2014.08.12 買い物依存
このエントリーをはてなブックマークに追加
買い物をすることによって、商品自体というより、
代わりに別のものを満たそうと無意識のうちにしていると、
いくら買い物をしても、その瞬間は満たされても、
また、別のものを買いたくなってしまいます。

買ってから、実は同じものを持っていた、なんていうことがあったとしたら、
その商品自体が欲しい、というより、
ただ、買い物がしたかった、ということ、かもしれません。

ここでカギになってくるのは、
代わりに満たしたかったもの、というのが、
なんだったのか、という部分です。


自分では、その商品が欲しかった、と思っているとは思いますが、
ちょっと自分なりに冷静になって・・・・、もし、仮に、自分の中に・・・・・、
買い物することで、何かを埋め合わせようとしている部分があるとしたら、
どんな部分があるような気がするでしょうか?

たとえば、淋しさ、だったり、
役に立たない感じ、を感じているかもしれません。
その人なりに、満足していない部分だったり、
何かネガティブな部分や、弱さの部分、こういったものが、
買い物依存の裏側に隠れていることがあります。


もし、買い物依存をやめていきたい、って思うとしたら、
この裏側にある、自分の中にある心の弱さの部分を
手放していくことも鍵になってきます。

例えば、自分のことを、役立たずだって思っていて、
買い物をして、誰かに何かを買ってあげることで、
人から感謝をされたりするのが嬉しくて、
やたらと買い物をする人がいたとします。

誰かに何かをあげること自体はいいのですが、
この、自分のことを役立たずだ、って思っている部分があると、
過剰にやってあげる感じになります。

あまりにもそれが強すぎて、周囲が迷惑に感じることもあるかもしれませんが、
迷惑がらたりすると、余計に自分が役立たずのように感じてしまうので、
その素振りを感じたとたんに、腹が立ったりするかもしれません。


買い物依存自体、というより、この心の中にある、
自分のことを、役立たずだって思ってしまっていることの方が、
ポイントになってきます。

これはとてもつらい感情ですし、
誤魔化したくなる感情だとも思います。
そこを後回しにして、買い物依存の部分だけを止めようとしても、
なかなか難しいかもしれません。


買い物依存がある場合、それを引き起こすような部分があるとしたらなんだろうって
一度、考えてみる、というのも、一つですよ。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/215-ae8392f9