このエントリーをはてなブックマークに追加
彼や友人がかまってちゃんだと、最初の方は良かったとしても、
だんだん重荷に感じてくるようになってきます。

かまってちゃん、というのは、基本的に、
自分の問題を誰かに解決してもらおう、としていますが、
相手をする側からすると、この解決してもらいたい、
という期待の部分が、重荷になります。


淋しいから、相手をしてほしい、とか、
大切にされていないように感じるから、もっとこういう風にしてほしい、とか、
苦しいから、楽になれるようになんとかしてもらいたい、とか、
かまってちゃんは色々と要求してくる、かもしれませんが、
そのときに、大切なのは、そのとき、自分がどう感じるか、です。

イライラするかもしれませんし、
何か圧力のようなものを感じるかもしれませんが、
どちらも根っこにあるのは、断ることに対しての罪悪感です。


かまってちゃんの要望に対して、犠牲的に相手の要望をかなえてあげるのは、
お互いのためにならないです。
本来、相手が自分でなんとかしなければならないようなことを、
こちらに解決を求めてきているような場合なら、なおさらです。

もし、罪悪感を感じている、というのに覚えがあるようなら、
断る、ということが、自分の為だけではなく、
相手の為にもなるっていう部分に気付いてみてください。
かまってちゃんの要望を叶える、ということは、相手がその依存的な態度のまま、
成長しないということに手を貸していることになるからです。

相手から距離を取る、ということも大切です。
距離があると、誰かに解決してもらうのではなく、
相手は自分一人でそれと向かい合うことになります。
また、距離がある方が、断りやすくなります。


断られることや、距離を取られることに、
相手から強い抵抗が来ることがありますが、
そこで罪悪感を感じて、
簡単に相手の要望を叶えてしまわないようにしてください。

忍耐強く断ることが、お互いのためになります。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/220-2ec2fa24