このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
腹の立つ人がいたり、問題のある人がいたりすることで、
自分の中でもやもやができたり、その人を責めたり、
ということがあったときに、ちょっと気を付けてもらいたいことがあります。

それは、その人のせいにする、というだけではなく、
もしかしたら、自分にも少し変えることが出来て、
問題が軽くなったり、もしかしたら解決してしまうような部分がないか、
というポイントです。

タイトルにあるような、責任転嫁、とまでいくとおおげさかもしれませんが、
もしかしたら・・・・、って考えたときに、
ちょっと思いつくことがあったとしたら、
時間を取って、ちょっと振り返ってみるのも、お勧めです。


といっても、なんでもかんでも、
もしかしたら自分が悪いのかも・・・・、
という風に考えだすと、とても苦しくなります。
それは、あんまりお勧めしないです。

自分が悪いかも、と考える、というより、
ちょっと第3者的に、その問題のある人や、その周囲、
そして、自分のことを見てみる、という感じです。


自分の中に、問題に反応しやすい部分、というのが眠っていることがあります。
特定の状況を見たり、聞いたりすると、それ自体に何か弊害があるわけではないのに、
すごく腹が立ったり、ストレスを感じたりするような部分です。

もちろん、問題を起こす人にも、変わるべきところはあると思いますが、
それよりも、自分自身が楽になるために、
自分ができることはないか、自分の受け取り方で変えることが出来る部分はないか、
という風に見てみてください。


もし、そこで、無理、と思えるなら、無理をする必要はないのですが、
ちょっと、これだったらできるかも、と思えることがあったのなら、
自分の為にも、試してみてください。

その人のことを責めるにもエネルギーがいるはずで、
責めること自体も、自分自身、あんまり気分は良くないと思います。

自分の一部が変わることで、ストレスが軽減できるのなら、
そうできたほうが絶対にいいです。


そういったことを積み重ねていくと、
ネガティブなことに巻き込まれにくい心を受け取ることができ、
より幸福感を受け取れるようになっていきます。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/276-55b9fa78
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。