このエントリーをはてなブックマークに追加
困っている人や、悩んでいる人がいて、
その人を助けてあげたい、
という想いを持つことはあると思います。

私も心理カウンセラーをやっていて、
そういう想いは湧き上がってきますし、
だからこんなことをやっている、という一面もあります。

ただ、その時に忘れてはいけないことがあります。

その人が困っていたり、悩んでいることは、
その人のための問題なので、
誰かが代わりに解決する、というものではない、
ということです。


これは、助けられない、という意味ではないです。

その人がそこを乗り越えられるように、
周りの人たちにできる関わり方、というのは、たくさんあります。

例えば、ただそばにいて見ていてあげる、ということもそうですし、
その人が取り組んでいる課題に関して援助したり、
もし、何か知恵を持っているなら、それをアドバイスという形で与えたり、
その人の見本になってあげたり、応援してあげたり、などなど、
周りの人にできることはたくさんあります。

ただ、あくまでその課題に向き合うのは、本人です。
行き詰まりがあるなら、そこを乗り越えていくために、
歩いていくのも、本人です。
不安や恐怖を感じていたとしたら、
それに打ち勝つ勇気を持つことが求められるのは、本人です。

その人がいくら苦しんでいても、
代わりにその苦しみを負担してあげることはできないですし、
その人がいくら課題をクリアできなくて頭を悩ませていても、
代わりにその課題をクリアしてあげることはできないです。

現実的、表面的には、課題をクリアにしてあげる、
ということは可能かもしれません。

例えば、物理的な援助によって。
そういうケースも実際にあるとは思います。

ただ、心の内面にある課題については、
本人がやらないと、解決になりません。
外科手術のように、誰かが心の中にメスを入れて、
患部を切除する、なんてことは、できないんです。

仮にもし、できたとしても、それは、根本的な解決にはならないです。
なぜなら、その課題は、その人のために用意されたものだからです。
形を変えて、再び同類の課題が、その人の目の前に現れます。

そのときに、その心の外科医がそばにいなかったら、
その人はどっちみち、自力でその問題に立ち向かわなければならなくなります。
24時間その人の面倒を見れるのは、その人自身だけです。


私たちにできることは、助けること、ではないです。
どんなに能力があり、知恵があり、精神力があったとしても、
できることは助けること、ではなく、援助すること、です。
これは、心理カウンセラーでも一緒です。


ただ、ここを勘違いしてしまって、
「助けてあげられない」ということに
罪悪感を感じてしまい、
それが心の中で大きな痛みとなっていることがあります。

そんな痛みが心の中にある、ということはないでしょうか?


もし、その答えがYesであったなら、
もう、これ以上自分を責める必要はないですよ。

そのことで自分を責めている人ほど、
もっと自分はできたはずだ、ということを感じていると思います。

ただ、それは、助けられなかった、からダメ、
ということではないです。


その痛みは、あなたの可能性を示しています。

それは、あなたには、人を援助するための才能を
もっと伸ばすことができる、というサインです。

助けられなかった、ということばかり見つめて
自分を責めることを手放してみてください。

その代わりに、その自分の才能を発揮して、
周りにより良い影響を与えていくことができるとしたら、
どんなことをしていきたいだろう、って考えてみてください。

それが、その痛みを抜けていくための道しるべになります。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/107-ad490230