このエントリーをはてなブックマークに追加
カウンセリングの中で、その人が感じている淋しさ、
の部分を扱うことがあります。

相談内容としては、彼のことが信じられない、とか、
彼とのことで、モヤモヤしていることがある、という、
淋しさとはちょっと違うところが入口となっていたりします。

ただ、色々話をして掘り下げていく中で、
その人の心の中にある、淋しさ、の部分が
色んな出来事の根っこにある、
ということがわかってくることがあります。


大切な人との間にへだたりが出来て、淋しさを感じているとき、
とてもネガティブになりやすいかもしれません。

相手のせいだったり、環境のせいだったり、
色々とへだたりが出来る理由はあるかもしれませんが、
もし、自分自身の心の中に、そのへだたりを生む出す部分があるとしたら、
そこに気付いて取り除くことで、前に進むことが出来ます。

相手への執着だったり、怒りだったり、もし、手放すことで
自分が楽になって、相手とつながりやすくなる、
という部分に気付くことができれば、それはとてもラッキーです。
これは相手とつながるためのチャンスだ、と考えることができます。


淋しさを感じているときほど、相手からつながってきてほしかったり、
理解されたかったり、愛されたかったりするものかもしれませんが、
ここで大切なことは、淋しさを感じているときほど、
実は、自分の心の中に、つながりを怖れている部分がある、ということです。

待つのではなく、自分から、大切な人に感謝を伝えたり、
相手のために何かをしてあげたりしていく行動が、
へだたりを感じている相手との間に、橋を架けます。
それは、自分の心の中にある怖れを手放すことにつながっていきます。

完璧にやる必要はないです。
自分自身に完璧さを求めるのではなく、できることから、一歩ずつやってみて、
積み重ねていくことが、へだたりのある状態から、
つながりを生み出していくことにつながっていきます。


淋しさを感じているときや、大切な人との間にへだたりを感じているときは、
自分の心の中に、へだたりを生み出している部分があるとしたら、何だろう、
って考えてみてください。

もし気付くことがあるとしたら、チャンスです。
あなたなりの方法で、へだたりのある状態に、橋を架けてみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/204-c744f852