2014.08.15 助けを求める
このエントリーをはてなブックマークに追加
自分が辛さを感じていて、人に助けてもらいたいようなときに、
素直に、助けて、と言えない、ということはあるでしょうか?

小さかった頃、まだまだ両親や周囲の人たちに甘えたかったようなときに、
両親が忙しかったり、なんでも自分一人でやる、ということが強く求められるような状況が続くと、
自分の心の中の依存の部分を抑え込むあまりに、
大人になった後でも、助けて、と言えなくなってしまうことがあります。


大人に成長していくにしたがって、
自分なりのやり方を身につけていくようになり、
なんでもできるようになっていきますが、
自分一人では、解決できないような状況に直面することは色々と出てきます。

周囲の人たちの助けを借りて、乗り越えていけるといいのですが、
助けて、と言えないことで、そこで立ち止まってしまうことがあります。


心の中で、自分でやらなきゃいけない、と思い込んでいると、
それがどれだけ苦痛を伴うものでも、人に助けを求めることに
抵抗感が出てくると思います。

もし、自分でやらなきゃいけない、と思い込んでいるものの中から、
何か一つでも、自分一人でやらなくていいものを
見つけることが出来るなら、誰かに助けを求めてみて下さい。

そして、助けて、と相手に伝えて助けてもらった時に、
どんな感じがするか、自分の心の動きを自分なりに、感じてみて下さい。


抵抗感があるかもしれないですし、もしかしたら、何も感じないかもしれません。
ただ、そのときに、自分なりに、もう誰にも頼らないって決めて作り上げていた
心の中にある壁の一部が、少し崩れかけている部分を見てみて下さい。

想像してみてほしいのですが、もし、自分の周りにいる大切な人が、
自分と同じように助けを必要としていても、それを口にできないでいるとしたら、
黙っていないで、助けてって、言ってほしいって思いませんか?

助けを求める、ということは相手にとって迷惑であること、のように感じるかもしれません。
ただ、周りからすると、困っているなら、迷惑であることを気にしすぎずに、
素直に言ってほしいもの、という部分があります。


助けを求めることは、人とのつながりを求める、ということにつながります。
もし、自分の中で、助けてって言える部分が見つけられるなら、チャンスです。

素直にそれを口にすることで、自分の心の中にある壁に穴をあけてみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/216-0a2e23b7