このエントリーをはてなブックマークに追加
日々の生活の中で、時間が足りないって思うことはあるでしょうか?

時間が足りないっていう感覚があるとしたら、
毎日忙しいけれども、充実しているというより、
ただ、時間に追われているだけで、
日々の生活に全然満足感がない感じになりやすいです。

1日24時間を十分に使い切って、
よく働いたし、よく楽しんだし、最高な一日だった、
と思えるのであれば最高ですが、
時間が足りない、ということは、
時間の使い方に関して、どこか上手く回っていないところがあることになります。


本当に自分が使いたいところに集中して時間を使えていて、
そこで楽しさや充実感を受け取れていればいいのですが、
もし、それがないのだとしたら、
自分がやりたいことに集中できているか、というのがポイントになってきます。

やりたいこと、というより、やるべきことの方が多くなってくると、
時間が足りなくなります。
やりたいことも多すぎると、手が回らなくなります。
どちらでも、鍵になってくるのは、手放す、ということです。

自分の中で、絶対にここに時間を使わなければならない、
と思い込んでいるものに関して、可能な限り手放してみてください。


手放す、というのは、やめてしまう、ということではなく、
絶対にしなければならない、という思い込みを少し脇に置いて、
本当にそれが自分にとって必要か見直してみる、ということです。

そこにかける時間を減らしたり、頻度を減らしてみたり、
思い切ってやめてみたり、ということができるようになると、
生活の中で使っている時間の使い方を変えることができるようになります。


大切なのは、思い込みを手放す、ということです。

思い込みが手放せれば、普段の仕事でも、抱え込みすぎないようにできたり、
上手く調整して、積まれてくる仕事を断ることができるようになったりします。
案外、がんばらなくてもいいところで、
自分のこだわりで時間をかけすぎているような部分ってないでしょうか?

家事に関しても、完璧にするのではなく、手を抜けるところを抜いたり、
自分が全部やらなければならない、ではなく、誰かに頼んだりすることで、
自分の負担を軽くする工夫ができるようになったりします。


思い込みを手放す代わりに、自分には、もっとやりたいことに時間を割いてもいいんだ、
って自分自身に許可を与えてください。
やるべきことの追われている人は、その許可ができていない人です。
許可ができるようになると、自然にその時間がとれるようになります。

そして、心の中で、これに時間を使いますって、やりたいことを選択してください。

その選択したことに集中して、そこに時間を使い切れた分だけ、
日々の生活に充実感が出てきます。


ただ、ここで抵抗感がでてくることがあります。
それは、自分がやるべきことをやっていない、という感覚です。

もっと仕事をしなければ、家事をしなければ、申し訳ない、とか、
もっと忙しくなければ、自分に価値がない、とか、
もっといろんなことに取り組んでいなければ、魅力的ではない、とか、
もっと早いペースで成長していかなければ、自分はダメだ、とか、
ダメな自分をダメじゃなくすために、自分を駆り立てたくなる感覚です。

その感覚こそ、手放してください。

ダメな自分をダメじゃなくすために使う時間こそが、
ぶっちぎりナンバーワンの時間泥棒です。

一番時間を使うべきは、自分が本当にやりたいこと、です。

それは、もし、今の自分がダメじゃないとしたら、何をしたいか、
どんな風に日々を過ごしたいか、ということです。

自分がダメだ、ということに囚われている時間を手放して、
やりたいことをやって、楽しさを感じている時間を、
ぜひ受け取っていって下さい。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/234-8abd5a28