このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
彼氏や彼女に自分の感じている気持ちを伝えようとするとき、
ポジティブなものならいいのですが、
特にネガティブなものに関しては、
怒りと一緒に伝える、ということが多くはないでしょうか?

怒りたいわけではなかったとしても、
何か相手を問い詰める感じになったり、
間違いを指摘したり、責めるような感じになることも多いと思います。

相手からすると、自分が責められているような気持ちになると、
素直に耳を傾けるのに抵抗感が出てきます。
それがどれだけ正しいものであっても、です。

相手を責めたくて責めているわけではないのなら、
この伝え方の部分は変えていくことが求められてきます。


自分が伝えたかった気持ちってどんなものだったでしょうか?
自分が感じた感情はどんなものだったでしょうか?

例えば、彼の言った言葉で傷ついた、とします。

このとき、相手が冷たい言葉を言った、ということを指摘するよりも、
何かとてもさびしい感じがした、とか、
笑顔でいたいんだけれども、上手く笑顔でいられない、とか、
自分がどういう状態なのか、ということを相手に伝えたほうがうまく伝わります。

相手がどう変わるべきか、いかに間違った行動をしているのか、
を相手に突き付けるのではなく、
自分のことを相手に伝えたうえで、
相手がどうするのかは、相手に任せた方が、相手からの愛情を受け取れるようになります。


自分が相手に間違いを指摘して、
相手が誤って、行動を変えても、
それは、私が怒ったから、になります。
変わらないよりはましかもしれませんが、
これは、嬉しい、という感じが、あんまりしなくないですか?

その代わり、自分の感情、とくに弱い部分を相手に伝えて、
その部分を相手が受け止めて、行動を変えてくれたら、
それは、私が愛されているから、になります。
これは、とっても嬉しくないですか?


自分の感情を素直に伝えることができるようになると、
受け取れるものが変わってきます。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/269-332d0d34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。