このエントリーをはてなブックマークに追加
大人になって働くようになってからも、親との関係で・・・・
例えば、自立した一人の人間、というより、何か子供扱いをされていたり、
アレコレと小言を言われたり、余計な干渉をされたりすることで、
辛い想いをしている方はおられるでしょうか?

親が自分のことをわかってくれなくて、
相手に対して憎しみを持ったり、
許せないという想いを持つこともあるかもしれません。

例えば、考え方や価値観を強引に押し付けてきたり、
コントロールが強いような親もいるので、
そういった場合、本人からすると、
対処にすごく苦労する、といったこともあると思います。


そういった場合、親との癒着がある場合もありますので、
まずは、独り立ち、が重要になってきます。
経済的に自立し、独り暮らしをし、物理的にも精神的にも距離を取る、
ということが、自分自身のためになりますし、
親にとっても、子離れするきっかけになります。


親の言葉が気にならない、ならいいのですが、
子供時代からの積み重ね、がありますので、
親から自分に向かってくるメッセージ、というのは、
とても、自分の心に及ぼす影響が大きいこともあります。

親から言われる言葉が、自分の中の、自分自身を責める言葉に
そっくりそのままなることも多いです。

とてもネガティブで、自己嫌悪を作り出す言葉だったりもしますが、
本当に意識を集中しなければならないのは、その言葉ではなく、
自分が本当はどうしたいのか、という自分の意志の言葉です。


親の言葉が自分にとって、何か鎖のように重い言葉になっているとしたら、
自分の中に、その親の顔をイメージとして思い浮かべたあと、
自分がどうしたいのか、という宣言をして、
そのイメージに対して、自分が遠ざかっていくことをイメージしてみてください。

大切なのは、親の言葉に捕らわれすぎない、ということです。
そのネガティブなメッセージを、自分の心の中で重要視せずに、
自分を責める心も、相手に対する嫌悪感もすべて、手放す、ということです。

その代わりに、自分がやりたいことや、望んでいること、
そこに意識を集中することで、親の言葉ではなく、
自分の人生に集中する、ということができるようになります。
それができたとき、親からの干渉に対して、被害者であることを手放すことができるようになります。


一回やっただけでは、上手くいかないこともありますし、
言葉を変え、タイミングを変え、色んな形で、
親からのネガティブなメッセージ、に自分が捕らわれてしまうことはあるかもしれません。

ただ、手放すことができたとき、手放す前と比べて、
自分が楽になっていることを感じることが出来ます。



#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/251-8f230203