このエントリーをはてなブックマークに追加
自分自身に魅力がない、とか、自分の中の無価値さを感じていると、
恋愛関係の中で、相手からこんな自分が愛されるわけがない、
という気持ちがでてきて、
それが相手を遠ざけてしまうことになります。

自分自身に価値がない、と思っているときには、
相手が自分を愛すことが難しくなりますし、
また、自分自身に価値がない、と思っている分、
自然とそういう振る舞いになるので、
相手が魅力を感じにくくなっていきます。

自分自身から拒絶するような雰囲気や、
近づきにくい雰囲気が出ますし、
相手にとって、そんな状態の自分でも愛する、
となるとハードルが高くなるためです。


ただ、理屈はそうでも、感情は思うようにいかないもの
かもしれません。

無価値さを感じてちっぽけになっている弱い自分。

そんな自分でも愛してもらいたい、とか、
愛する人にこそ、そこの部分を愛してもらいたい、
と思うものかもしれません。

自分の見た目や、表面的な部分ばかりではなく、
心の奥にある、自分の中のとっても弱い部分こそ、
愛する人に触れてもらいたい部分、かもしれませんね。


自分自身に価値がない、と感じているときは、
愛する人に助けを求めたくなるかもしれません。

素直になれない代わりに、
相手から本当に愛しているか聞き出したくなったり、
わがままや、ネガティブな言葉をぶつけて、
それでも相手が自分を愛そうとしているか
テストしてしまうこともあるかもしれません。

本当にいいたいことは、助けて、ということであったり、
そんな私でも愛して、ということかもしれません。


ただ、相手からすると、それはとてもわかりにくい部分だったり、
仮に相手がそこを愛そうとしても、
たぶん、自分がそこの部分を相手に愛させる、というときに、
すごく怖れを感じると思います。

想像してみてください。
自分が愛する人が、そこを愛そうとして近づいてくる状況を
イメージしてみたら、なにか自分の中に逃げ出したくなるような
衝動がでてくるかもしれません。

そして、その逃げ出したくなる自分も含めて、
愛してほしい、というのが、本音、かもしれません。


ただ、ここの部分を相手に愛させるのは、相手にとって、
相当ハードルが高い、というのは、わかりますでしょうか?

愛しているなら、そのハードルを飛んでくれるはず、
という気持ちももちろんわかります。
ただ、相手にそれを求めるのではなく、自分が変わっていくことで、
相手にとって、そのハードルを下げてあげることができるようになります。

どう変わったらいいか、ということは、自分で気付いていると思います。
もっと素直になる、とか、相手からの愛を信頼していく、などなどです。

ハードルが下がれば、相手は飛んできやすくなりますし、
そこで、自分が相手から愛されている、ということを
受け取ることができるようになります。


自分の無価値な部分を相手に愛してもらいたいときほど、
自分が変わっていく、ということにチャレンジしてみて下さい。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/130-9c50f605