このエントリーをはてなブックマークに追加
カチンときたときに、条件反射的に怒りを相手にぶつけるのが
癖になっている人はいるでしょうか?
良くないとは思いつつも、どうしても抑えられない・・・・・、
そんな方もおられると思います。

その反対に、怒りを我慢する癖がついている方もおられます。
これはこれで、怒りを心の中に抑圧された形で
ため込んでしまうことになります。

周りの人たち、例えば、彼に対してや、家族に対して、
ついつい言い過ぎてしまったり、逆に怒りをため込みすぎてしまったり、
しているような部分はないでしょうか?


怒りは、何かの感情を抑えようとしたときに出てくる感情です。
別の言い方をすると、自分の身が傷つかないように、
守ろうとするときに、感じやすい感情です。

例えば、何か大切にされていないように感じたり、
自分がちっぽけに感じたり、淋しさを感じていたり、
自分が悪者のように思えて、なんだか申し訳なさを感じそうになったときなどに、
そこから身を守るために、怒りが出てきます。

どんなときに、怒りを感じやすいでしょうか?

そこを掘り下げていくと、自分自身が感じていた怒りのルーツが見えてきます。
ルーツがわかると、本当は相手を攻撃したかったのではなく、
その弱い部分に対してのケアがほしかった、ということに気付くことが出来ます。


そして、もし、準備が出来たら、怒りを手放そうって選択をしてみてください。

心の中で、その怒りをイメージしてから、
その怒りを手放す、ということを心の中で宣言した後、
目の前にある怒りから、自分が離れていくイメージをしてみてください。


怒りが手放せるようになると、次にまた同じような
怒りを感じるそうな状況がやってきたときに、
どう反応するかを自分で選択できて、状況に応じて、怒りを抑えたり、
自分が感じている怒りについて相手にコミュニケーションできたりするようになります。

それをぜひ体験してみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/235-5e2cfdd2