
周りも、その部分を扱いにくいような雰囲気に
なってしまうこともあるかもしれません。


このとき、批判の裏には、実は、自己攻撃があります。

その正しさで誰よりも裁いているのは、自分自身です。
自分の中で、自分が全然十分じゃない、とか、
自分の中に間違っている、という感覚があるときに、
その部分を強く自己攻撃してしまっています。

これは、ある意味では、防衛でもあります。
誰かからその部分を攻撃されるのがあまりにも痛いので、
その前に、自分で自分を厳しく罰することで、
周りから攻撃されないようにしている部分です。

そのため、とてもこの部分に関して、正しさや拘り、
窮屈さが出てきて、柔軟な対応ができなかったり、
自分の枠を広げていくことがストップしてしまったりしてしまいます。

その犠牲をすることで、だれよりも苦しいのは自分自身なのですが、
自分の中に、自己攻撃にもつながる、根深い正しさの部分があるために、
犠牲を止めることができなくなってしまいます。


その犠牲の中にある、自己攻撃と完璧主義の部分を手放すことが、
そこから抜け出して一歩前に進んでいくための、呼び水になります。

やっている行動自体を止めることはないと思います。
ただ、そこにある批判の部分と犠牲の部分を手放すことで、
その行為に躍動感やみずみずしさの部分が生まれてくることになります。


ただ、犠牲をするのではなく、そこでは、
楽しさだったり、情熱だったりといった、
自分自身がそこから受け取れる部分が出てきます。


自分の中に批判的な部分があって、そこで犠牲をすることで、
疲れてしまっている部分がある人は、
この自己攻撃と完璧主義の部分を手放す、ということに
ぜひ、チャレンジしてみてください。

やっていることは変わらなくても、
そこから受け取れるものが違ってくる、ということを
ぜひ、体験してもらいたい、と思っています。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


このエントリーをはてなブックマークに追加
罪悪感、といっても、普段はあまり意識をすることがないかもしれませんが、
実は無意識のうちに、心の中に深く根付いているものだったりします。

表面的には別の問題のように見えていても、
カウンセリングで、その根っこの部分を見ていくと、
根深いところに罪悪感が隠れていて、それが様々な問題を引き起こしている、
というケースが多いです。

例えば、風邪をひいたり、遅刻をしてしまうことで、
周囲に迷惑をかけてしまうことがよくある人の場合、
よくよく心の中の奥を見ていくと、そこには罪悪感があって、
それが体調不良や遅刻を誘発しているということがあったりもします。


実は、罪悪感には、自分が悪い、ということを使って、
自分自身の素晴らしさを受け取れなくする、
という隠れた目的があります。

そのため、罪悪感があることで、
自分自身の本来の力が発揮されず、
そこから苦しみが生まれる、
という感じになってしまうことになります。


罪悪感があると、自分の心が縮こまります。
自分自身が悪い存在のように感じてしまうので、
本当はそんなことないのに、無意識のうちに、
自分自身が悪い存在として振る舞ってしまうんですね。

これに気付けるかどうかが大きいのですが、
自分が悪い存在だから、罪悪感を感じている、というより、
罪悪感があるから、自分が悪い、となるような出来事を
引き寄せてしまう感じです。

例えば、ミスが多くで上司によく怒られている人の中にも、
罪悪感があるために、わざわざ、いつまでたっても
仕事を覚えない私、を無意識のうちに
作り上げている部分があるかもしれません。


罪悪感を手放すことができても、
長い間染みついた習慣から、同じことを引き起こすことはあると思います。
いきなり、ミスをしなくなったり、遅刻をしなくなったり、
風邪をひかなくなったり、自己嫌悪が0になったり、するわけではないかもしれません。

ただ、罪悪感を手放すことができれば、今まで自分がやっていた、
無駄なエネルギーのロスを抑えることができるようになります。
罪悪感を手放すことで、自分自身にもっと価値を認めてもいい、
ということに許可が出せるようになっていきます。

もっと、褒められてもいいし、
褒められるように変化していっていいんです。
罪悪感があることで今までブロックされていた、
人間的にもっと成長していく、ということを
もっと自然に受け取れるようになっていきます。


自分の心の奥深くに罪悪感があって、
今それで人生の中で自分をいじめるようなことを引き起こしている、
ということに、少しでも思い当たるような部分があるようなら、
その心の中にある罪悪感を見つめてみてください。

自分が悪い存在だ、ということは、本当に本当の真実でしょうか?

たぶん、それは誤解です。
自分が悪い存在だから罪悪感があるのではなく、
ただ、そう思い込んでいるだけ、という方が真実です。

直観的にそれが誤解だ、というように思えるなら、
ぜひ、この罪悪感を手放す、という選択をしてみてください。

それは、自分自身の成長を加速するための、
一つの大きなきっかけにしていくことができますよ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


このエントリーをはてなブックマークに追加
今、自分の中で、何か問題があって行き詰っている、というときに、
自分の中にある執着を手放す、というのはとても効き目があります。

例えば、失恋から立ち直りたい、というときに、相手に対してまだ残っている
自分の中にある執着を手放す、というのが、よくあるケースなのですが、
これに限らず、何か行き詰まりを感じているときは、
自分の中にある執着が要因で、自分が前に進めないように、
自分で自分の足を止めている、という部分がありますので、
何に執着しているのかに気付いて、それを手放す、というのは、とても有効です。

とはいっても、執着を手放したくても、なかなかうまくいかない、とか、
ピンとこない、とか、やり方がわからない、と思われる人もいると思っています。
以下、執着を手放すイメージワークを書きましたので、
今、執着を手放すということにトライしてみたい、という方は、
ぜひ、やってみてください。


