このエントリーをはてなブックマークに追加
家族の中で、優しくしてもらえなかった、とか、
わかってくれなかった、認めてもらえなかった、
といった痛みが心の中に残っていることがあります。

過去の痛みであり、これは、今の人間関係の中でも、
そこを刺激されるような出来事があると、
怒りや相手を責める気持ちが出てきやすい部分でもあるのですが、
これの傷は、実は自分自身の才能の部分を表しています。

その傷は受容していくことで、
才能へと変容させていくことができます。


家族から与えてほしかったもの、例えば、
優しくしてもらえることだったり、理解してもらえること、
認めてもらえること、色々あるかもしれませんが、
それは、実は自分が与えていくことができるものです。

それに気付くことができると、傷にとらわれていたものの見方を
180度変えることができます。

自分には、その痛みがわかるのだから、
同じような体験をする人が、どうしてもらいたいのかを理解できたり、
痛みを感じる度合いだけ、それを与えた人よりも、
もっと上手にその部分を与えることができる、
ということは、簡単に理解できると思います。

もちろん、与える、となると、ほかの人に働きかける、
という部分が出てくるので、どうやって与えていくか、
その人のその部分に近づいていくか、
というところで、怖れが出てくることもあるかもしれませんが、
自分だったら、どうしてほしかったか、というのは、よくわかると思います。


家族の中で傷ついた部分に関して、被害者であることを手放して、
そこから自分の才能の部分を発揮していくことを選択できると、
生き方自体を変えていくことができます。
それができたときに、より、自分らしさ、の部分がでてくるようになります。


家族から与えてほしかったものを、自分が与えていくもの、
に変えてみてください。
それは、自分自身がやってみたかったこと、だということに
気付くことができると思います。

それによって、自分自身の器が大きくなっていく、
ということを、ぜひ体感してもらいたいと思っています。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/196-825d57d0