このエントリーをはてなブックマークに追加
自分のことを過小評価された、と感じるようなことはあるでしょうか?

価値を低く見られる、ということで、
怒りを感じるかもしれませんし、
面白くない、と思うかもしれませんが、過小評価されたときほど、
その評価をうのみにしない、ということが大切です。


過小評価されたと感じた、ということは、自分なりには、
自分の価値を知っている部分があると思います。
ただ、そこでもし、自分の中で暗い気持ちがあがってくるとしたら、
自分で自分に低い評価を付けてしまった、ということを意味します。

だって、そうでないと苦しい気持ちはあがってこないです。
低い評価を自分につけなければ、相手の言葉を受け流すことができますが、
それができない、ということは、
自分で自分に×をつけた、ということになります。


相手の評価は、相手がすることですが、
自分の評価は、自分がすることです。
相手が過小評価してきたからといって、自分が自分を否定しなければ、
深く傷つくことはないです。

相手から否定的な見方をされたときは、この自分が自分をどう扱っているか、
というのが最も重要になってきます。


相手から低い評価をされた、ということは、
自分に価値がないから、というより、
変化を求められている、という風に受け取った方が良いです。

自分自身の価値を認めたうえで、過小評価されている現実を変化させていくための、
何かしらの目標設定をしてみてください。

目標設定の中には、その過小評価をしてくる相手への接し方を変える、
ということも含めたほうがいいですし、
何か、自分の成長した姿を思い浮かべて、そこに近づくというのも含めたほうがいいです。


大切なことは、相手の評価をそのまま受け止めてしまわないことです。
自分自身に低い評価をしてしまっているのなら、
この機会に手放してしまいましょう。


相手は、あなたの中にある価値に気付いていないだけです。
その気づきのないところに、あなた自身をあわせる必要は全然ないです。


ただ、それとは別に、過小評価されている、ということは、
変化を求められている兆しです。

その求められている変化に上手く乗っていけるよう、
目標設定をして、自分自身を成長させてみてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/267-5f5584bb