このエントリーをはてなブックマークに追加
恋愛関係の中で、彼氏であればこうするべき、とか、
彼女であればこうするべき、
という役割が生まれてくることがあります。

そうしてもらえたときに嬉しい、と感じるのではなく、
やってもらって当たり前、という部分です。
自分自身も、相手に対して、愛しているから、というより、
義務感でやってしまっているような部分です。

自分の中に、すでに恋愛をするときのパターンがあって、
その中に、この役割の部分が組み込まれてしまっているケースでは、
付き合ってからわりと早い段階で、
この役割にはまっているような感覚が訪れることもあります。

この部分が大きくなってくると、恋愛関係の中で、
自然に愛し愛されるところから、豊かなものを受け取っていく、
という感じではなくなっていきます。

この感覚が出てきたときに、やることはとてもシンプルです。
それは、役割を手放す、ということです。


その役割が生まれた部分を見つめていったときに、
そこには、傷つきたくない自分がいる、ということに
気付くことができるかどうか、というのが、一つの鍵になります。

本当は、役割があるから愛する、とか、愛される、ではなく、
何もなくても愛されたり、愛する、というものがあったときに、
自分の心が満たされる、のですが、
役割があると、やってもらっても、やってあげても、
空虚な感じになってしまいます。

愛されていない、という部分から傷が生まれた分、
そういうことがないように生まれた役割の部分です。
ただ、それが多すぎると、愛されている、という部分が
受け取れなくなってしまいます。


役割を手放す、というときに、
この防衛の部分を一緒に手放してください。
傷つかないようにお互いをルールや役割で縛る、
という部分をどんどん手放してみてください。

役割やルールがなくなった時に、
相手が何もしてくれなくなるのではないか、とか、
そういう部分なしに、どうしたらいいのかわからない、とか、
そういう抵抗の部分が出てくることがあります。

それも、傷つきたくない、という気持ちから出てくる、
自己防衛の部分です。
その感覚が出てきても、否定せずに、自分が今傷つきたくないんだなあ、
ということを認めた上で、防衛を手放す、という選択をしてみてください。


役割やルールを手放せた分だけ、
恋愛関係に生き生きとした感覚と、
愛情を与え受け取れる流れが生まれていきます。

ぜひ、それを体験してみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/149-b6c133d5