このエントリーをはてなブックマークに追加
相手が自分を理解してくれない、ということから、
例えば、怒りだったり、失望だったり、痛みが生まれることがあります。

自分にとって身近な人に対して程、理解してもらいたい、
という欲求が強くなりなりやすい、としたら、
これは、家族に対してだったり、恋愛関係などで
特に出やすくなるものかもしれません。

恋愛関係で、この理解されていない、という感情を感じているときに、
自分の痛みではなく、別の部分に意識を向けることで
全く違ったものの見方をすることができるようになります。

それは、自分ではなく、相手の痛みの方に意識を向ける、
というものです。


自分が痛みを感じているときに、相手の痛みの方に意識を向ける、
ということには、抵抗があるかもしれませんが、
付き合っている者同士、そこで感じている感情というのは、
深いレベルでは、実は一緒、ということはよくあります。

例えば、もし、相手にも痛みがあるとしたら、どんな痛みがあって、
この人は、そんな振る舞いをするんだろう、って考えてみたときに、
自分の痛みばかりを見ていた時には気付けない部分が
見えてくることがあります。

そして、相手の痛みが見えてきたときに、
その痛みを理解しようとしてみてください。
相手を自分の物差しで判断してしまう前に、
相手の痛みを理解して、心の寄り添おうとしてみてください。


自分が痛みを感じているときに、
相手の痛みを見ようとするのには、
とても抵抗があるかもしれません。

ただ、もし、相手の痛みが見えたときに、
それを助けたい、という想いが出てくるとしたら、
自分の痛みばかりみていた場所から抜け出して、
相手に与えていくことができるようになります。

それが、恋愛関係の中で、自分にとってとても大切な人であれば、
なおさら、これができたときに、
相手との絆をもっと深いものにしていくことができるようになります。


自分が理解されていない、というときには、
相手のことを理解しようとしてみてください。
それができたときに、今よりも成長した自分自身を感じることが
できるようになります。

そしてそれは、自分にとって大切な人への
何よりの贈り物になります。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/141-bfcd200e