このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
子供と接していると、親に対する甘えの気持ちとして、
「どうしてわかってくれないの?」
という態度で気持ちをぶつけてこられることがあります。

子供の立ち位置から見ると、
私の(僕の)ことがわかってくれて当たり前、と思っていたら、
まったく気付いてくれなかったり、無視された、というように感じるので、
そこから、親に怒りをぶつけたり、不機嫌になったりするような感じです。

親も完璧な人間ではないですし、他のことに気を取られていることもありますので、
いつまでも、子供のことを王様扱い(もしくは赤ちゃん扱い)はできないのですが、
子供は、自分のことでいっぱいいっぱいなので、そこまで気がまわりません。


子供だとそういうことがありますが、こういう部分は大人になっても、
少なからず状況や場面を変えて出てきます。
特に自分にとって身近な人や、何か甘えをぶつけ易い相手に対して、
わかってくれて当たり前、という気持ちは出てきやすいです。

この気持ちがあると、自分の中に甘えがある、と思うのではなく、
自分は正しくて、わかってくれない相手が悪い、と思うので、
自分の甘えを聞いてくれない相手を変えようという気持ちが働き、
相手との間に衝突が起きやすくなります。

これは自分でも気づきにくい部分です。
ただ、身近な相手との間に、よくぶつかる部分があったり、
腹が立つことがあったとしたら、
自分の中に、そういった、わかってくれて当たり前、
と思い込んでいるような部分がないかチェックしてみると、
意外な気付きがやってきます。


自分は当たり前だと思っていて、いつも相手を責めている部分ですが、
実は、自分の甘えの部分、言い換えると、
相手の問題ではなく、自分の課題だったんだ、ということに気付けるようになると、
自分が欲しいものに関して、相手に当たり前のように要求を突き付けるものではない、
というふうに考えることができるようになります。

相手にわかってもらいたいことや、やってもらいたいことは、
コミュニケーションが求められる部分です。
相手に理解してもらえるように働きかけたり、
相手ができるだけ乗り気になるように頼み方を工夫することで
解消していくことができます。

問題が解消されて当たり前というより、相手の都合や慣れもあるので、
わかってくれていなかったり、わかってくれようとはしているのだけれども、
少しピントがずれていたり、なんてことがあるのが当たり前、
と思えるようになると、相手に対する働きかけ方も変わってきます。


わかってくれて当たり前のことが、なんでわかってくれないんだ、
という怒りを身近な相手に持っている場合、
自分の中に、何か甘えの部分がないか、チェックしてみるのもいいですよ。
その中に、自分がより成熟できるヒントが隠れています。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法
結婚してから後悔しない / 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしいときの乗り越え方


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/339-5bd01689
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。