このエントリーをはてなブックマークに追加
人間関係のベースとなるものの一つに、相手を理解する、というものがあります。
相性がいい場合は、ここをあまり意識しなくてもよいことがありますが、
相手との間に心理的な壁を感じるような場合や、人間関係が上手くいっていないような感覚がある場合ほど、
相手を理解する、ということが求められてきます。
そのときに大切になってくるのが、相手を観察する、という部分です。


相手を観察するときに見るところは、雰囲気であったり立ち居振る舞いであったり、
単純に見た目であったり、色んな部分はあると思いますが、
ぱっと見たときに最初に自分が感じた直観はとても重要です。

話の内容や、態度や、受け答えから印象が徐々に変わってくることはありますが、
後々になって、最初の直観が当たっていた、という体験をしたことがある人も多いと思います。

人の持つ直観、というのは、非常に優秀で、時間の積み重ねなしに、
一瞬、相手を観察するだけで、相手のことが何となくわかってしまう、ということがあります。
こういうタイプはこう、といった誤解された偏見や決めつけが自分の内側にたくさんあると、
この直観の部分が、とんでもない勘違いを生みやすくなる、ということもありますので、
万能ではないのですが、この直観から得られることから、
相手を知ることができる部分がたくさんあります。


相手と接しているときに自分が感じる感情や感覚の部分も大切です。
特に、目に感情や考えていることは出てきますので、相手の目を見る、ということがとても重要です。

相手が口にする言葉のみで相手のことを理解するよりも、相手の目から受け取れる内容と
セットで理解をした方が、より正確に相手のことを知ることが出来ます。
例えば、相手の目を見たときに自分が感じることと、相手が口にしている内容が一致していなければ、
ことわざにもあるように、どちらかというと、口よりも、目の方が正直です。

相手が口にする言葉自体は相手がこちらを気遣ったり、
いろんな人間関係やその人の立ち位置から言えることや言えないこと等々から、
少しオブラートにつつんだ言い回しになったり、嘘が混じったりすることもあるのですが、
目はなかなか隠しにくいので、そっちの方に、相手の考えていること、が出てくることがあるためです。

例えば、自分を隠したい場合は、自分の目を見せたがらない(相手の目を見ない、とか、伏し目がちにするなど)
ということもあるかもしれませんが、それ自体が、一つのサイン、になります。


相手を観察することで、相手の基本的な考え方や価値観をより理解することが出来れば、
今まであった出来事の中で、その人が何を考えていたか、とか、何を感じていたか、
というのもなんとなく察することが出来るようになります。

相手の考え方や価値観が理解できたときに、それが自分の考え方や価値観と合わないことがありますが、
相手に対する理解を深めるためには、自分のもっているそれらにこだわりすぎるよりも、
いったん手放して、相手のその部分に寄り添うようにした方が、より相手のことが理解できます。

これは自分にとって成熟さが求められる振る舞いですが、
この相手の考え方や価値観に寄り添う、という部分を取り入れることができると、
寄り添おうとしている、ということが相手に伝わることもあって、
相手との間に心理的な壁を感じるような状況や、人間関係が上手くいっていないような感覚がある状況を
変えることが出来るようになります。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法
結婚してから後悔しない / 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしいときの乗り越え方


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
就職や転職などで、新しい職場に来てから、その職場の雰囲気や文化が
自分にとってなんとなく合わない、というとき、
それが気にならないレベルならばストレスにはならないですが、
仕事がとてもやりにくかったり、ストレスを強く感じるような場合には、
何らかの対応が必要になってきます。

気にしないようにして、まずは頑張る、というのも一つのやり方かもしれませんし、
これは仕事と割り切って、ストレス発散を職場の外に求める、というのも有効だと思います。
異動を考える、という選択もあり得るかもしれません。

みなさんは、こういう場合どう対処されているでしょうか?


