このエントリーをはてなブックマークに追加
好きな人がいて、一緒にいる遊んだりもしているけれども、
相手からキープ扱いされていることがあります。

どこか相手が自分をちゃんと見ていないし、
ちゃんと付き合う、という感じになっていないので、
認めたくないけれども、愛されている感覚もなくて、
全然その関係では満足できないような感じです。


キープ扱いされているときほど、
相手に対して持っている執着の部分を手放す、
ということが大切になってきます。

執着、というのは、相手のことが好きだけれども、
上手くいかなかったらどうしよう、って思っている部分です。
キープ扱いされているにもかかわらず、
ここへの想いが強すぎると、どんどんキープ女になってしまいます。

執着の部分があると、
相手から何か求められると、応えなければいけない、
って思ってしまいますが、
相手から求められるままに与えていると、
自分の魅力の部分を失うことにつながっていきます。

ちゃんと付き合っているのならいいのですが、
そうではない場合、相手から求められるままにふるまうことは、
自分の価値を低く扱うことになります。
相手から見て、いつでも口説ける相手、思い通りになる相手、
になってしまっていたとしたら、魅力がどんどん下がってしまいます。


キープ扱いされているように感じるときほど、
相手への執着を手放して、自分の心の中にある重たい部分を
軽くしていってください。
その方が相手から見て、より魅力的になります。

また、実際に相手への想いも手放して、
自分のことをキープ扱いしない、
もっと素敵な人を求めていく、というのも全然OKです。


キープ扱いされることを、自分に許可しないでください。
相手のことがどれだけ素敵に見えたとしても、
それ以上に自分自身のことを大切に扱って下さい。

その想いが、自分自身を輝かせます。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/221-d4b3e26c