2012.03.29 愛され上手
このエントリーをはてなブックマークに追加
今回の記事ですが、モテる、という意味ではないです。

例えば、彼が相手のことを愛そうとしていても、
彼女の方には、全然、愛されている実感がない、
ということがあります。

彼が不器用だから、というのもあるかもしれませんが、
今回の記事で扱いたいのは、彼女、の方です。

付き合っていても、彼が自分のことを愛してくれている
という感じがしない、という人にとって、
この部分は、要チェック、です。


自分で自分のことを、あまり女らしくない、とか、
自分を嫌っているようなところが強いと、
相手が自分のことを好き、というのが信じにくくなります。

自分のどこに価値があるのか、わからないから、
相手が自分に価値をみている、という意味がわからない、
ということになりやすくなってしまいます。


その反対に、自分の価値を自分で認めることができていると、
相手が自分を愛そうとしたときに、
それを受け入れやすくなります。


要チェック、のところは、
相手が自分をどう思っているか、ではなく、
自分が自分をどう思っているか、というところです。

といっても、ナルシストになる、というのとは、
ちょっと違います。

自然に、自分らしさ、が行動に出ていて、
その自分の女らしさ、だったり、
男性であれば男らしさの部分を
自分なりに認めることができている、という状態です。

そうすれば、その自分に魅力を感じて近づいてきてくれる人がいたら、
それを嬉しいと素直に感じることができますし、
自分にあまり魅力を感じない人が仮にいたとしても、
それはそれ、という風に変にネガティブにとらえなくて済むようになります。


大切な人に愛されているような感覚がないときは、
相手のことを疑う前に、
自分が自分のことをどう扱っているのか、
という部分をチェックしてみてください。

その答えがネガティブなものだったとしたら、
相手に何かを求める前に、まずは自分自身の意識を
変えようとしてみてください。

自分にぴったりな、自分なりの自分自身の認め方、
というのが必ずあると思いますよ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/100-d46b711f