このエントリーをはてなブックマークに追加
自分にとってとても身近な人、
例えば、父親、母親、彼氏、彼女などなど、
そういう人に対して癒着しているような部分、
がでてくることがあります。

癒着というのは、自分とその人との間の、
境界線があいまいになっている感じのことです。

恋愛関係の中で、この部分が出てくると、
自分が相手に対して、とても犠牲的になって、
相手を助けるために、何でもしてあげる感じになったりもします。

自分と相手の境界線があいまいになっていて、
本来であれば、相手が自力でやらなければならないことも、
代わりに自分がやってあげたくなったりします。
それによって、相手が成長できなくなったりもしますし、
自分自身がそれで辛くなってくる感じにもなります。


もし、癒着があると感じるのなら、
その癒着している部分について、
どうして、自分はその部分を手放したくないって思っているか、
見つめてみてください。

相手に対して愛情の部分から、癒着を選んでいる、
という部分もあると思います。
ただ、もう一つ深い部分を見ていくと、
癒着によって、自分の中で満たされるエゴの部分があるということに
気付くことができます。

どんなエゴがあるかは、人によって異なるかもしれませんが、
例えば、相手を助けることによって、
自分自身の価値を感じたい、という部分であったり、
相手からの愛が欲しいために、やってしまっているという部分だったり、
そこには、あまり自分でも見たくないような、期待の部分、
が隠れていることがあります。


ただ、ここで気付いてほしいのは、
癒着がある状態よりも、癒着を手放した状態の方が、
より自然に相手とつながることができて、
それによって、より絆を深めることができる、という部分です。

もし、癒着があると感じるなら、
相手との絆を深めていくためにも、
癒着や犠牲や期待の部分を手放す、という選択をしてみてください。

癒着が強いほどに、その選択をすることには、
強い抵抗感がでてくるかもしれません。
その場合は、自分が癒着することが、本当に相手や自分のためになっているか、
深く見つめてみてください。

そして、もし、癒着がないほうが、お互いにとって良いと思えるなら、
それを手放していく、ということにチャレンジしてみてください。


癒着が手放せた度合いだけ、
その関係性に楽さや、愛情、絆、など、
受け取れる部分が増えていきます。

そのことを、ぜひ、体験してもらいたい、と思っています。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/158-b053b593