このエントリーをはてなブックマークに追加
自分で自分のことを嫌いだったり、自分の価値を下げるような思考を普段からしていると、
自分で自分のことを、ありのままに見ている、というよりも、
自分のことを誤解している、という感じになります。

自分のことが嫌い、というのは、その人のその時点では真実のように思えるかもしれませんが、
なんで自分のことが嫌いなのか、という部分を掘り下げていくと、
本当は価値がある存在なのに、自分で用意した罠に自分ではまって、
だから私は価値がない、ということを証明している、といった心の動きがあるのがわかってきます。
罠を自分に仕掛けるのを止めると、ありのままの私、がでてきます。
そして、もちろん、その私、には価値があります。


暗い気分になったり、ネガティブな気分になる、というのは、
「今、ありのままの自分が見えていないですよ。」というサインが、
自分の内側から出てきている、ということです。
といっても、自己嫌悪にはまっている人や、自分の価値が全然感じられないで、
苦しんでいる最中だと、このことに気付きにくかったり、
気付いたとしても、そこから抜け出すことがとっても難しかったりします。
その場合は、自分が感じている感情を一つ一つ向かい合って、
紐解いていくというのが、効果があります。

罠としてよくあるのが、執着、です。
執着があると、自分にはこれが足りない、という不足感から、
真実ではないものにしがみついてしまう結果、
本当に欲しいもの(愛とか、豊かさとか、幸せ、などなど)が全然受け取れない、
という状態になり易いです。
このとき、執着を手放す、というのがとても強力なツールになります。
他の記事でも何回か紹介していますが、手放す、ということについて
取り組むためのエクササイズがありますので、興味があれば、試してみてください。

執着を手放すエクササイズ


ありのままの自分になる、というのは、自分で自分に仕掛けている罠を
解除していく作業になります。
その過程の中で、自分の中にある自己愛の部分や、楽しさをしっている部分、
様々なものを創造していくパワフルな部分、周囲の人たちに愛されているということ、
などなど、様々な恩恵を受け取っていくことになります。

自分の中にある願望を達成する、というのもその一つです。
ありのままの自分には、それを自由自在にすることができるだけの
才覚があるのですが、自分のことを誤解していて、
そんなことはできない、とか、失敗するのが怖い、とか、
今までの自分の人生にはそんなことはなかったから、そんな訳はない、
といった、自分で自分に仕掛けている罠がたくさんある分だけ、
願望が遠ざかり易くなります。


ありのままの私になっていく、というのは、とても楽しい道のりです。
それは、日々充実していて、楽しんでいて、愛されている感覚を十分に感じれていて、
様々な自分の願望を実現していっている状態です。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法
結婚してから後悔しない / 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしいときの乗り越え方


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/321-30b44528