このエントリーをはてなブックマークに追加
成長するときには、自分を変える、という部分が求められてきますが、
今のままの自分、であるがために受け取ることが出来ていた、
安心感や慣れの部分を手放すことも同時に求められてきます。

成長することがなければ、同じことの繰り返しになるのですが、
その代わり、何が起こるか予想がつきますし、同じことの繰り返しには慣れているので、
どこか楽ちん、というところがあります。
ただ、ここを手放す、ということをしようものなら、
怖れ、のようなものを感じることがあります。

ここで感じる怖れが強いと、いざ、自分を変えようというときに、
思わぬ抵抗感が出てきて、一歩も前に進めなくなります。

怖れを自覚していないケースもあるのですが、怖れがあると、
たとえば、やりたいと思っているはずなのに、意欲がイマイチ湧いてこなかったり、
やらなきゃいけないと思っているのに、ついついいつも通り、になってしまったり、
といった感じになります。


怖れを感じるときは、自分の内側にある思考の中で、
変えることが求められているのはどこか、見つめてみて下さい。

自分が感じている怖れを否定するのではなく、怖れが教えてくれているものを、
自分の内側から読み取ろうとしてみてください。

怖いものは怖い、嫌なものは嫌、そこは否定しなくてもいいです。
それよりも、今自分が習慣的にしている行動や、思考の中に、
その怖れを作り出したり、抵抗感を作り出しているものがないか、
探ってみてください。


良くあるのは、自分が心の中で誰かを責めている部分があったときに、
それがまわりまわって、自分が前に進むときの足かせになっている、というパターンです。

例えば、誰かから、わがままなこと、を言われたとして、
そのことに不快感を感じて、そのことで、その誰かを心の中で責めたとします。

そこでもし、「自分自身の中にも、わがまま、はないだろうか?」って、
自分自身の中にある、わがままな部分や、わがままな思考を探してみると、、、
そこには、自分の成長をブロックしている思考、があったりします。
これが、自分を変えようというときに抵抗感を作り出す部分だったりするのです。

誰かを責める、というときには、実は、自分自身のダメな部分を
相手に映し出して、それを責める、ということが心の中で起こっていることがあります。
そのとき、何かしら、自分にとっても、それが課題だ、と心の中で感じています。
その中に、自分を成長させるヒント、というのはたくさん眠っています。


あなたにとって、自分を変えることに対する怖れがあるときに、
誰かを責めるという体験があったとしたらチャンスです。

どんなことで人を責めたでしょうか?
それが自分にも当てはまるとしたら、それはどんな部分でしょうか?

そこには、自分を変えるためのヒントがあります。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法
結婚してから後悔しない / 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしいときの乗り越え方
イライラしたときの対処法
好きな人ができたときに知っておいてほしいこと
嫌いな人の対処の仕方
好きな人を忘れる方法
わがままな人に振り回される心理


スポンサーサイト