このエントリーをはてなブックマークに追加
自分が言った言葉やした行動で、彼や彼女から思わぬ反感をかったり、
地雷を踏むことにつながったりして、責められるようなことになったとき、
みなさんはどうされますでしょうか?

カチンときて言い返したり、無視したりすることがあったり、
とりあえず聞くふりをして聞き流したりすることもあるかもしれませんが、
パートナーから責められたとき、その内容そのものというより、
自分がどう感じたか、というのがとても大切です。

自分が感じた感情には意味があり、パートナーから言われたことが、
自分にとって、どういう解釈をしたかで、当然行動も変わってくると思います。
とくに腹が立つこともなければ、そのパートナーとの調和を優先するような
行動をしたり、お互いにとってプラスと思えるよな反応をできると思いますが、
特にネガティブな感情を感じたときには、そういう行動をするのが難しくなります。


相手の言われていることで、罪悪感を感じたり、
相手のいいなりになってしまうことに怖れを感じたり、
なんらかネガティブな感情を感じるときは、
相手から言われたことで、自分が考えた思考に良くないものがある、
と自分が気付いているときです。

相手から責められたとき、どんな思考をしたでしょうか?
この思考の部分が自分の中で納得がいくもので、自然なもので、
気分が良くなるような思考だった場合は、
ネガティブな感情は感じなくなり、その代わり、パートナーから責められている、
という状況を変えるための行動が自然にできるようになります。


ネガティブな感情を感じるときは、相手がどう、というより、
今そのことについてしている自分の思考が正解ではない、
というサインが自分の内側から来ているときです。

自分のネガティブな感情にはまるのではなく、
自分がどう思考を変えれば、この状況を変えることができるのか、
それに気づくことができると、自分自身も相手も楽になることが出来ます。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法
結婚してから後悔しない / 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしいときの乗り越え方


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/314-853b4839