このエントリーをはてなブックマークに追加
恋愛関係で、相手の態度に不快さを感じたときに、
そこから、自分を否定されたように感じたり、
愛されていない、といった感じがしたりすることもあるかもしれませんが、
そこで、別の見方をすることができます。

それは、相手が自分を愛していない、ということではなく、
相手は自分からの愛を求めている、という部分です。

相手にとって、何か痛みがあったり、
こちらの方に助けを求めているような場合、
それを素直に表現する、というより、
何か攻撃的になったり、不快感を与えるような態度になってしまったり、
ということは少なからずあります。


もちろん、相手から少し距離を置く、という選択が
求められることもあるかもしれませんが、
ここで大切なのは、信頼、の部分です。

相手が自分を愛していないから、こんな態度をとるんだ、
という風に、相手に疑いを持つと、
なかなか、相手は実は自分に助けを求めていたり、
愛を求めている、というところが見えにくくなります。

自分の中に痛みが生まれそうなときほど、
信頼、を選択してみてください。
相手の中にある痛みの部分や、愛を求めている部分に対して
知らん顔や、拒絶をするのではなく、
何か自分から与えていく、という選択をしてみてください。


信頼があれば、2人の関係の中で起こる様々な問題について、
それを課題として、そこに自分が何を与えていけるか、
どんな風に受け取っていけるか、ということを選択していくことができます。

相手から不快さを感じるとき、それが2人の間にある課題、
だとしたら、相手は自分にどんな助けの部分や、愛を求めているんだろう、
って考えてみてください。

そこで、相手に与えていくという選択をすることが、
2人の関係をより成熟したものにしていきます。
そこで、絆が深まっていく、ということを、
ぜひ体験してもらいたい、と思っています。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/165-baa9afb5