その職場の雰囲気や文化が合わない、というときに、
それでも、自分にとって、少しでも職場の居心地をよくしたい、としたら、
お勧めなのが、人と話す、ということです。

その職場の雰囲気や文化の裏には、それを作り上げている人がいて、
それぞれが、それぞれの考え方で行動しています。
自分、対、それ以外の職場の人たち、という見方をすると、
自分だけが浮いているように感じやすいですが、
一人一人と話していくと、そこで話を聞いてくれる人がいたり、
ある人との間で共感できる部分がでてきたりします。

もちろん、合わない人、というのもいると思います。
そこは、深く掘り下げていくと、最終的には分かり合える部分もあるかもわかりませんが、
すごくパワーが必要となってきますので、
まずは、自分の話を聞いてくれる人たちや、共感できる人たちと話をしていくのが
良いと思います。

そこから、その職場の雰囲気や文化に対して、自分なりの落としどころのような
部分が見えてくると、最初に感じていたやりにくさや、強いストレスの部分を、
ゼロにすることはできないかもしれませんが、軽減することができます。


ポイントとなってくるのは、共感、という部分です。
自分が話を聞いてもらって、相手が理解を示してくれたり、
相手の言っていることに、自分がしっくりくる部分があると、
自分が周囲に無意識のうちに作っていた壁が、少し柔らかくなります。

壁は自分を守ってくれる、と思いがちですが、実は、
壁を作れば作るほど、自分が周りを阻害するのと同時に、
自分自身が周りから阻害されている、と感じやすくなってしまいますので、
ここをうまく解消していくことが大切です。

といっても、無理からに壁を取っ払おうとする、というのではなく、
自然に自分の周りに共感を引き寄せていく方がスムーズです。
それが、人と話す、という部分です。


忙しかったり、テンパっていると、こういう部分がなおざりになることもあるかもしれませんが、
もし、自分にとって、今の職場になじめていない感覚があったら、
人と話す、という部分も大切にしてみてくださいませ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法
結婚してから後悔しない / 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしいときの乗り越え方


このエントリーをはてなブックマークに追加
意識的に考えていることと、気持ちの動きが別々になっていることがあります。
たとえば、意識的には本気で痩せたいと思っているのに、
どうしても食べ過ぎるのを我慢出来ない、とか、
愛する人の前で笑顔でいたいと思っているのに、
ケンカばかりしてしまう、とか、意識的に考えていることや、
本気のつもりでいるのに、結果的に自分がやっていることを見てみると、
何か残念な感じになっている場合、この、意識と感情が別々、という部分が出てきます。

今現在、意識的に自分が考えていることよりも、
今までに習慣的に自分がやってきたことや考えてきたことの積み重ねの方が
圧倒的に力があります。
この積み重ねの部分が、今現在の自分の振る舞いの大部分を形作っているので、
今、意識的にやろうとすることが、今までの自分の振る舞いと大きく違うことの場合は、
心の中で、この両方の力がぶつかることになります。

結果、思ったように上手くいかない、ということになることがあります。
自分を責めたくなりますが、その前に、自分の考えていることを見ていくと、
それは、自分が変化していくためのプロセスの一つ、ということがわかってきます。


人の思考は変えることが出来ます。
それは一瞬で変えることももちろんできます。
ただ、それが一瞬でできないからといって、自分を責める必要もないです。

自分を責めても、思考を変えるスピードが上がる訳ではないです。
思考を変えるスピードをあげるために効果的なのは、
自分を責めた結果得られる罪悪感ではなく、
自分を変えたいという情熱的な気持ちや、
自分は変わることが出来るという信頼です。

情熱や信頼は自分を責めることからは直接的には出てこないです。
自分を責めた結果、情熱や信頼を自分の心の中に生み出すことができるような
習慣のようなものを持っている人は、自分を責めて追い込んだ結果、
上手くいく、ということもあると思います。
そうではない場合、基本的には私はあまりお勧めしません。


自分を変えることが出来ない場合、自分を責めるのではなく、
自分の中にあるどんな思考が自分を押しとどめているか、を見てみてください。
本気で思考を変えたい、と自分が思っている、という自覚はもちろんあると思います。
それはそれでいいので、それよりも、その本気の部分をブロックしている
自分の内側にある思考を見つけてください。

その思考を見つけたら、その思考を変えようという意思を持ってください。
これは出来ると思います。
時間はかかるかもしれませんし、その思考と向き合うときに、
何かとても嫌な感覚や感情があがってくるかもしれませんが、
そこは勝負どころです。

この自分の足をひっぱっている思考を手放していくことが、
今、意識と感情がばらばらになっている状態を生み出している、
ということを思い出して、そこをのりこえていきたいという意欲を持ってみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法
結婚してから後悔しない / 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしいときの乗り越え方