このエントリーをはてなブックマークに追加
何か怒りを感じることがあった時には、
こうであってはならない、
といった正しさの部分がその怒りの中にあります。

怒りを感じたとき、どんな正しさが自分にあるのか、
客観的に見てみると、それが、自分だけが思っていることなのか、
それとも、周りの人も共感をするようなことなのか、が少し見えてきます。

ここで、もし、それが自分だけのルールのように思えるなら、
怒りを手放して、成長することができるチャンスです。


自分が思っているその怒りの内容について、
ただ愚痴るのではなく、どう思うのか、周りの人に意見を聞いてみるのも、
話していく中で整理されてくることもありますし、
自分にとって、プラスになります。

話すことの目的は、自分の正当化、というより、
自分以外の人の観点を受け取る、という部分です。

そこで、怒りの中に隠れている、自分だけの独りよがりなルール、に関しては、
なんとなく、その部分は人に話しにくかったり、
話したとしても、共感してもらえなかったりすることになります。

その部分に気付けたら、チャンスです。
そこには、自分が成長するためのきっかけがあります。


独りよがりのルールがあることに気付いた時、
これは、別に怒ることじゃないはずなのに、でも、自分は腹が立つ、
という部分に気付くことが出来ます。

もし、その自分だけのルール、を手放すことができたら、
その怒りも一緒に手放すことができまし、
自分の中の頑なさを1つ手放すことができるようになります。


ただ、その独りよがりのルールを、手放した方がいいということがわかっていても、
なかなか手放しにくいことがあります。

それは、自分の中の過去の傷が、そのルールを作っているときです。

自分の過去の傷が、もう一度痛みを感じることがないように、
正しさを使って、自分の身を守ろうとしたとき、
独りよがりのルールができることがあります。

どんな過去の傷があるでしょうか?
そこにまだ許せていない誰かがいるでしょうか?

もし、そんな過去の傷があるとしたら、さらにチャンスです。
その傷を手放すことが出来たとき、
その誰かを許すことができたときに、
自分自身を大きく成長させることが出来ます。


怒りを感じることがあった時、そこに独りよがりなルールや、
過去の傷がないかどうか、セルフチェックしてみてください。

そして、もし、そういったものがあることに気付くことができたなら、
ぜひ、それらを手放す、ということにチャレンジしてみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/250-8cff7664