このエントリーをはてなブックマークに追加
重い女だと思われると、相手が自分から去ってしまうのではないか、と思うと、
自分の中の重い女の部分を相手から隠したくなります。

例えば、本当は、もっと甘えたかったり、自分の気持ちをもっと伝えたかったり、
相手にもっと自分の価値を高く扱ってもらいたいと思っていても、
そういうことを言うと、相手から重い女、と思われるような気がすると、
何も言えなくなる、という感じです。

自分の中の重い女の部分は、自分にとっては、本音、の部分かもしれません。
好きになれば好きになるほど、相手はどう思っているんだろうか?、とか、
相手は自分が想っているほど、好きでいてくれるのだろうか、というところに
不安感が出てくると、この重い女の部分が、どんどん大きくなっていきます。


恋したら重くなる、という部分はある意味、当たり前、のところはあるかもしれませんね。
相手のことを好きになればなるほど、上手くいかなかったときの
ダメージは大きくなる、ということを考えると、相手のことをこれ以上好きになるのが怖い、
という感覚をもったことのある人もいらっしゃると思います。
その部分は、自分の中のとてもハートが柔らかい部分ですし、守りたい部分、
といえるかもしれません。


この自分の中の不安感の部分は、相手が自分を愛してくれないような行動をとると、
強くなると思います。
なので、相手が愛してくれないから、重たくなるんだ、という風に思う方も、
いらっしゃるのではないでしょうか?

自分の中にある依存の部分は、一緒に楽しい時間を過ごしているときよりも、
相手がそっけなかったり、自分のことを後回しにしてきたり、なかなか会えなかったり、など、
自分が愛されている、という感覚を感じにくいようなことがあったときに、
とても強く刺激され、自分の中の重い女の部分が出てくる、という感じかもしれませんね。
そういうときほど、恋している、という感じを強く持つ人もいるかもしれません。


好きになると、必ず、重たくなってしまうものでしょうか?
私はいつもそうなる、という人もいらっしゃると思いますが、
実は、好き=重たい、ではないです。
気持ちが重たくなく、軽い状態のままでも、相手のことを好きでいる、ということはできます。

そんなことができるなら苦労はしない、と思う方もおられるかもしれませんが、
この、相手のことが好きなまま気持ちを軽くしてみる、という選択肢も、
自分の心の中で持っておいた方が、恋愛が楽になります。

この選択肢が選べるようになると、
重たくならないように、相手のことを好きになりすぎないようセーブする、ということや、
重たくなり過ぎて苦しいので、恋愛を終わらせてしまう、ということをしなくてもよくなります。


好きなまま、自分の中の重たい部分を手放すには、
この重たい部分を作り上げている自分の中の依存の部分と向き合うことが
求められてきます。
それは、自分の中の依存が満たされなかったときに、
私は愛されていない、と解釈してしまっているような部分です。

過去に傷ついた体験や、成熟できていないような感情が、
ここにはたくさん詰まっています。
そこを軽くしていくことが、好きな時に重たい部分がでていく、
といったようになっていた心の縛りの部分を解き放っていくことにつながっていきます。


誰かのことを好きになった時に、いつも、自分の中の重たい部分が出てくる、
という人ほど、ここをクリアにしてくことが求められてきます。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法
結婚してから後悔しない / 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしいときの乗り越え方


スポンサーサイト