このエントリーをはてなブックマークに追加
価値観を押し付けてくる人が身近にいる場合、
それが共感できない内容であるほど、
その人との付き合いが苦痛になってきます。

職場の同僚、ママ友などの友人等であれば、
聞き流す、距離を置く、というので対処できますが、
距離を置くことが難しいし、相手はこちらの言い分を聞かない、
というケースだと、それは大変な苦痛を伴うものになってきますが、
できれば、無視する、聞き流す、というので、できればクリアしていけたほうが、
波風も立ちませんし、無難に過ごせます。

ただ、それがあまりに辛くなってきた場合は・・・・・・、
腰を据えて、試してみてもらいたいことがあります。


価値観の押し付けに関しては、
まず、自分の中で、相手が押し付けてくる価値観よりも素晴らしい価値観を持っている、
ということが求められます。これは、あるはず、です。
なかったのなら、相手の言うことを聞けばいいだけですが、
それに抵抗感がある、ということは、何かしら自分の中でもっと優先したい価値観があるはずです。

ただ、ここで、その価値観を否定されたらいやだなあ、っていう
怖れの感情があるかどうか、というのがポイントになってきます。

もし、それがあるとしたら、その価値観を口にするときに、抵抗感が出てきます。
この怖れが、大変なくせ者です。
この怖れがあると、価値観を押し付けてくる相手に対して、
さらっと言い返せ・・・・、なくなります。

例えば、何か言い返すとしても、小声になったり、もしくは、泣きながらじゃないと言えなかったり、
口にするときに、ものすごい怒りのエネルギーが乗ってしまったり、
言い返すこと自体が嫌になって、何も言えなくなったりします。
その雰囲気が、相手の価値観の押し付けを増長することもあります。


ところが、その怖れを手放すと、自分が大切にしている価値観について、
それは、当然のものであり、当たり前のことであり、
それがわからないなら、その人には何か問題がある、という体で、堂々と発言する感じになります。
他の人もそう思うはずだ、と思えますし、そういう風に相手に言い返します。
そして、相手側に、もしかしたら、そっちの方も正しいのかも・・・、
という雰囲気が一瞬でも出たら、しめたものです。

相手もまた、当然のように自分の価値観を主張したり、
議論しようとしたりすることもあると思いますが、
その場合も、怒らないで、泣かないで、さも自分の価値観が当たり前で正しい、
という風に言い返してください。

きつい言い方は必要ないですし、相手を見下す必要もないです。
相手を諭す必要もないです。ただ、当たり前のことを当たり前のように言ってあげて下さい。
相手がそれに同意しなくてもいいです。
大切なのは、あなたがその価値観に関して、ゆるぎない、ということです。


ただ、その価値観を否定する相手に、言うべきことを言ってもなお、
相手がそれを否定してくる場合は、相手から距離を取ってください。
距離がとることが、何か社交的ではなかったり、
付き合いが悪いような感じがするとしたら、ぜひ、その罪悪感を手放してみて下さい。

距離を取る、ということに関しては、
自分にとって、相手のことが苦痛に感じられず、
相手を思いやる余裕が生まれてくるくらいにまで、離れる、というのがいいです。
ここに関しては、自分の内面の感覚を優先してあげてください。

価値観の押し付けに関して息苦しさを感じている場合、
特にそれが肉親などである場合は、
無意識のうちに、相手に対して距離を取ることや、価値観を受け入れないことに関して、
罪悪感や怖れが積み重なっていることがあります。

それらを手放す、ということに関して、自分にOKを出してあげてみて下さい。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/256-cb3c4059