2015.01.13 嫉妬の目的
このエントリーをはてなブックマークに追加
嫉妬、というのはしんどい感情です。
他の人は、自分が欲しいものを手に入れているのに、
自分には手に入らない。うらやましいし、妬ましい。
私もこの感情は感じますが、あんまりいいものではないです。

自分の中にある嫉妬の気持ちとじっくり向かい合って、
掘り下げていくと、その嫉妬を作り出している
自分の思考が見えてきます。

私の場合、その嫉妬のネタによって、様々なものが出てきますが、
とても自分勝手な考え方、が出てきたこともあります。
それに気づいたなら、その考え方を手放して、
その代わりに、自分の欲しいものが手に入る、そうったものが近づいてくる、
という考え方を選択する、ということをしていっています。


大切なのは、その嫉妬が幻想であり、
本当は、自分はほしいものを手に入れることができる、
という方が真実である、ということを選択することです。

嫉妬が生まれているのは、その自分が欲しいものを手に入れていないのは、
XXXXという考え方があるから、もしくは、
XXXXということを信じているから、ということに気付くためです。
嫉妬はあなたにそれを教えてくれている、伝えようとしている、
という風に考えてみてください。
気付いたら、嫉妬はその役目を終えますから、消えていきます。


嫉妬を解消していくことが、その人にとって試練になるようなこともあります。
これは、その考え方や信じていること、それがその人にとって、
とても根深いもので、手放すことがとっても大変だから、だったりもします。
色んなケースがありますが、一番大切なことは、その嫉妬は手放すことができ、
自分はほしいものを手に入れることができる、ということです。


嫉妬があって苦しんでいるとき、
その嫉妬を作り出しているのは自分ではなく誰それ、と考え出すと、嫉妬は続きます。
なぜなら、嫉妬の目的は、あなたに、
その嫉妬を作り出しているのは、自分の中にあるXXXの部分だ、と気付かせることだからです。

嫉妬があるとき、自分の内側にある、
その嫉妬を作り出している考え方を探してみてください。

そして見つけたら、その嫉妬を手放すチャンスです。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法 ~ 嫉妬の恋愛心理学
結婚してから後悔しない ~ 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしさをつながりに変える


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/297-14b40c18