───────────────────────────────────────────

①執着しているもののリストを作る
まず、執着しているものの一覧を作ります。
それは、今の自分にとってで、手放した方がいいとは思っているけれども、
手放したくない、という気持ちもあって、手放せていないものです。

もうこの時点で、「嫌だ!やりたくない!」
っていう気持ちが出てくる人もいるかもしれませんが、
その一覧を何かにメモして下さい。

メモをするのは、紙でも、携帯やスマホでも、パソコンでも、
後で自分が読み返せる状態なら、なんでもOKです。
ただし、頭の中、というのは、お勧めできないです。
いざ、執着を手放す、というときに、強い抵抗感が出ると、
「本気で忘れる」というのが結構あります。必ず、メモにしてください。

一覧を作る、と書きましたので、いっぱい書かないといけない、
という風に思えるかもしれませんが、そういう意味ではないです。

手放したい執着は1つだけ、というのでも全然構わないです。
強い執着であれば、手放すのにも時間がかかると思いますので、
その場合は、その1つを手放すということにとても意味があります。
1つの場合は、その1つだけをメモにしてください。


②感謝の言葉
執着しているもの、というのは自分にとって、ある意味ではとても必要なもの、のはずです。
それがあるから、助かっている、うまくいっている、受け取れるものがある、
という部分があると思いますので、
執着しているものに対して、何かしら感謝できるところはあると思います。

執着しているものリスト1つずつに対して、感謝の言葉を1つずつ作ってみてください。
※手放したい執着は1つだけの場合は、感謝の言葉を1つを作って下さい。
※感謝したいことが1つ以上ある場合は、複数作ってもらっても構わないです。

誰かに聞かせる言葉ではないので、自分がそれとわかるものであれば、何でもいいです。
それを、執着しているもののリストに書き加えてください。
これも「忘れる」という現象が起きやすいものです。必ず、メモにして下さい。


③執着を手放す代わりに受け取るもの
執着を手放すと、心の中にスペースが生まれますが、
そこは、代わりにもっとより良いものを受け取る、という風にした方がいいです。
じゃないと、せっかく空いたスペースに、また同じものが入る、
ということを引き起こしたりしますので、それを防ぐためにも、です。

執着しているものリスト1つずつに対して、受け取るものを1つずつ作ってみてください。
※手放したい執着は1つだけの場合は、受け取るものを1つを作って下さい。
※受け取りたいものが1つ以上ある場合は、複数作ってもらっても構わないです。

自分の成長につながるようなことで、執着を手放すかわりに、
受け取りたいものを、何かあげてみてください。
これも同じようにメモしてください。


④リラックス
①②③ができたら準備完了で、いよいよイメージワークをやっていくことになりますが、
その前に、軽くリラックスする時間を取ってみてください。
お風呂に入る、でもいいですし、飲み物を飲む、トイレに行く、でも、何でもいいです。

準備段階の①②を作るのに、あれこれ考えたり、ちょっと脇にそれて落ち込んだり、
昔のことを思い出してブルーな気分になったり、というのは、あったりしますので、
ちょっと、一旦、仕切り直して、気持ちをリセットしてみてください。

※これが特に必要ない、と思えるなら、次にそのまま行ってください。


⑤イメージワーク
準備が出来たら、イメージワークを始めていくことになります。
執着しているもののリストを見て、トライしたいと思うものを、1つ選択してください。

心の中で、その選択したものを強くイメージしてみてください。
そして、心の中でこう宣言してください。

「私はXXへの執着を手放します。」

宣言したら、その心の中でイメージしたものから、一歩離れてください。
離れたときに、自分の中にいろんな感情があがってくることがあります。
ただ、その感情のままに、感じてみてください。


次に、感謝の言葉を心の中で読み上げてください。
準備段階で作った、執着しているものに対しての感謝の言葉です。
もし、執着を手放す対象が人なら、その人の目を見てその感謝の言葉を伝えてみてください。
その感謝を伝えたら、相手はどんな反応をするのかも、想像してみてください。
感謝の言葉を心の中で読み上げたら、その心の中でイメージしたものから、さらに一歩離れてください。


次に、準備段階で作った、執着を手放す代わりに受け取るものを、
心の中でこう読み上げてください。

「私は、XXへの執着を手放す代わりに、○○○を受け取ります。」

宣言したら、その心の中でイメージしたものから、ぐ~んと離れれて距離をとってください。
どんどん離れて、もうイメージが見えなくなるまで離れてください。


これを、執着しているものリストに上げた数だけ、繰り返してください。


⑥振り返り
①~⑤をやってみて、今、どんな感じがするでしょうか?
やる前と比べてみて、心が軽くなった、とか、ちょっとすっきりした感覚があったら、
一歩前進です。
自分がちょっとでも良くなった部分として、どんなものがあるか、
心の中を見てみてください。

※やってみてどうだったか、ということを、コメントに書いてもらえると幸いです。

これで、執着を手放すイメージワークは終了です。

───────────────────────────────────────────


執着を手放すときのイメージとしては、その対象から一歩距離を置く、ということと、
一歩距離が取れたら、さらにどんどん離れていって、見えなくなるまで距離を置く、
ということがポイントになります。

執着は一度手放しても、また、執着が自分の心の中に戻ってくることがありますが、
その場合は、もう一度手放す、ということがポイントになります。
再度、このイメージワークをやることで、執着を手放すという感じを、
もう一度、思い起こしてもらって、繰り返し手放していくことで、執着にとらわれにくくなっていきます。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法
結婚してから後悔しない / 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしいときの乗り越え方
イライラしたときの対処法
好きな人ができたときに知っておいてほしいこと
嫌いな人の対処の仕方
好きな人を忘れる方法
わがままな人に振り回される心理