このエントリーをはてなブックマークに追加
恋愛関係で、誰かを愛そうとして傷ついた、
ということがあったときに、心の中を見ていくと、
実は愛の中に、純粋に相手を思う気持ち以外のものが入っていて、
それが自分の心の傷を生んでいる、ということに気付くことができます。

愛、というと、人によって色んなとらえ方があると思いますが、
この中に、自分が相手を愛するときに、
相手に期待している部分や、相手に求めている部分が
裏切られたときに、傷つく、ということが起きます。


自分が相手に愛を送った時に、
それは純粋に無償の愛、というより、
やっぱり、相手にも愛してもらいたい、という部分であったり、
相手に何らかの反応を求めている部分が、ちょこっとあったりします。

ただ、相手にも感情があって、自分とは違うものの見方があって、
必ずしも、自分の求めている答えを出す、というわけではないので、
自分が愛を送ったからといって、
相手が自分の求めている通りの反応をする、というわけではないです。

愛そうとしたときに傷があった、としたら、
それは相手のせい、かもしれませんが、
ここで、自分の中に、その相手に求めている部分があって
それで自分が傷ついた、ということが理解できれば、
愛そうとしたから傷ついた、という解釈を変えることができます。


愛、というものについて、相手を思う気持ちの部分から送っている、
純粋な愛情の部分は、傷つきません。
特に見返りや感謝すら求めていない部分なので、
相手や状況がどうあろうと、心の傷とかは、全く関係ありません。

相手の反応で傷つくのは、愛というより、自分のエゴの部分です。
例えば、恋愛感情の部分は傷つくかもしれません。
愛、というものについて、相手がこうするべき、というものの見方が
入り込んでいたら、その部分は裏切られて、傷つくかもしれません。


もし、恋愛関係で、相手に愛を送りたい、というときに、
傷ついたということが出てきた場合には、
相手を責める前に、自分が相手にどんな期待や、こうするべき、
という部分があったか、見つめてみてください。

深く見つめていくと、愛そうとしたからではなくて、自分の中に、
傷を作り出す部分があって、それを手放すことで、
自分も相手も楽になれる、ということに気付くことで、
愛したから傷ついた、という重たい部分を手放すことができます。

愛したときに傷ついた、ということがあったときには、
このことを、ぜひ、試してみてください。
その方が、2人にとって、もっといい形で絆を築くことができるようになれます。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/154-969af063