このエントリーをはてなブックマークに追加
昔の彼のことを思い出して、むか~っときたり、
今でも許せない、と思える気持ちが、
ぶり返してくることはあるでしょうか?

私の知っている人でも、お酒を飲んで、ちょっとスイッチが入ってしまうと、
そういうモードに入ってしまう、という人がいたりしますが、
昔のこととはいえ、思い出したら今でもムカツク!、という部分は
ちょっと残ってしまう、ということはあるかもしれません。

ただ、ここで、その怒りに対しての執着があるために、
いつまでも嫌な気分にちょくちょく浸ることがある、としたら、
ある意味、自分で自分を罠にかけている、という感じになっています。


もちろん、自分でも、いつまでもそんなことを考えていても仕方がない、
ということはわかっている、と言いたくなると思います。
それでも、過去の許せない想いにとらわれている間は、
過去にとらわれて、時間がとまってしまっている感じになっちゃっています。

過去の許せない想いは、思い出したくなくても思い出してしまう、のではなく、
思い出したくて、浸りたくて思い出している、という風に考えてみてください。

抵抗感はあるかもしれませんが、
もしかしたら、そうかも、って考えてみてください。
そこで、もし、そういう風に考える、というのが、
少しでもしっくりくる感覚があるなら、チャンスです。

執着は、誰かにさせられているものではなく、
無意識のうちに、自分で選択をしているものです。

だから、自分でやっているのだ、という考え方に気付くことができると、
その無意識の層に眠っていた選択を、
自分の意識の方にひっぱりだしてくることができます。


引っ張り出して来たら、自分の中で、こう、宣言をしてみてください。
「私はこの怒りに執着することを手放します。」
そして、その怒りをふっと手放して、自分からその怒りの対象である、
元カレが、すーっと、離れていくところを想像してみてください。

ここで、その元カレが自分から離れて、姿が見えなくなるまで、
想像を続けて、その間、自分が感じる感情を、ただ、感じてあげてみてください。
そして、今、彼がいるとしたら、昔のことにこだわるのではなく、
今の恋愛に意識を向けてあげて下さい。


ただ、もし、新しい彼が今いないとしたら、
次の恋を自ら求めてみてください。

前に踏み出す時にいいのは、人間関係に何か変化を起こすことです。
今までの人間関係にプラス何かを加える感じです。
そこで、新しい人の縁を受け取って、
そこから、自分自身も成長させる、ということにチャレンジしてみてください。

これに取り組んでいると、過去の恋愛のことを考えている時間が、
本当にもったいなくなってきます。

昔のことにこだわって、いつまでも怒りを感じている時間よりも、
今よりもいい女になっていく、ということに使う時間の方を、選択してみて下さい。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/254-5dbd9fdf