このエントリーをはてなブックマークに追加
自分の小さかった頃に、いろんな体験をして、
そこで辛かったり、自分のことを悪い子供だ、
と思ってしまって、縮こまってしまったり、
まだ、心の中で癒えていない傷の部分があったときに、
その感情について、今の自分が再体験するようなケースがあります。

この感情は、ある意味では、癒されるためにあがってくる感情、
という見方をすることもできるのですが、
今、体験している問題や、ネガティブな感情について、
掘り下げていくときに、見つかるその傷の部分について、
自分の中に、まるで小さかったころの自分がいて、
その子が傷ついている、といったイメージを持つと、
とてもしっくりくることがあります。


そこで、自分が感じている感情について、
自分の中に傷ついた小さな子供がいて、
そこ子をケアしてあげる、というイメージをすることで、
その根深い傷の部分に触れていくことができます。

ここで大切なことは、その子供の部分を否定したり、
感情を封印してしまわない、ということです。

感情は受け入れて感じていくことで、
自然に燃やして解消していくことができます。

自分の中にいる傷ついた子供が、
その感情を象徴するものとしてイメージしたうえで、
例えば、その子をイメージの中でハグしてあげたり、
何か優しい言葉をかけてあげる、など、自分自身が
子供のころにしてもらいたかったことをしてあげることで、
その傷の部分をケアしていくことができます。


あと、その小さな頃の自分が、その傷を体験することで
誤解してしまったような部分に気付くことができると、
そこで、違うものの見方を選択しなおす、
ということもできます。


傷ついた小さな子供の部分をケアして、
受け入れることができた分だけ、
今の自分が楽さを受け取ることができるようになりますので、
時間があるときに、一度心を落ち着かせて、
その部分を見つめてみる、というのは、とてもおすすめです。

何か、自分の中で根深い感情の部分があるような場合に、
一度、試してみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/170-0b2b31fd