このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
自分のことを心の中で強く責めているとき、同じような内容で、
実は他の人のことも責めている、ということがあります。

何か失敗をしてしまったと感じるときや、
誰かを傷つけてしまったように感じるとき、
心の中で自分のことを強く責める、ということは誰でもあると思いますが、
このとき、過去に自分が誰かを責めた分だけ、自分自身のことを責める、
というパターンが心の中に潜んでいることがあります。


良くあるのは、小さい頃、両親からしてもらえなかったことや、
両親からされたことで、何かとても批判的になったことについて、
心の中で両親を責めていたことと、同じようなことを自分がしてしまったときに、
自分自身を責める、というパターンです。

両親に対しての心の中での攻撃、というのは、非常に強いものになることがあります。
親に対して、どうしても許せない、と思ったことや、今でも腹が立つこと、
というのは、ないでしょうか?
私も過去には親のことをとても強く心の中で責めていたことがあり、
それが自分にも跳ね返ってきて、とても自分自身を苦しめていたことがあります。


親にされたことや、してもらえなかったこと、というのは過去のことかもしれません。
ただ、その体験や、そのときに感じた苦しみや怒りを今でも心の中で抱えていると、
その痛みは、今も心の中で繰り返されることになりますので、過去のこと、という風にはならず、
形を変えて、現実の中に出てくることがあります。
それが、自分がまるで両親の立場で、今度は、自分が責められる側にような立場となって、です。
それが再現されると、心の中で、自分自身のことを責めるような感じになります。


一番効果的なのは、自分自身や、両親のことを責めている思考を、
もっとより良いものに変化させることです。

そのときの状況を振り返って、被害者と加害者だけがいる風景を、
別の解釈ができるように理解を深めていくことが出来れば、
自分が体験する感情も変化していきます。

親は加害者ではなく、親の中にも痛みがあって、充分に愛情が送れなかったのかもしれません。
自分自身も本当は、親を責めたいのではなく、何か親の力になってあげたかったのだけれども、
幼かったために、力になってあげることができなくて、そこで心を閉ざしてしまっていたのかもしれません。

ネガティブな見方しかできなかったことも、その時の状況に別の角度から光を当てることで、
親や自分自身のことを、被害者でも加害者でもない、という理解に進めることが出来たとき、
自分自身をそのときの状況から解き放つことができるようになります。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法
結婚してから後悔しない / 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしいときの乗り越え方


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/330-08f8637a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。