このエントリーをはてなブックマークに追加
付き合っている人との間で、気持ちのぶつかり合いがあったときに、
怒りをぶつけあうけれども、
いつも話が平行線になってしまう、ということはあるでしょうか?

お互いに感情的になったときに、言いたいことをぶつけ合うだけで、
不満ばかりがたまるだけ、だとしたら、
もしかしたら、本音の部分が相手に伝わっていない、可能性もあります。

ここで、本音の部分、というのは、怒りの下にある、
自分の心の弱い部分です。
その部分を相手に伝えずに、相手を責める言葉をぶつけるだけだと、
相手も、売り言葉に買い言葉を返すだけ、ってなってしまいがちです。


この本音の部分には、言わなくてもわかってほしい、
という気持ちが隠れていることがあります。

誰も、自分の弱い部分をさらけ出すのは、抵抗があります。
もし、私の弱い部分を相手に伝えて、
そこを相手に攻撃されたら、もしわかってもらえなかったら、
自分がボロボロになってしまう、って思うからです。

自分に悪意をもって近づいてくる相手に対して、
このコミュニケーションはしない方がいいですが、
もし、それが愛する相手だったらどうでしょうか?

もし、仮に、相手が相手自身の弱い部分を素直にコミュニケーションしてくる、
としたら、どんな風に思いますか?

攻撃したくなるでしょうか?
それとも、力になってあげたいって思うでしょうか?


ここの部分の話をするのには、相手に対する信頼がいります。
ただ、怒りをぶつけるのとは、違うレベルのコミュニケーションです。

愛する人に怒りをぶつける話の仕方は一旦脇に置いて、
自分の本音の部分を相手に伝えようとしてみてください。
一旦、どんな風に話すか、自分の心の中を整理してみるのも良いです。

相手を責めるのではなく、それを聞いた相手がどう反応するか、
どんな風に思うのかは、相手にゆだねてあげてください。
それが相手に信頼を伝えることになり、
それが、相手の態度を変容させます。


普段、もし、お互いに怒りをぶけあうだけで、
心がつながっている感じがしないとしたら、
一度、この自分の痛みを分かち合う、
というコミュニケーション方法を試してみてください。

勇気がいります。ただ、そこで相手といつもと違うコミュニケーションが出来たとき、
今よりももっと、相手との間に、強い絆ができる、ということを、
ぜひ体験してもらいたい、と思っています。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法

本気で取り組むほどに、大きな価値を受け取ることが出来る内容です。
今失恋を経験している人達に、ぜひ役立ててもらいたい、と思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/258-7a425e81