このエントリーをはてなブックマークに追加
母親との癒着があって、それが普段の生活や、
恋愛関係などに影響している、というケースがあります。

癒着があると怒りをぶつけやすくなります。
言いたいことを言い合える関係、というより、
距離が近すぎて、相手に対してとても感情的になり、
ちょっとしたことでも、すごく強くきつく言いすぎてしまって、
関係がとても重たくなっている、という感じになります。

相手から言われたことや、相手の感じている感情にも、
自分がとても強く影響されます。
相手がイライラすると自分もイライラするし、
相手が自分に対してネガティブな考え方を持つと、
自分も自分に対してネガティブに思ってしまう、
ような感じになります。

こういったときほど、癒着を手放す、ということが求められてきますが、
手放そうと思っても、なかなか手放せないので、
どうしたらいいかわからない、と思ってしまうこともあるかもしれませんが、
そこで手放すためのきっかけになるものがあります。


それは、相手への感謝、です。

癒着がある相手に対して、関係が深い分、
感謝できること、というのはたくさんあると思います。

普段は相手に対して、否定的な想いや、怒り、犠牲的な感じ、などなど、
軽い感じではなく、ちょっとしんどい感じの感覚が強い、かもしれませんが、
やってもらって嬉しかったことや、ありがたかったこと、
という感謝の気持ちも、探すとたくさん出てくると思います。

その感謝できることを思い起こしてもらって、
ちょっと相手にその感謝を伝えるところをイメージしてもらうと、
心がふわっと軽くなるような感覚を感じることができると思います。

その軽い感じが出てきたら、その相手のイメージから一歩遠ざかる、
というイメージをしてみると、その分だけ、相手との癒着の重たさが
少し軽くなった感覚を少し感じることができると思います。

どんどん感謝できることを相手に伝えていって、
どんどん相手から離れていくところを想像して、
自分の心が、少しずつ、少しずつ、軽くなっていく感覚を感じていく、
ということができたときに、
自分の中にある癒着の感覚も軽くなっていくことに
気付き始めることができると思います。


これをやった後で、相手と関わりを持った時に、
前よりも癒着が手放せている自分で相手と接することができるようになります。

ただ、ここで大切なのは、相手が自分に対して何を言ってくるか、
どんな態度で接してくるか、ということはあんまり見ずに、
その代わり、自分が相手に対して、どんな風に態度や接し方が
前と違っているか、その違うところを探してみてください。


感謝で自分の心を軽くしただけ、
自分でその違いを少しでも感じることができると思います。


相手との癒着があって、怒りをぶつけやすくなっているようなときほど、
相手に対する感謝、というのを意識してみてください。

自分が変わると、そこから受け取れるものも変わっていきます。
それをぜひ体感してみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/131-5b71e320