このエントリーをはてなブックマークに追加
何も感情が感じられないようなときに、
心の中をよく見てみると、そこには痛みがあって、
そこに触れたくないようなときに、
何も感じないようにしてしまっている、ということがあります。

このときに、何も感じたくない、という気持ちがあるのとは、
矛盾するのですが、感情が感じられないために、
何か感情を強く感じるような出来事を起こしたくなる、
という心の動きが生まれることがあります。

感情を感じられない分だけ、
感情を感じられるようなストーリーを望むような部分です。

この部分があると、何かとても大変な苦労を選ぶ、とか、
悲劇的な出来事の中に入っていく、とか、
何かドラマのようなものを選択していくような感じになります。


ここで求められることは、そのストーリーを乗り切る、
というよりも、自分の心の中で起こっている、
感情を感じないようにブロックしている部分を取り除く、
ということです。

自分がその痛みの部分を避けてきた度合いだけ、
ここに向かい合うのには、とても大きな抵抗が生まれるかもしれません。
抵抗が生まれることから、もっと無感覚になったり、
それはもう自分にとってはどうでもいいことだ、という風に扱いたくなったりします。


ただ、そのストーリーは、自分が感情を感じるために
自分が呼び込んだものだとしたら、
大切なことは、その感情を感じる、という部分です。

感情を受け入れることで、もっと自然なエネルギーの流れを
体と心に感じることができます。
抵抗を手放して、進んで、その痛みに部分に中に入っていってみてください。


もし、心の中で感情を感じられない代わりに、
現実の中に、ドラマのような部分を引き寄せてしまっているところがあって、
そこで大変な想いや、疲れ切ってしまっているような部分がある場合は、
自分の中で、封印してしまっているような感情がないか、見てみてください。

そこで、ありのままを受け入れることができたときに、
ドラマを手放すことができる、ということを、
ぜひ、体験してもらいたい、と思っています。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/162-c73100ba