このエントリーをはてなブックマークに追加
誰かを愛する、というときに、何か犠牲をしている感覚があったり、
義務感のようなものを感じているとしたら、
それを形作っている自分の思い込みが、自分の内側にあります。

そのとき、どんな感情を感じているでしょうか?
期待しないでほしいという感じ、めんどくさいという感じ、
怒り、重たい感じ、色々ありますが、そのときに自分が感じている感情の裏側に、
自分がどんな思考をしているのかが隠れています。

相手から期待を感じると、応えてあげたいという部分と、
期待しないでほしいという部分の両方が出てくると、
この期待しないでほしい、という抵抗の部分から、
相手を愛する、ということをとても面倒に感じたり、負担に感じたりします。

例えば、自己犠牲的な部分がないと愛ではない、
と考えているとしたら、自分が相手を愛するときも、
何か自己犠牲が必要だと感じます。

自分の両親を見て、こんな風に愛してほしかった、
あんな風に愛してほしかった、そうしてくれなかった両親は愛する、
ということに関して、全然充分ではなかった、
という感じで、愛するということに関して、
誰かにダメ出しをしていると、これも自分にとって負担になります。
なぜなら、自分が愛するときに、自分がちゃんと愛せているかについて、
自分のダメ出しチェックを自分が受けるからです。


愛する、ということに関して、ネガティブな感情を呼び起こすような
思考が自分の内側にあると、彼や彼女に対して、愛を送る、というのが
とても自分にとって大変なことであるように感じたり、
負担になりますし、相手に怒りを感じることも出てきます。

これは相手が悪いのでもなく、自分が悪いのでもなく、
自分の思考がその感情を作り上げている、ということに気付くことが
大切なポイントです。

気付いた思考は手放すことが出来ます。
そして、それを手放した時、自分自身も自分に関わる周囲の人たちも、
両方とも楽になれます。

自分の内側にある思考は、自分で決めることが出来るもので、
これが、自分が感じる感情のルーツになっています。
これは選択なのですが、もし自分が普段感じる感情や感覚の部分を
より良いものに変容させていきたい場合は、この思考を手放す、思考を変える、
ということが求められてきます。

愛する、ということに関しても、これは当てはまります。


特に自分のパートナーともっと深くつながりたい、とか、
一緒に成長していきたい、というときには、
この自分の思考の部分をブラッシュアップしていく、ということを
意識してみて下さい。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法
結婚してから後悔しない / 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしいときの乗り越え方


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/312-e24da590