このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
誰でも失敗はするものですが、やっちゃったときっていうのは、
落ち込んだり、そのことを引きずったりすることもあります。

私の場合、失敗したことで、心の中で自分いじめをやっちゃうことがあります。
自分で自分にダメ出しをして、失敗した時の様子や、
言われたことや、感じたことを、何度も頭の中でリピートする感じです。

ここで求められていることは、失敗から学ぶことで、自己いじめではないです。
なので、こんなとき私は、自己いじめを手放して、
学びの方に意識をスイッチする、ということを心の中でやっていたりします。
もちろん、このことに気付いてからも、最初のうちは上手くできたわけでもなく、
心の中でそのことを引きずり倒し、ということも非常に多かったのですが・・・。


失敗したときは、罪悪感や怖れにとらわれやすいです。
そこにはまると心が凍り付いて、他のことが手につかなくなったり、
やっていても、何か心そこにあらず、という感じになっちゃったりしないでしょうか?

失敗を手放して、前に進む、と口で言うのは簡単ですが、
そこで、前に進む代わりに、心が罪悪感に縛られてしまったり、
全部投げ出してしまったり、ということの方に流されちゃうこともあると思います。

恋愛での失敗だったら、それが別れにつながったり、
友人関係だったら、連絡をとらなくなる、ということにつながったりするかもしれません。
ただ、もし、前に進むことで、そういうこととは違う選択ができるのなら、
そして、それが自分が本当に望むことが、関係性の継続、だったり、絆を深める、
ということだったとしたら、求められてくることは、失敗から学ぶこと、です。


罪悪感は心のエネルギーを奪います。
自分の良くないところばかり見ていると、それだけで心が疲れてしまいます。
罪悪感や怖れに心のエネルギーを割くのではなく、
この失敗から何を学べるのか、ということに真剣になる、という方にエネルギーを割いた方がいいです。

相手が悪いのか、自分が悪いのか、どっちのほうが特殊なのか、
ということを考えると、罠にはまります。
求められていることは、この失敗から何を学ぶか、ということです。
自分や相手や環境などなど、悪いところ探しの手を一旦止めて、
じゃあ、何を学ぼうか、ということに真剣になってみてください。


罪悪感が教えてくれているのは、あなたがここに関して真剣に取り組む必要がありますよ、
というサインだけです。そのサインが拾えたなら、もう充分です。
恐怖の罪悪感様には、お静まりになってもらいましょう。

自己否定の時間は終了、次は、学びの時間です。
自分を責めているエネルギーや、そこから逃げ出そうというエネルギーを
全部かき集めて、学び、自分が成長する、ということの方に注ぎ込んでみてください。

そして、その方が、自分が楽です。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/292-71a16030
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。