このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
日常に関して、大きな問題があるわけではないけれども、
何をしていても楽しくなかったり、何か退屈さを感じていて、
変わり映えのしない日々を送っているとしたら、
チャレンジすることを避けている、という可能性が高いです。

怖れを感じること、というのは、その怖れから、
興奮や情熱や楽しさがでてくる要素、というのがあります。
ただ、そこに抵抗感がある場合、そこに踏み込んでいかないという選択をすることもあり、
そうなると、怖れを感じない範囲でやっていく、ということになります。

怖れがある、ということは、危険を避ける、という意味もありますので、
その選択が間違っているわけではないのですが、
この怖れを感じない範囲だけでやっていくと、限界、というのがでてきます。

成長して次のステージにあがろう、というときに、特にこの怖れを感じやすいです。
自らチャレンジしていった方がいいというときに、
この怖れを感じない範囲にこだわってしまうと、
次のステージに上がれないために、同じことの繰り返しを体験する、
という感じになります。

私たちの内側には、自らが本当はどうするのが自分にとって良いのか、
深いレベルでは気付いているような部分があり、
そこから、もっとチャレンジした方が良い、というサインが出てくることがあります。
細かい理屈はおいといて、直感では、本当はこういうことをやっておいた方がいいんだろうなあ、
という感覚を今までに持ったことがある方はおられるでしょうか?
もし、そういう感覚があったとしたら、それは、自分の中のそういう部分からのサインがでてきた、
という風に見てもらえるとわかりやすいかもしれません。


何をしていても楽しくなかったり、日常に変化がないように感じているとしたら、
自分の直観を使って、自分自身にこう問いかけてみて下さい。

「私は何にチャレンジすることを怖れているのだろうか?」

直観ですので、答えはすぐに出てくると思います。
あれこれ考えると、無意識に抵抗がでてくることから、
これでもない、あれでもない、という感じになることが多いですが、
直観を使うと、その抵抗の部分をスキップできるような感じになります。


そのチャレンジすることを怖れて、避けて行動している、というのが、
その何をしていても楽しくない、ということや日常に変化がない、
ということにつながっています。

そこからは、選択になります。

今の日常の繰り返しを選ぶか、チャレンジを選ぶのか、です。
日常の繰り返しには安全がありますが、変化がないです。
チャレンジの方には、リスクがありますが、変化や成長があります。


もし、このタイミングで、退屈な感覚を感じながら日々過ごしているとしたら、
おそらくそれは、チャレンジするタイミングが来ているときです。

退屈さ、というのは、
「自らが本当はどうするのが自分にとって良いのかというのを知っている部分」
という部分からの、もう、チャレンジした方がいいよ、というサインだからです。


#HPは、↓↓↓のリンクからいけます。

心理カウンセリング - 心鈴泉

心鈴泉では、電話カウンセリングを行っています。
カウンセリングの具体例を何通りか記載していますので、
カウンセリングでどんなやりとりをするのかが気になる方は、ぜひ見てみてください。

#おすすめ記事

失恋から立ち直る方法
嫉妬しない方法 / 嫉妬深い相手への対処方法
結婚してから後悔しない / 後悔しないためにできること
自分を変える方法
さみしいときの乗り越え方
イライラしたときの対処法
好きな人ができたときに知っておいてほしいこと
嫌いな人の対処の仕方
好きな人を忘れる方法
わがままな人に振り回される心理


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinrinsen.blog85.fc2.com/tb.php/346-dc8a6885
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。