このエントリーをはてなブックマークに追加
何かに怒りを感じているときに、
それをどこかにぶつけたり、忍耐したりする以外に、
その怒りを創造的なことや、生産的なことに使う、
という選択があります。

自分の怒りの中にある、今の状態に満足していないような、
変化を望んでいるような心の部分に注目して、
怒りを変化を自ら起す原動力に使う、という選択です。

怒りを感じているときの自分の中にあるエネルギーと、
意欲にあふれて何かをしようとしているときの情熱的な
エネルギーはとても似ています。

完全に同じではないかもしれませんが、
「なんだあいつは!」というときと、
「よし、やったるぞ!」というときとで、
自分が内側で感じている強いパワーは、なんだか似ているとは思いませんか?

怒りを情熱や意欲にシフトする、という選択です。

ただ、このためには、自分がどうしたいのか、という部分が求められてきます。
自分が本来やりたいこと、というのがあったとしても、
その目的に沿って力を使いたい、という想いがぶれていると、
力をシフトしようとしても、どうしても、怒りに身を任せたい、
という衝動に流されてしまいます。

怒りを感じているとき、それに身を任せるのではなく、
自分の本来の目的の部分を思い起こす、ということができれば、
そのエネルギーを、情熱や意欲にシフトしよう、
という選択ができるようになります。

怒りを感じている場面によっては、その怒りを表現することが、
その目的に沿っているケースもあったりします。
その場合も、ただ、怒るのではなく、目的に沿った形で表現する、
ということになり、もちろん、その意識でやった方が物事はうまくいきます。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/286-150c1a6b