2012.04.22 父親を許す
このエントリーをはてなブックマークに追加
自分の父親に対して、どんなふうに思うでしょうか?

人によってこれは大きく異なると思います。
嫌いなところや、認められないところから、
好きなところや、自分と似ているところなど、
色々と感じたり、考えたりするところがあると思います。

ただ、その父親に対して、責めているところや、
許せないと思っている部分があると、
それが自分にとってマイナスに働くことがあります。


父親を批判している部分があると、
同じような部分を持っている人に対して
過剰に攻撃的になったり、
自分が同じようなことをしてしまっているときに、
罪悪感を感じてしまいます。

もちろん、父親の良くない部分について、
それをいいように思う、という必要なないのですが、
心の中で批判を続ける限り、
この、過剰反応の部分だったり、罪悪感を感じてしまう部分が出てきて、
人間関係に問題が生まれたり、
罪悪感に足を引っ張られて、自分の力を十分に発揮できなくなったりします。


父親を許す、ということは、
その責めている度合いが強いだけ、
難しくなりますが、その分だけ、
許すことができたときに、受け取るものは大きくなります。


父親を許さない限り、どこか自分の中で
その父親の良くない部分を引きずることになりますが、
許す、ということは、その父親の批判について
自分が執着している部分を手放す、ということです。

許せてない、ということは、過剰に批判しているところがある、ということです。
例えば、そういう部分を持っている人がいたときに、
ほっとけばいいのに、ほっとけなかったり、
注意すればいいだけなのに、すごい勢いで攻撃してしまったり、
という結果を生んでしまいます。
それで、疲れるのは自分自身です。


父親のためではなく、何より、自分自身のために許すことで、
楽さを手にすることができます。

父親に関して許せてない部分がある、という場合には、
ぜひ、この父親を許す、ということにチャレンジしてみて下さい。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/126-89133dd6