2010.12.01 話してみる
このエントリーをはてなブックマークに追加
人間関係の中で、行き詰まりを感じているときに、
どうせ相手に言ってもムダだろう、
というので、お互いに何も言わなくなる、
ということはあります。

カウンセリングの中では、話を聞かせてもらう中で、
自分の気持ちの部分を、相手に話してみては、
という提案をすることがあります。

といっても、怒りをただぶつけるのではなく、
なんで腹がたっているのか、
その部分を自分で見つめていくと、
本音の部分では、怒り、という感情の裏側に、
わかってもらえてない気がして辛かった、とか、
つながれていない気がして淋しかった、とか、
弱い自分がいることがあります。

本当に相手に伝えたかったことは、
怒り、相手に対する非難、ではなく、
その部分であるならば、
そこに相手は耳を傾けてくれるのではないですか、
という話をしたりします。

コミュニケーションというのは、
お互いの中で、様々な出来事や、立ち位置があって、
展開されていきますが、
言わないとわからないことも多いです。

そんなとき、話してみる、ということが、
関係を改善するための、きっかけになります。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/17-92ad5d28