このエントリーをはてなブックマークに追加
見返してやりたい、という気持ちが出てくるときは、
何があったら、相手を見返せるか、とか、
相手をどんな風に見返したいか、とか、
どうやったら、相手を越えれるか、といったことをイメージすると
自分を成長させるための要素を見つけることが出来ます。

見返してやりたい、という気持ちはとっても大切です。
その気持ちは、自分自身を前に進めるときの力になります。
今よりも、もっとより良いものを受け取っていく、というときに、
この自分を前に進める力というのは、とても大切ですし、
そこから今の状況を変えていくきっかけというのも生まれていきます。


もしかしたら、見返してやりたい、という気持ちが出てくるのには、
理由があったかもしれません。
例えば、自分が信じていた相手から裏切られたような出来事や
何か悲しかったり、ちょっとみじめな気持ちになるような出来事が、
その見返したい相手との間にあったのかもしれません。

見返したい気持ち、というのは、そのときの自分に向けた気持ちでもあると思います。
あんな思いはしたくない。
あんな思いをしている自分自身はもうやめにしたい。
何か自分の中にある、弱さ、だったり、誰かに依存していたような部分があったときには、
その部分を変えていきたい、という気持ちも出てくることも多いです。

ただ、その弱さや依存の部分、というところから、
自分には、相手を見返すなんていうのは無理だ、とか、
成長するなんてできない、といった、思考が自分の内側から出てくることがあります。

この思考があると、見返したいという気持ちからくる、
最初の勢いのようなものが、段々としおれてくる感じになり易いですが、
その思考は変えることが出来ます。

なぜ無理だと思うのかの理由を自分の内側から探していくと、
自信のなさや、弱さや、未成熟な部分が見つかります。
そこをみつめていくと、無理、というわけではなく、
実はできるかもしれないけれども、ちょっとやりたくない、という本音が見つかります。

ちょっとやりたくない、のところは一旦置いといて、
この、できるかもしれない、の部分が大切です。
自分が成長できるということについて信頼しているような部分が
自分の中にある、というところに注目してみてください。

どんな風になら、自分を変えることができるでしょうか?
今の思考を、どんな風になら修正できそうでしょうか?
それを自分なりに考えてみて、今の、無理、という思考から、
その、自分にもこれならできそうだな、という思考に変える、ということを
選択してみてください。

ちょっとの一歩でも、例えば、それを繰り返していくと、
自分が成長していくための大きな流れのようなものを
みずから生み出していくことが出来ます。


見返してやりたい相手がいる場合は、この自分の思考を修正していく、
ということに、ぜひ取り組んでみてください。

基本的には、自分で頑張る、という感じになるかもしれませんが、
できれば、目標となる人や、自分にとって一歩前に進んでいるな、と思える人を
見つけたほうがいいです。
その人と何かしら関われるのなら、話を聞いてみたり、
何かしら相談してみる、というのもお勧めです。
サポートを受け取れるようなアクションをすることで、
その道のりは、より、歩きやすいものになるからです。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法
結婚してから後悔しない / 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしいときの乗り越え方
イライラしたときの対処法
好きな人ができたときに知っておいてほしいこと
嫌いな人の対処の仕方
好きな人を忘れる方法
わがままな人に振り回される心理


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/345-a7b447c6