2014.09.23 親の痛み
このエントリーをはてなブックマークに追加
両親のことで、どうしても許せない、という部分はあるでしょうか?

私は、昔、親に陰口を言われていたのが、どうしても許せなくて、
ずーっとその情景を思い出しては、怒ってばかりいたことがありました。
腹が立ちすぎて、一日中、何も手につかないこともあったくらいです。

陰口を言われた内容、というより、親から陰口を言われる、ということ自体が、
当時の私にとって、ピンポイントで私の心の一番痛いところに、
ヒットしていたんですね。

ただ、現在では、心の中で許しを選択したので、
今、それを思い出しても、何とも思わないです。
一言で言うと、親も人間です。欠点、弱点、至らないところ、あるのが普通です。

ただ、それによって、子供時代、自分が大きなダメージを受けてしまうと、
そのときのことが、どうしても許せなくなってくることもあると思います。

「なんで、そんなひどいことをするの?」
「どうして、わかってくれないの?」

そんな風に思うこともあるかもしれません。


人間には、誰しも欠点や弱点がある、なんて思っても、
どうしても、親を許す、という気になれないことがほとんどだと思います。

ただ、今、大人になった自分から見て、その許せない親って、
どんな人物でしょうか?

イヤな面が色々と思い浮かぶかもしれません。いいところも思い浮かぶかもしれません。

ただ、その中で、親の弱い所、だったり、親が苦手にしているところ、
親が越えられない壁、何かへたくそなところ、不器用なところ、かっこ悪いところ、
情けないところ、を、ちょっと見てみてください。

親の中にある自分が責めたいところ、というより、親の中にある弱い部分です。
それを見て、今、どんな風に感じるでしょうか?


そして、こんな部分を見ようとしてみてください。
親は、親自身が子供だった頃、周りから大切にされていたでしょうか?
それとも、自分と同じように、何か心に傷を負うような体験をしていたでしょうか?
ちょっと、想像してみてください。


別に、親のことをかわいそうだ、って思ってほしいわけではありません。

ここで、私が試してもらいたかったのは、親を子供目線で下から見る、ではなく、
親の弱い部分を、大人の視点で見る、ということです。
その方が、親のことをあるがままに見れます。

親に何か怒りを感じているとき、上の立場の人間に対して、下から目線で突き上げる感じで、
あんたはひどい親だ、って批判をするという感じなりますが、
そのポイントからちょっと離れて、大人の目線で、親の弱い部分を見てみてください。


この情けない、弱い部分をもっている一人の人間である親を見て・・・・、
決して完璧ではないですし、
自分のことでいっぱいいっぱいなことも多い親、
至らないところも多い親、
それを見て、どう思うでしょうか?

なんだか、自分に似てるって思う部分もあるかもしれません。

まあ、こいつにこれ以上アレコレいっても仕方ないって、
諦めの気持ちが出てくるかもしれません。

それとも、本当にかわいそうな人間だなあって思うかもしれません。


そこで、私から一つ聞きたいのですが、この情けない親のこと、
助けてあげたいって思わないですか?

助けたいとは思わないかもしれませんが、もう、許してあげよう、とか、
少しでも思えたら、その人は、すごくラッキーです。

なぜなら、親のことを責め続けるより、
親に対して、許しを選択できた方が、はるかに自分が楽になるからです。


これは、本当にびっくりするくらい楽になります。

親のことを責めている間、その責めの言葉は、
まわりまわって自分自身を責める矢となって帰ってきますし、
親のことで怒り狂っている間は、自分自身、何も受け取れません。

それが、どれだけろくでもない親だったとしても、
親を責める、という行為は、とにかく自分の人生に
ろくでもないことばかりを引き起こします。
もちろん、そのことも含めて親のせいにする、ということもできますが・・・・


もし、親の許し、にチャレンジしたい、という気持ちが少しでも出てきたなら、
ぜひ、チャレンジして、今よりも楽な自分を受け取ろうとしてみてください。

そこで、その親を責め続けるという束縛から解放されることで、
どれだけ楽になれるか、ということを、実施に体験してもらいたいって思っています。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/255-b46ca56a