このエントリーをはてなブックマークに追加
理由はわからないけれども、
なんとなく気分が悪い(体調というより精神的に)、とか、
ネガティブな気分になってしまっている、といった場合、
他の人から、そういったものをもらってしまっている、
というケースがあります。

もらいやすい体質、といいますか、性質、の人はいます。
人の心の共感したり、同調しやすい感じの人たちですね。
こういった人たちは、優しいハートをもっているいらっしゃいます。

ただ、そういったものをもらいすぎることで、
本人にとっては、とてもそれで苦しい想いをすることがあります。

ただ、自分でそれに気付くことで、
その苦しさをかなり軽減することが出来ます。


ネガティブな想いがあがってきたり、なんとなくイヤな気分になっているな、
って気付いた時に、自分自身の感情をチェックしてみてください。

それは、何か理由があって、自分が感じているものか、
それとも、誰かが感じているものに、自分が共鳴しているのか。
ちょっと落ち着いて、じっくり自分の感情をみてみると、気付くことが出来ます。
そして、これは気付くだけでも、だいぶ楽になります。


あと、こういった共鳴しやすい人、というのは、
優しいハートを持っていますので、なんだか、相手の気持ちに寄り添ってあげる方がいい、
って思っている部分があったりします。

実際に、どうでしょうか?
この記事を読んでいて、自分も確かにもらいやすいって思っている方は、
自分自身に問いかけてみてもらいたいのですが、
わかってあげたい、っていう部分、実はハートの中にないでしょうか?

例えばですね・・・・・、
これは他人の問題なのだから、私は関係ない、って思ってみてください。

ここでちょっと、胸がちくっとする感じがあったら、
自分のハートの中に、できればわかってあげたいかも・・・・、
なんていうハートがあるのかもしれない、って思ってみてください。


そこで、お願いなのですが、
その感情を、その人に返してあげてもらいたいのです。
なぜなら、それはその人の問題だから、です。

といっても、具体的に何かその人に対してするわけではないです。
ただ、心の中で、「この感情はお返しします」ってつぶやくだけです。
そして、それは、その人の為でもあります。


その人が感じてしまっている感情に同調し続けるのではなく、
もらったことで、ただ、その人がそういう感情を感じている、
って気付いただけでもう十分です。
気付いたら、もう手放してあげてください。
それは、自分自身の為にも、その人の為にもなります。


ただ、もし、ちょっと思いついたことで、
その人に何かしてあげたいことがあったら、やってあげるのはOKですが、
基本的には、無理はしないでくださいね。
見守ることが状況としてふさわしいなら、そうするのがいいです。
表面的には何もしなくても、ただ、その人に返してあげるだけで、
充分に、その人のためになります。

そして何より、他の人の想いをもらいすぎないよう、
自分自身をケアしてあげてください。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/277-a21e59a5