このエントリーをはてなブックマークに追加
罪悪感があるときに、その自分の良くない部分を補うために、
何か犠牲をしたくなることがあります。

その犠牲的な行為によって、罪悪感があったとしても、
それでも自分には価値があるんだ、という証明をしようとするのですが、
その犠牲の部分に関しては、やりたくてやっているわけではないので、
ここで、本当に疲れてしまったり、しんどくなってしまうことがあります。

やっていることは、素晴らしいことでも、
それが罪悪感があるためにやっていることの場合、
本人がそこから喜びであったり、楽しさであったり、
自分自身の行いから受け取る、
という部分がなかなか生まれてこなくなります。

義務感で物事を進めるのが求められること、
というのは、普段の暮らしの中でも色々と出てくると思います。
疲れていても、しんどくても、
そこに一生懸命取り組んでいく、ということが必要なことはあります。

ただ、もし、罪悪感があって、そのしんどさが倍増しているような
部分があったとしたら、その罪悪感を手放すことができたほうが、
今よりも楽さを手にすることができるようになります。


罪悪感を手放す、といっても、自分自身を許す、
ということはなかなか難しいです。

自分自身を許せてこなかったから生まれている罪悪感なので、
そこを手放していくためには、
少し角度を変えてアプローチした方がうまくいきます。

それは、自分自身が許せない、ということの裏側にある、
自分以外にも責めている誰かがいないか、という部分です。


自分自身が許せていないことの背景には、
必ず他にも責めている誰かがいます。
これを認めることが難しい場合もありますが、
もし、この部分を認めることができると、一歩前に進むことができます。

そして、その自分以外に責めている誰か、について、
許すことができると、
今までその人を責めていた度合いだけ抵抗感もあるかもしれませんが、
自分自身も許すことができるようになります。


罪悪感を手放すことができると、
犠牲を手放したうえで、今まで行っていたことを、
変えていくことができます。

同じことをやるにもやり方や気持ちの部分を変えていくことができたり、
または、違うことを始めることもできるようになります。

犠牲があるときには、やらなければならない、という感覚だったことが、
自分の中にある、やりたい、という部分も、
もっと出てくる感じになってきます。


義務感や犠牲をしている感覚がある場合は、
自分の中にある、罪悪感の部分を手放していく、という部分に
チャレンジしてみて下さい。

そこで楽さを受け取る、ということをぜひ体験してもらいたい、
と思っています。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法
結婚してから後悔しない / 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしいときの乗り越え方
イライラしたときの対処法
好きな人ができたときに知っておいてほしいこと
嫌いな人の対処の仕方
好きな人を忘れる方法
わがままな人に振り回される心理


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/135-978e7356